塔のへつり2016

IMG_3051.jpg

 

塔のへつりに来ました。 こちらも3年ぶり。

 

IMG_3052.jpg

 

こけしを売っているお店。 岪工房。

 

IMG_3053.jpg

 

こちらは、へつりガーデン… いいね〜ガーデンって…

 

IMG_3054.jpg

 

へつりガーデンのガーデンから撮影。

 

IMG_3057.jpg

 

ここからだと全貌がわかりやすい。

 

IMG_3059.jpg

 

さて… 参りますか。

 

IMG_3060.jpg

 

塔のへつり

 

IMG_3061.jpg

 

湯野上温泉と塔のへつり 新観光名所福島三十景 南会津郡下郷町

 

IMG_3063.jpg

 

階段降りたおみやげ屋にて。 うまそうな団子…

 

IMG_3064.jpg

 

段々降りてきました。 向こうに橋が見える。

 

IMG_3066.jpg

 

この橋、結構揺れます。

ぼぉーっとしてたら、マジで橋から落ちる危険性あり。

 

IMG_3071.jpg

 

奇岩がならびます。

 

IMG_3072.jpg

 

結構急な階段でゆっくり行かないと危ない。

 

IMG_3073.jpg

 

へつってるわ〜。

 

IMG_3074.jpg

 

ここ、結構危ない。 人一人しか通れない。ちょっと滑ると川へダイブ…。

 

IMG_3075.jpg

 

景色は最高ですね…。

 

IMG_3077.jpg

 

石が積んである…。

 

IMG_3079.jpg

 

あっちからやって来た。 

 

IMG_3080.jpg

 

さらに階段が… ここを登るのは初めて。

 

IMG_3081.jpg

 

上はこんなことになっていたのね…。 

 

IMG_3082.jpg

 

虚空蔵菩薩が祭られている。 高松宮殿下も訪れたらしい。

 

IMG_3083.jpg

 

急な階段は登るよりも降りるのが一苦労…

申し訳なさ程度に鎖の手すりがあるけど、大人には低すぎて頼りにならないし…

滑ったらおしまいだ… キッズも恐る恐る降りていく…。

まぁ、ここは古来から「修行の場」ということなんだろうね…。

 

IMG_3095.jpg

 

橋を渡り戻ってきました。 みやげ屋さん。

山に漢字の弗(ドル)で「岪(へつり)」と読みます。

なるほど…。 わかりやすい。

 

IMG_3099.jpg

 

おみやげ屋の五晃苑に来ました。 

 

IMG_3096.jpg

 

おおお! なんと! ここにもあった! このおみやげ! マジか…

 

IMG_3097.jpg

 

シェアはんぱねぇ〜な…。 各地で違った名前で売られているが、

中身は全く一緒。

 

ここでは「会津めぐり」として販売されていた…。

 

【参考】

「奥飛騨のささやき」

http://ukulele-san.jugem.jp/?eid=1935

 

「菓子詰合せ 伊豆銘菓撰 華の宴(はなのうたげ)」
http://ukulele-san.jugem.jp/?eid=1252

 

IMG_3100.jpg

 

飲食スペースにて休憩。 なんともいい雰囲気だね〜。

 

IMG_3101.jpg

 

かき氷をオーダー。

 

なかなかの「へつり」に取れ高満載でしたよ…。

 

JUGEMテーマ:福島県何でも情報


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2040 最後に更新した日:2017/12/09

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM