『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』まさかの映画化! 初の海外ロケでもガチ旅

  • 2015.11.10 Tuesday
  • 15:18
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』まさかの映画化!
初の海外ロケでもガチ旅
 
なんじゃこりゃ!!
 
テレビ東京の人気旅バラエティ番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が映画化される
ことがわかった。太川陽介、蛭子能収のコンビに加え、三船美佳がマドンナとして参戦。
タイトルは『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』に決定し、日本を初めて
飛び出し台湾でのロケを敢行した。

Yahoo!ニュース」より引用
最終更新:11月10日(火)6時0分

 
すごい… すごすぎる… まさに「まさかの映画化」ですね…。
 
もう撮影終わっているようで…
つまり、ドキュメンタリー映画ってことですかね…

一応、撮影はうまくいったようですが…
映画化ありきで撮影始まって、万一、アクシデントとかあったら、どうなってたのかな…
しかも台湾って… 距離感とか全然つかめないし…
日本国内なら、多少、行ったことがないところでも、おおよそ様子が分かりますが…
 
それにしても、「売れる」って大変なんですね…
次から次へと無茶なオーダーが入るからね…。
 
自然体で、そのままで、マイペースでなんて、やっていけなくなる…。 
 
太川さんと蛭子さんの体調が心配だな〜。
 
JUGEMテーマ:テレビ全般
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM