ジャガーバックス 地獄大図鑑

  • 2007.10.21 Sunday
  • 01:18



ウクレレさんが、さらに強く探索しているのがこの本。

昭和50年に、今は学研に吸収された立風書房という出版社が発行した


ジャガーバックス・シリーズ

『いちばんくわしい 地獄大図鑑』(木谷恭介著)


 
この本はイラストレーターの 石原豪人 さんの作品でもあります。


子供用の書籍にしては、かなりリアルでショッキングなシーンが描かれ、


子供時分に



「うわ〜、地獄になんか行きたくない!」



と、真剣に考えたものでした…


今では、考えられないような、それはそれは恐ろしいイラストのオンパレード…

「悪いことをすると、大変な事になるよ!」という教訓効果が満点だと思うの

ですが、今、この本を子供用に出版したら、きっとPTAとか、教育委員会とか、

大騒ぎになるでしょう… 

ふとしたことから、ネットでこの本の紹介文を発見して、懐かしくて、懐かしくて…

ものすごーくテンションが上がりました…

ウクレレさんが、あれは、小学校に入るか入らないかぐらいの年齢だったと

思うのですが、母に買ってもらった記憶があります… 

もちろん、母が勧めたのではなく、ウクレレさんがこれが欲しいと母にお願いして

買ってもらったのですが…

そのとき、母は



「お前はこんなのが欲しいんだ…」

 

と、不思議そうなというか、意外なというか…

あえて今風の言い方で表現するならば、



「趣味ワルッ!」




だったと思います…



でも、子供の頃って、怖いもの見たさで、そういうの好きになる時期がある

じゃないですか! それは、もう何度も読み返しましたよ…

地獄のことなら何でも聞いてってな具合で「地獄博士」を称してたぐらいです

から…。

と、まぁ、それなりに愛着のある一冊だったわけです…

しかし、それも時とともに、捨ててしまったのか、誰かにあげたのか…

「母さん、僕のあのむぎわら帽子どうしたんでしょうね…」

てな具合で。


それが、ですよ!

なんと、今、古本市場では、


7万円だの8万円だの 


で取引されてるというじゃないですか!

小島よしお風に言わせてもらえれば…



うわ〜、へたこいた〜!

 

ですよ!

その他にも、この石原豪人さんが書いた児童用の、いわゆる「ジャリ本」は、

高いものは


 100万円近くの価格 がついています…

  

なんと申し上げてよいのやら…



ドラえも〜ん、

タイムマシーンだしてよ〜


 

と、心の声のボリュームをあげたい今日このごろでございます…




JUGEMテーマ:漫画/アニメ


 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM