【夢の話】 伊集院さんが登場する夢(2013年2月12日)

  • 2014.09.10 Wednesday
  • 01:15
2013年2月12日(火)
 
新しくできた巨大なショッピングセンターに行った夢。
父や母も一緒。
みんなで歩いていると、人がたくさんいて離れ離れになる。
すると、後からドンと押され、「ナンダヨ〜」と思っていると…
ナント! 伊集院さん…
びっくりして、「すみません!伊集院さん!」と声をかけたら、
「なんだよ、お前…」みたいな目で無視して行ってしまった…(悲)
そんな夢…。
 
起きてから、ヤフー糞袋をネタが出来た!と喜ぶ(笑)
 
「なんであのとき、後からぶつかってきたんですか?」というオチで行こう(笑)
夢の中のしかも、知らないやつに言われても、
「シラネ〜ヨ!」としかなるまい(笑)
 
で、その夢の話の続きだが…
 
その後、ずっと歩いてると、広場に出る。
で、目の前が○○団地… 
あれま…! 団地の中に巨大なショッピングセンター出来てたの?!
というオチ…。
 
もしもそれが実現したらスゲーな…。
団地の前に静かな小川が流れ、公園みたいになっていて、
みんなくつろいでいる…。
まさに夢のような風景だな…。
 
だって夢だもん(笑)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM