神奈川県 伊勢原市 大山[2] とうふ坂

大山・とうふ坂
 
神奈川県伊勢原市の大山にある「とうふ坂」
 
大山・とうふ坂
 
江戸時代より参拝者たちがとうふを手のひらに乗せ、
すすりながらこの坂を登ったという。
昔ながらのたたずまいが数多く見られる参道である。
大山観光青年専業者研究会
 
「大山観光青年専業者研究会」とは、「青専研」とも言うそうで、
 
20年以上活動するまちづくりのグループだそうな…。
 
大山の活性化に取り組んでいるのでしょうか。
 
大山と言えば… おとうふ、大山ごまですね。
 
「とうふを手のひらに乗せ、すすりながら…」
 
ワイルドですね〜。
 
杉ちゃんもびっくりですかね(笑)
 
大山・とうふ坂
 
江戸時代のファストフードだったんですかね。 おとうふは。
 
JUGEMテーマ:神奈川

【ハイランド】 地獄坂 【横須賀】

ハイランド 地獄坂
 
名前からしてどんな坂かと思えば…
 
たしかにこりゃ、地獄です…
 
写真では最も「地獄」らしいところが撮影できず、残念ですが…
 
ハイランド 地獄坂
 
向こうの丘には住宅が見えます…。
 
ハイランド 地獄坂
 
この先、ものすごいヘアピンカーブ…
 
ほぼ360℃方向転換するほどの折り返しです。
 
しかも、物凄い急勾配…。
 
坂ランキング、かなりの上位ですね〜。
 
坂上には、お地蔵さんが…
 
ハイランド 地獄坂
 
しかも、このお地蔵さん、フェンスの外の雑木林の中にありました…。
 
道路そばだと、危ないからですかね〜。
 
お地蔵さんも自分で危険を回避しながら安全を祈っているのでしょうか…。
 
ネット情報によると…
 
この地獄坂はハイランド造成時のトラックの運行道路だったそうな…。
 
で、造成後も住民が利用したいとの要望で、そのまま残されたそうな…。
 
1965年(昭和40年)3月にハイランドの開発が始まったそうですので、
 
まだ歴史の浅い坂なんですね〜。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩


【上溝】 西見坂 【相模原市】

西見坂
 
久々に坂レポ。 相模原市上溝の西見坂。
 
つーか、偶然たどり着いた坂です。
 
坂上が住宅以外になっていて、坂に入ると、突然、九十九折の立派な坂になります。
 
全く予想してなかったので少し驚きました。 
 
どこかの観光地にでもきた雰囲気です。
 
「七曲り」と呼ばれています。
 
西見坂
 
坂の標柱がりますが、もはや読み取れません…。
 
何せ…
 
西見坂
 
明治30年って彫ってあります…。
 
すごい…。
 
西見坂
 
妙見参四顔
 
自転車をおりて押しゆく落葉坂 七曲りすれば 故郷の見ゆ
 
上溝 小形重雄 作 
 
と彫ってあります。
 
「押しゆく」ですから、登っているんでしょうね〜。
 
ってことは、坂から見える風景が小形さんの故郷の風景ということなんでしょうか…。
 
坂の名前も西見坂ってことですからね。
 
なるほどね〜。 
 
ググッたら、宮内庁のHPに昭和38年歌会始お題「草原」として、小形重雄さんと全く同じ名前が…
 
同一人物なんだろうか…。
 
だとしたら、歌会始に出席するような方ということなんですね〜。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩


【淵野辺】 おおざか 【相模原】

おおざか
 
古くから当麻山へ向う主要な道で人々が利用するために大変大きな坂でした。
 
おおざか
 
おおざか
 
おおざか
 
この近くに縁切り榎があります。
 
縁切り榎と別れ橋
 
淵辺伊賀守が妻子と別れたという榎。
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅
 

【海老名】 沖の坂 【大谷南】

【海老名】 沖の坂 【大谷南】
 
海老名の沖の坂に来ました。
 
昔、海老名の辺りは入海でこの辺りから遠く、沖のほうまで見えたことからその名が残っているそうです。
 
【海老名】 沖の坂 【大谷南】
 
でもですね…。
 
昔って100年200年という昔ではないでしょう…。
 
だって、こんな海老名の辺りまで海だったなんて…。
 
今でこそ、地質学などの科学的な知識からここは数万年前は海だったとか、なんだとか、わかるよう
 
になっていますが、そんな大昔からある坂ということなんですかね〜。
 
しかも、よくぞそのことを伝えてきたな〜と素朴に感心しますわ…。
 
海老名の昔話「尼の泣き水」には「海老名の辺りは入海だった」とありますので、少なくとも、
 
国分寺などが機能してた奈良時代は海がせまってたんですかね…。
 
とすると、今年は平城遷都1300年…。
 
想像すれば想像するほど興味深いですね…。
 
だって、記録メディアも何もない時代から、「ここは海だった」という1つの情報を代々語り伝えてきた
 
わけなので…。
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅
 

【海老名】 古坂(お待ちゃれ坂) 【大谷南】

古坂
 
大谷観音堂の裏手にある坂道です。
 
「古坂」というそうなのですが、なんせ、昔話から飛び出てきたような道で、標柱もありません。
 
近くで植木の手入れをしてたおじさんに
 
「この辺に古坂っていう坂、ありませんか?」
 
って聞いてみたら、
  
「古坂? う〜ん…」
 
という感じでした…。
 
ただ、
 
「この坂を上がると大谷中学校に出るよ」
 
というアドバイス。
 
場所は正解なんだけど、地元の人も特に「古坂」という名前は認識してない様子…。
 
バス停「大谷宿」
 
この「大谷宿」というバス停近くから入っていきます。
 
古坂を坂上から見た景色
 
今度は別の道で大谷中学校の方に回り、古坂を坂上から見た景色です。
 
舗装も何もされていないので本当に田舎の坂道です。
 
雨の日は怖くて通れそうにありません。
 
この坂道も「お待ちゃれ坂の狐退治」という言い伝えが残っています。
 
この坂道を提灯で足元を照らしながら上ると、
 
「お待ちゃれ、お待ちゃれ」
 
と呼ぶ女の声がするそうな…。
 
えびなむかしばなし 「お待ちゃれ坂の狐退治」
 
 
でもね… 確かに昼間でも1人だとおっかね〜感じですよ。
 
これが夜なら、今でもなんか出そうな感じです…。
 
でも、この「おまちゃれ」と呼び止める言い伝えは座間の「梨の木坂」にもあったそうな…。
 
この辺は似たような話が散見されます…。
 
この坂道の途中にかつて「清眼寺」というお寺があり、このお寺にも言い伝えが残っています。
 
えびなむかしばなし 「のぞき小僧」
  
今はこのお寺はありませんが。
 
しかし、この近所の大谷観音堂といい、古坂といい、なんてエピソードの豊富なスポットなのでしょう…。
 
これからも、この雰囲気を維持していって欲しいですね…。
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅
  



 


【座間】 川駒(かんごま)坂 【入谷】

 
Image036.jpg
 
川駒(かんごま)坂に来ました。
 
座間駅の東口の小田急OXストアを上がってすぐの坂です。
 
Image034.jpg
 
昔の人が畑仕事に行くのに通った坂だそうです。
 
馬の背に荷物などをのせながら移動したのでしょうか…。
 
Image035.jpg
 
座間は坂が多いですね〜。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 


【座間】 梨の木坂 【入谷】

 
Image033.jpg
 
座間・梨の木坂に来ました。
 
規模といい、角度といい、なかなかの坂です。 
 
Image030.jpg
 
昔は「梨の木諏訪坂」と言ったようです。
 
Image031.jpg
 
古くからある坂だそうです。
 
この坂には「梨の木坂横穴群」が隣接しています。
 
Image032.jpg
 
人骨やガラス製玉、鉄鏃などが出土したそうです。
 
そんな昔から人の営みがあった坂だったということですね…。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 
 

 

 

【座間】 観音坂 【入谷】

 
Image027.jpg
 
座間・観音坂に来ました。
 
Image028.jpg
 
鈴鹿地区から星の谷観音前へ達するこの坂は「鈴鹿坂」または「大門坂」とも呼ばれております。
 
また、新編相模風土記稿には「星谷坂」と記されており、古くからある坂です。
 
と書いてありました。
 
Image029.jpg
 
坂東三十三ヶ所の第八番・星谷寺の観音様に由来しているようですね。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩


【座間】 嘉兵衛坂 【栗平】

 
Image024.jpg
 
座間・嘉兵衛坂に来ました。
 
県立座間谷戸山公園から立野小学校を右手に見ながら歩いていくと出会える坂です。
 
Image023.jpg
 
この道は「芝原道」、「鶴間街道」、「星の谷街道」とも呼ばれるそうです。
 
坂の下に嘉兵衛さんの家があったので、この名前になったそうです。
 
Image025.jpg
 
標柱がたっているところに横穴がありました。
 
防空壕跡でしょうか…。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 
 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2040 最後に更新した日:2017/12/09

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM