『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』

『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』

 

買ってきました!!

『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection

-30th Anniversary BOX-』

デビュー・シングル「ヒバリのこころ」から2016年の最新作「みなと」までの

全シングルを網羅し、さらに今年レコーディングされた新曲3曲を加えた

全45曲収録、3枚組CDのBOXセット。(3,900円)

 

『進学のために上京した4人が集まり1987年に結成。新宿ロフト、新宿JAM、

渋谷ラ・ママ、下北沢屋根裏など都内のライブハウスを中心に活動し、

1991年にポリドールよりメジャーデビュー。」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

結成30周年なんだね…。

1987年って… ウクレレさんは高校生でしたよ…

スピッツは「ロビンソン」で始めて知ったので、1995年なんだね…。

ウクレレさんのスピッツ歴は22年ってことか…。

25歳の春…何してたっけかな〜。 塾講師やってた頃だな〜。

懐かしいな〜。青春だったな〜。 みんなでカラオケ行って歌ったな〜。

スピッツもミスチルもサザンもチューブも…

 

ちょっとロングドライブするので、何かいい音源ないかな〜って

考えてたら、おあつらえ向きのがあるじゃない!!ってことで、

買ってきましたよ! 音楽を聞くと、そのときのいろんな出来事を

思い出しますよね〜。

これで、ドライブも素晴らしいものになるでしょう…。

 

『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』

 

すごい… ディスクに団地が映ってる… 団地とスピッツ。

 

 

ウクレレさんのお気に入り…

● 冷たい頬(1998年3月18日)
● 楓(1998年7月7日)
● 正夢(2004年11月10日)
● 春の歌(2005年4月20日)
● ルキンフォー(2007年4月18日)
● 若葉(2008年11月5日)

 

一番聴いてた頃ってこともあるけど、スピッツのメロディーは、

なぜだか涙が出て来るんだよね…。 もうホント大好き。

コンサートも行ったことないし、ファンクラブも入ってないけど、

いつ聴いてもあの頃を思い出すな〜。

 

JUGEMテーマ:スピッツ


フィル・コリンズさん引退 父親に専念

 
「フィル・コリンズさん引退 父親に専念」
 
だそうな…。
 
そうですか…。
 
フィル・コリンズさんも60歳だそうで…。
 
ウクレレさんの青春時代はジェネシスまたは、フィル・コリンズさんの全盛時代で、
 
当時はレンタル屋さんでも洋楽も発売と同時にレンタルされてたのでたくさん聞いてましたね〜。
 
今みたいにネットなんてないですから、CDを買うか、借りるか、ラジオで流れた曲を録音するか、
 
今みたいに「いつでもどこでも聞ける」ということではありませんでしたので、
 
一生懸命、楽曲を求めてましたね〜。
 
「No Jacket Required」(1985年)は日本でも大ヒットし、「One More Night」はCMソングなどで
 
ヘビーローテーションでした。
 
ジェネシスとしても、数々の作品を世に出しました。
 
「Invisible Touch」(1986年)は何回聞いたかわかりません…。
 
特にウクレレさんの好きな楽曲は「Tonight, Tonight, Tonight」です。
 

 
かこっこいいんですよね〜。緊迫感というか…。ライブでやったら鉄板ですよ…。
 
あと、「Land Of Confusion」
 
これもたまりません…。
 

  
それから、スプリームスの「You Can't Hurry Love」のカバーはなんだか可愛くてスキですね〜。
 


シンガーとしてもライターとしても魅力的な人でした…。  
 
昔、フィル・コリンズさんの東京ドームのライブに行ったときにウクレレさんの後輩が
 
大手コンビニに入社したばかりで、新人研修とかで、巨大な器機を肩からかけてやってきたので
 
「お前なんやねん…」とちょっとひいたな〜という思い出があります…。
 
フィル・コリンズさんと関係ありませんが…。
 
 
 

Marcus Miller at BLUE NOTE

BLUE NOTE



2007年3月10日のマーカスミラーの公演に臨む。


今回、二度目ましてになります。


さすがに、1時過ぎには列ができはじめ、2時過ぎには長蛇の列となりました。



BLUE NOTE


3時に整理券をもらうと、青山界隈をブラブラ…


青山界隈


やっぱりたまには東京に来た方がいいな…


少し来ないだけで、かなり変わってしまう街の様子…


小腹が減ったということで、表参道そばのまい泉でとんかつ定食を食べる。旨し。


表参道ヒルズの前を通るかかると、結婚式の披露宴が開催中だった…。


待ちゆく人も足をとめ、花嫁を見ていた。


またブルーノートに戻り、しばし歓談。


19時に開演。


チケットを手配してくれた友人のおかげで、まん前に陣取る事ができ、スゴイ迫力!


人間業ではない怪演ぶり!


あっという間の1時間半。


ベースだけではなく、吹奏楽器も披露したり、オーディエンスに対するサービス精神


が溢れていた。


ウクレレさんも頑張らなきゃな〜と元気をもらった…。




JUGEMテーマ:音楽




ビリー・ジョエル

東京ドーム


行って参りました…


ビリー・ジョエル at 東京ドーム!


1995年 "The River Of Dreams Tour" の武道館以来、11年ぶり!


今回は、ほぼ70年代の曲が主体で、しかも重箱のすみをつつくような


隠れた名曲もやってくれて、おもいっきし、ツボ でした…


お客さんの年齢層も40〜50代が多かったようでした。


しかし、御年57歳には見えないエネルギッシュなパフォーマンス!


95年のときは直前に足を怪我したとかで、ほぼピアノの前に座りっぱなし


でしたが、今回は縦横無尽に動きまわり、10年後の今回の方が元気いっぱいで


なんだか、とても嬉しかったですね…


なんでも、エルトン・ジョンとのコラボライブ以前はセミ・リタイヤみたいな


感じでいたそうなのですが、できればずっと続けて欲しいですね〜!


やめるなんて言わないで欲しい!


新曲作るの大変なら、作らなくてもいいから、たくさんライブをやってほしいですね…


「マイ・ライフ」や「ユーメイビーライト」などの時は、さすがにお客さん全体の


テンションがマックスになりましたよ…


アンコールでの「ピアノマン」は、さすがに泣けましたね…


でもね…


言わなくても良いことなんですけどね…


ウクレレさんの右隣に座った若い男子…


どうやら、母親(?)がビリーのファンで、お母さんと一緒にきたような(?)


感じなんですね。年齢は10代ですかね…


これが、最初のうちは手拍子したり、してたんですが…


途中から、頭を抱えたり、腕を組んだり、チララ時計を見出したり…


明らかに 苦痛 を感じている気配(苦笑)


仕舞にゃ、 居眠り し出して…


その隣りで、ウクレレさん的には、どんなテンションで応援すれば良いのやら…


ウクレレさんの前の席のグループはどうやらみなさん会社の同僚チームのようで、


年齢は40〜50代で、もう、 みんなノリノリ なわけです(笑)


もう、席から乗り出さん勢いで!


ウクレレさんもその空気で行きたかったのですが、お隣りが…


ものすごっ、 ローテンション(泣)


そりゃ、そうですよね… あなたが生まれる 10年も前のヒット曲 


なのですから…


我を忘れて、盛り上がりまくりました!というようになれなかったのが


かなり残念でしたね…


そう、そう!


それから、ライブ終了後、ドーム近くのコンビニで買物してたら、ビリーにそっくりな


髪型(笑)をした外国人の方が買物をしていて、一瞬、「あれっ!」と思いましたが、


話している言葉がロシア語で、よくみるとあんまり似てませんでした(笑)


軽くびっくりしましたが… こんなとこにいるわけないか!


ちょっと山崎まさよしの 「One more time, One more chance」



の気分でしたよ(笑)



JUGEMテーマ:音楽




メンアットワーク



メンアットワーク


メンアットワーク…


ラジオの電波が悪く、ウクレレさんのCDライブラリーを あさると…

出てきました! いや〜なつかすぃ〜!

ものすごい聞いてたな〜コレ。

ウソ英語だけど、うたマネしたりしてね。

当時はカラオケはスナックとかにしかなかったから、しかもCDなんて

 いうのもなかったから、近くのレコード屋がテープにダビングしてくれる

サービスをしていて、それを何回も聞いたのですよ。



● ウクレレさん的オススメベスト3!


 グッド 「ノックは夜中に」


 グッド 「ダウンアンダー」


 グッド 「言葉あそび」



オーストラリア出身でチャートをにぎわせたことも話題だったな…。

ネットで調べたら、コリン・ヘイは音楽活動続けているそうな…

ブラジルでライブやったり…。

すげー。

いきおいこんで、セカンドアルバムの「カーゴ」も聞きたい!

と思い、探索。

しかし、そこで、記憶がヨミガエル…

あ…

そうだった…

車のCDチャンジャーに入れてて、 盗難にあったんだった…orz

そのときにはお気に入りのCDばかり、ざくざく入っていたので、

車が盗難されたこともさることながら、 なにかとても大切なものをなくした

という精神的ショックを うけたことを鮮明に思い出した…。



今日の連鎖[まとめ]


悲しい ラジオの電波が悪い


嬉しい メンアットワークのCDを発見


しょんぼり セカンドアルバム「カーゴ」がみつからない


びっくり 盗難事件を思い出す


ショック 過去の嫌な記憶が鮮明に…



JUGEMテーマ:ひとりごと


1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2031 最後に更新した日:2017/08/04

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM