真夏のクルックー隊長

クルックー隊長



ここ数日、クルックー隊長夫妻がしつこくやってくるのでまさか…という疑念が…



どうやら、室外機の下が怪しい…



ヒトの目には全く見えない位置にあるので、携帯カメラを室外機の下にしのばせて

撮影…


ビンゴ!!


しかも2個!



クルックー隊長



携帯カメラがこれほどまでにスゲーと思ったことはない…。



まさに「かゆいところに手が届く」状態。



気温33℃の猛暑の中、ベランダでの格闘がはじまった…。



まずは、室外機の下の卵をひっぱりだし、彼らがどこからともなく集めてきた小枝を

排除。


色々考えた挙句、室外機の下のちょっとした隙間にレンガを3つ差し込んだ。


クルックー隊長



それらはちょうどよいサイズで見事に室外機下のスペースをうめてくれた…。



これで彼らも二度と入れまい…。



炎天下の中、30分も撤去&防護作業をしてら頭がクラクラしてきたよ…。



しかし、やつらは全く懲りずに何度も何度もトライしてくる…。



どんだけチャレンジャーなんだよ…。



これで撤去したクルックー隊長の落し物は通算何個目だろうか…。



果てしない戦いはまだまだ続くのだろうか…。

 

せめて夏の炎天下の間はお静かに願いたいものだ…

 

磁石が効果的だとか、ハトよけスプレーとかいろいろあるけど、どれも「なんだかな〜」



といった感じ…。



結局、常にベランダに注意を払うということがお金もかからないし、最も効果的なのかもしれ



ない…



しかし、以前も書いたが、ハトは自分の生まれた場所を忘れない「帰巣本能」という素晴らし



い能力を持っているのに、どうして、「あそこで卵産むと撤去されちゃうから、他にするか…」



という判断能力がないのだろうか…

 

 

クルックー爆弾

クルックー隊長



以前にクルックー隊長との死闘を報じましたが、やはり戦いは終わっていませんでした…



かなりベランダに注意を払うようになり、ベランダに飛来したなと思うとすぐにプレッシャーを



かけ、クルックー隊長を追い払っていました。



しかし、留守中などはいかんともしがたいので…



彼らは何度追い払っても 「今はじめてきましたよ〜」 というような顔で



クルックー、クルックーと、平和の象徴よろしくやってきます…



それでも、なんとか居座られないようには防御していたのですが…



ちょっとしたスキに約半年ぶりに クルックー爆弾 が投下されていました…



この果てしない戦いは、いったいいつになったら終わるのか…



まさにイタチごっこです…

 

ちなみにクルックー爆弾は危険物処理班(ウクレレさん)により丁重に処理されました…

 

  

クルックー隊長の落し物

クルックー隊長



最近、またベランダによく襲来するので、おかしいな〜と思っていたら…



やっぱり…



クルックー隊長 が爆弾を落としていた…。



しかも、鳩よけに置いておいた植木鉢の中に…





どんだけ省スペースなんだよ!





近所のおばちゃんはクルックー隊長の落し物を食べたと言っていましたが、



さすがに食べる気にはなれません…。



クルックー隊長の落し物は丁重に処理させていただきました…。







終息宣言

今日、ここにクルックー隊長との戦いの 終息を宣言します…



長かったような、短かったような… いなくなると寂しいような…



いや、いや、これは 勝利宣言 であります!



恐ろしい糞爆弾の嵐を乗り越え、今、ここに、我が家のベランダを勝ち取ったことを宣



言します!



しかし、現在もなお、索敵 は継続しております!



いつ、彼らが過去の記憶を呼び戻し、我が家のベランダを侵略してるかもしれませんの



で!





[今回の教訓]





何事も無関心でいることは… (・A・)イクナイ!

どこ吹く風…

クルックー隊長



やはり… orz



今朝、起きると、ベランダに戻っていた…



しかし、昨晩の時点では戻ってこなかった。



ここ数日の彼らの動きを見ると、夜間は動き回らないので、とにかく、夜間に居着かせ



ないことが肝要かと思われる。



だけど… この表情… マッタク、どこ吹く風って感じだな…



帰巣本能について考えるのだが…



自分の居場所を忘れないという素晴らしい「記憶力」を持ちながら、なぜ、



「もうその場所に戻ると危険だ」という記憶はできないのだろうか…



誰か教えてください…

攻防戦…

クルックー隊長



追い出すか、居着くかの攻防戦が続いている…



やはり、何度追い払っても戻ってくる雛たち…



ついにカメラの接写に成功するまでになった…



彼らは段々慣れてきているような気がする…



「また、こいつか〜、うるせ〜な〜」ってな具合で。



果たして、この繰り返しで本当に追い払えるのだろうか…



とにかく、最低でも卵とか産み付けられないように注意を払わねば…

クルックー隊長、急展開!

今朝、ベランダに出て、クルックー隊長の雛に巣立ちを促すと…

ついに…

飛び発ちました!


雛を発見してからちょうど1ヶ月…


ようやく、外へ飛び立ちました…


で…


公約通り、早速 大清掃 開始!


1時間の悪戦苦闘…

巣を撤去し、糞爆弾の跡を板でこそぎ落として、

デッキブラシを使い、お湯を流して磨きました…

しかし、こびりついた糞爆弾はお湯でやわらかくしても容易には取れず、

かなりしんどい作業…

それでも、まぁ、なんとか、片付けました…

クルックー隊長



掃除前・掃除後と比較した方がわかりやすいとも思うのですが、掃除前の写真は

とてもみせられません…

グロ画像になっちゃうので…



でもね… 掃除している傍らにも、雛たちが、 

「オイオイ!何してんねん!」


とばかりに少し距離をおいてじっとウクレレさんを見つめているわけです…



クルックー隊長



あんなに鳩に見つめられたのは生まれて初めて…


なんだか、写真でよく見ると、 目が三角 になっているような(苦笑)


ということで、今後も、確実に戻ってくる気配なので、戦いはここからだと思われわけです…


あ、それから、


ツバメの巣は高級食材になりますが、鳩の巣は何になるのでしょうか…


どなたか教えてください…

いつになったら…

クルックー隊長



いきそうで行かない…



いったいいつになったら巣立つのか…



クルックー隊長



もう、こんな感じでいつ飛んでいってもおかしくない感じなのだが…



プレッシャーをかけても、ベランダ内ではバタバタと羽を広げて逃げ惑うが、



決してベランダの外には出て行かない…



まだ時が熟していないのだろうか…



お願いだから、もうベランダよごさないで…



卵…

クルックー隊長


卵産んでた… orz


やばい… 完全にやつら(クルックー隊長)のライフサイクルに入っている…

早いとこクルックー隊長の雛が巣立ってくれれば、ベランダを完膚なきまでに

清掃し、二度と居着かないようにするというのに…



雛が巣立つ前に産むとは…かなり意表をつかれた…



つーか、どうするつもりだったのか? クルックー隊長は…



卵をあたためるのに今いる雛たちが邪魔になるだろうに…



早く巣立たせるのにプレッシャーをかけるために産んだのだろうか…



さすがに、また孵化されても困るので、卵は丁重に処分させていただきました…



心が痛い… (´・ω・`)

巣立ち、秒読み!?

クルックー隊長


クルックー隊長の雛がさかんに歩き回るようになった。

羽ばたきもよく行う。

そろそろか! そろそろなのか?

巣立ちの瞬間を見たいと親のような気持で、ベランダをのぞくと、

「シュン…」として気配を消そうとして、「何か問題でも?」といった目で

こちらを見る雛たち…



「オイ、オイ、俺、オーナーよ!

    ユーたちの会場提供者よ!」



鳩にまで部外者扱いされて、ちょっと俺、カワイソス(´・ω・)

しかし、ベランダが… サラニ糞デヒドイコトニナッテイルヨ…


巣立ったら、修正してやる!(ブライトさん風に)



しかし、あらためて「2007.02.02 のクルックー隊長の雛」を比べると


スゲー変貌したよな…

 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:1984 最後に更新した日:2017/06/27

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM