まんが日本昔話 三本枝のかみそり狐

  • 2014.12.05 Friday
  • 18:59

まんが日本昔ばなし 「かみそり狐」 投稿者 tv-files
 
12月1日のJUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力で、かみそり狐についてのネタ。
 
さっそく、ウクレレさんも見てみました…
 
記憶になかったですね〜。このエピソードは。
 
まずはマイルドな方から見るのをお勧めします。
 
伊集院さんは「ドッキリ企画」の例えで話してましたが、ウクレレさん的には、
 
これ、完全にオレオレ詐欺の手法じゃんか…
 
そう思いました…
 
いわゆる、「劇場型」と呼ばれるやつ。
 
複数の人間が入れ代わり立ち代わり電話をかけてきて、ハプニングをおこす奴と
 
それを救出するかのように見せかける奴が登場するという…
 
で、終わってみたら、完全に騙されているという…
 




 
で、こちらの方が元ネタなのかな…
 
伊集院さんの言う通り、全く、タッチが違う…
 
マイルドなやつはコミカルなテイストなのだが、元ネタの方は完全にホラー。
 
たしかに、土曜の朝から見てね〜という感じではないね…
 
でも、まんが日本昔話って、こういうシリアスなホラータッチのも多いんだよね。
 
話がシンプルであるがゆえに、直球で人間の欲望とか、狂気とかが伝わる感じ。
 
でも、伊集院さんの言う通り、元ネタの方が、ドッキリ企画になりそうな
 
感じだね…。
 
ものすごいシリアスな、やばい状況に陥れて、最後に「テッテレー♪」と
 
仕掛け人が出てくるという…。
 
 
 
で… 「シリアス過ぎて、子供が見るもんじゃなくね…?」

という、「飯降山(いぶりやま)」。
 
福井県に実際にある山なんですけどね…。
 
まぁ、恐ろしいカニバリズムの世界というか…
 
結末は、いろいろあった果てに、修行場から下山した尼さんの話を
 
地元民が聞くという設定なのですが…
 
他の人物はすでにいないので、地元民はこの尼さんの話しか聞いておらず、

真相は闇の中…
 
伊集院さんの説は、深読みすれば…
 
他の同僚を単に崖から突き落としたのではなく、
 
空腹の果てに、食っちまったんじゃないの…?
 
という恐ろしい話になってきます…
 
こんなハードな話を子供向けに見せるという…
 
今ならありえないね…
 
こんなの見せたら、とんでもない人間に育っちゃうとかで…。
 
ウクレレさんとしては、良いも悪いも、含めて人間なんだから、
 
こういう、ギリギリ限界の中で人はどうなるか…といった教訓として
 
あってもいいとは思うけどね…
 
まぁ、なかなかのパンチがきいているのは確かですね…
 
  
まだまだ、発掘されるべき、ストーリーがありそうですね…。
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM