【夢の話】 荒唐無稽で全く意味がわからない夢(2001年9月27日)

  • 2014.09.07 Sunday
  • 00:33

2001年9月27日(木)
 
ものすごい夢を見た。
 
ハイキングか何かで林の中におり、その先に草原が広がっている。
その直後、大音響で落雷が始まる。
ものすごいリアルでみんな林の中に避難するが、いつ自分のところに
雷が落ちてくるか気が気じゃなかった。
そのうち前方の山に落雷し、その砂埃が火砕流のように
一気にこちら側に襲ってきた。
真っ暗闇に包まれる。
しかし、落雷が怖くそこから離れられない。
 
その後、急に場面転換。
 
なぜか、自分らは軍隊の一員になっていて戦いの準備をしている。
軍服に着替え、味方の援軍を待つ。
すると、戦車がどんどんとやってきて、先ほどの草原が海になっていて、
そこへ向けて大砲を放つ…。
 
そんなところで、起きた。
 
なんなんだ!?
一体どんな前兆なのか!!
わけがわからん…。
 
あまりにも夢がリアル過ぎたので、頭が混乱している。
何であんな夢を見たのか…。
先日起きたアメリカのテロ(9.11)の影響か…。
 
今自分のおかれている状況に対する「もがき」か…。
わけがわからん。
 

----------------------------------------------------------------
当時の日誌より抜粋。
自分で見た夢なのだが、
今(2014年9月7日現在)となっては全然思い出せん…。
さすがに13年前だもんね…。
日誌にも書いている通り、9.11のことが影響してるのだろうか…。 
 
JUGEMテーマ:夢日記。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM