“海”があれば“山”が…新祝日「山の日」が可決へ

  • 2014.04.25 Friday
  • 16:32

 
衆議院本会議ではまもなく、山の日制定法案を自民、民主、公明など与野党9党の
賛成多数で可決。再来年の8月から新たに「山の日」という祝日が誕生することに
なるそうな…。
 
これが4月1日のニュースだったら、確実に「んな〜アホな!」って思っただろう…。
 
山の日の意義について「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」と
明記されるそうだが…
 
冬でも夏でも山で遭難する人が絶えず、痛ましい報道が続くのに…
どういうつもりなんだろうか…
 
祝日を設けることになった経緯を知りたいものだ…
なんで夏休みのある8月に、なんで「山」なのか…
 
まぁ〜、仮に法案通って正式に制定されたら、もっと具体的に山の事故についての
啓蒙活動をやるとか、そういう日にしたらいいんじゃなかろうか…。

せめて、富士山に浴衣にサンダルで来てしまうような人がいなくるように…
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM