水曜プレミアシネマ 300万人が震えた物語特別企画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

  • 2012.04.11 Wednesday
  • 13:38
いや〜、レンタルしなくて良かった〜。
 
いろんなことがおかしくなってるという噂の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」が
 
水曜プレミアシネマで放映されますね〜。
 
ウクレレさんはもちろん、正座して拝見させていただきますが…
 
まぁ〜、もれ伝わる情報では、アナライザーがおかしなことになってたり、
 
佐渡先生がおかしなことになってたり、デスラーがおかしなことになってたり…
 
いろいろ突っ込みどころが満載らしいですね…
 
まぁ、見てみないとなんとも言えませんが…
 
その前に…
 
テレ版がおかしなことになっていることに気付いてしまいましたよ…
 
水曜プレミアシネマ 300万人が震えた物語特別企画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
 
インターネットTVガイドのテレ版ですが…
 
水曜プレミアシネマ 300万人が震えた物語特別企画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
 
かなり力が入っているのか、随分、番組説明が長いな〜と目で追っていると…
 
水曜プレミアシネマ 300万人が震えた物語特別企画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
 
  
うん?
 
 
  
ガラミス?
 
 
 
一瞬、「?」となり、もしかして、映画版では「ガミラス」を「ガラミス」って呼ぶのかな〜なんて
 
斟酌してみたりしましたが…
 
にしても、ガラミスって!!
 
色々調べたら、やっぱり、紛れもない誤植…
 
でもさ…
 
ウクレレさん世代(1970年代生まれ)にしてみては、絶対にあり得ない間違い…
 
これは明らかに、この文章の作家さんが、若い世代だろうな〜って思いましたよ…
 
「ガミラス」を「ガラミス」とやってしまって何の違和感も感じないなんて…
 
断じて「リアル・ヤマト世代」ではないなと…。
 
ウクレレさんの世代ならば、「宇宙戦艦ヤマト」の世界観は完全に心身に
 
叩き込まれてますからね…
 
繰り替えさえる再放送や新作の連続で、脳内刷り込みが完璧になされ、
 
もう、「宇宙船艦ヤマト」は実在の話なんじゃなかろうか…って
 
錯覚するほどですよ… 
 
不謹慎かもしれませんが、マジで今、この日本にコスモクリーナーがあったらな〜
 
なんて思いますもんね…
 
さて…
 
今晩はじっくり見させてもらいますわ…
 
JUGEMテーマ:映画
コメント
正座をしてご覧になったウクレレさん的には、今回のヤマトはいかがでしたか?

私的には、後半になればなるほど、あれ?ヤマトってこういう話だったっけ?ってなりました。

しかし、ガミラスが集合体だったとは…
あーだから、ガラミスなんですね(笑)全然別物だから(笑)

わたしゃてっきり、顔を青く塗った伊武雅刀さんがマントをたなびかせて宇宙空間に立ってるのを想像してました。嘘です…ごめんなさい。
  • ゆみ
  • 2012/04/12 8:03 AM
いや〜、突っ込みどころ、満載の作品でしたね…。
ウクレレさん的には、もっとガミラス側の登場人物にも予算とアイデアを割いて欲しかったな〜。
ガミラス側にも魅力的な登場人物がたくさんいるのに…。
あんな風に「ガミラス」でひとくくりにしちゃって…。
本当ならば「敵ながらあっぱれ!」的なナイスなキャラクターが大勢いるのに…。
全部、あんな、ロボットだか、鉱石だか知らないけど、陳腐なエイリアンみたいな、無機質な感じ
にしちゃって…。スゲー残念だな…。おかげでガミラス側には全然感情移入できませんでした…。
デスラー以外にも、有名なドメル将軍や白色彗星のズォーダー大帝やテレザート星のテレサ等々…
異星人の側にもたくさん素敵なキャラクターがいるのに…
全部「ガミラス」という一塊の無機質なものにしちゃったもんだから、あの魅力的な「ヤマト」
の世界観の面白さが、もう、半分以下になってまってました…。
ちゃんと敵側も詳細に描いて欲しかったな〜。
評価できるのは、柳葉さんの演じた真田さんは声も含めて、かなりオリジナルに似せてたな〜と
思いました。それと、橋爪さんの演じた地球防衛軍司令長官の藤堂平九郎、山崎さんの演じた
沖田艦長などは原作に近くて、なかなかよかったですね。黒木メイサが演じた森雪は、
あんなツンデレキャラじゃない…(泣)古代君はまんまキムタクだったし…(泣)
緒方さんの演じた島はまぁ、まぁ、イメージが近い感じでしたが…。
空間騎兵隊の斉藤(池内博之さん)はもっと泥臭く、体型も、もう少し太めの俳優さんが
イメージ通りだったのにね〜。
残念なことが多すぎたな〜。
できることなら、もう一回リメイクして欲しい…。
映像はさすがに素晴らしいものが生み出せるのだから…。余計に残念だな〜。
  • ウクレレさん
  • 2012/04/12 11:48 AM
森雪は、キャストが黒木メイサに決まったため、彼女のキャラクターに合わせて、あんなツンデレキャラになったような気がする…黒木メイサが「古代くん…(シナ)」とか合ってないもんね。
酒飲んでクダ巻いてるし…
もう、違和感ありまくりで、途中から別キャラつーことで、脳内変換しておりました。

キムタクは今までのドラマとかを見る限り、何をやってもああいう感じなので、見る前からすでに諦めてました(苦笑)

ガミラス星人はひどいよねー
あんな、「射程距離に入ったら自動攻撃」みたいなロボットっぽいのじゃ、全く感情移入はできません。
やっぱり戦闘シーンのある映画は、敵ボスがすごく手強くて、頭が切れて、カリスマ性もあるような奴で、それと戦うっていうんじゃないとねぇ…
ヤマト側のキャストとCGに予算使い果たしたんですかね…

宇宙空間いっぱいに浮かぶテレサさんの顔をぜひ実写でやってほしかった…


  • ゆみ
  • 2012/04/12 6:05 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM