横浜薬科大学 図書館棟からの眺望 2017年(平成29年)正月3日の夕陽と富士山

  • 2017.01.03 Tuesday
  • 22:28

IMG_6650.jpg

 

正月3日、横浜薬科大学は三が日は一般開放しているとのことで、行ってみました。

彼方に見えるは、ウクレレさんにとっては、大学施設としてではなく、

横浜ドリームランドの思い出が…。

 

IMG_6655.jpg

 
ホテルエンパイア (英称:Hotel Empire) は、かつて横浜市戸塚区で日本ドリーム観光が

経営した日本のホテルである。遊園地の横浜ドリームランドに併設される形で1965年

(昭和40年)3月28日に開業し、ちょうど30年後の1995年(平成7年:月日不明)に閉鎖

された。1965年(昭和40年)5月15日に、外貨両替業務の取扱いを開始し、1981年(昭

和56年)12月25日に、国際観光ホテルとなった。開業当初は周辺にホテルが少なかった

ため、松竹大船撮影所の全盛期に、俳優が本ホテルに泊まり込んだという逸話もある。

1968年(昭和43年)当時の宿泊料金は一人あたり4,000円 - 10,000円(ツインルーム)

だった。隣接するホテルドリームランドが一人あたり700円 - 1,500円(同)だったこと

から、本ホテルを高く位置づけていたことがわかる。大林組により1965年(昭和40年)に

竣工した。完成当時は地下2階地上21階、高さは建物部の高さが68m、尖塔と避雷針を含

めて93mであり、工事期間は僅か1年という突貫工事だった。最上階の21階は回転する構造

になっており、回転展望レストランとして使用された。21階という階数は、来るべき21世紀

を象徴したもので、ホテルでありながら五重塔をモチーフとした和風建築とし、内装について

“桃山時代の文化の復元”を標榜したのは、「日本にしかない、日本でしかできないホテルを目

指すべき」という意図による。五重塔を伸ばして二十段にしたような独特の形状で、高台の上

に建っており近くに高い建物や大きな山が存在しないことから、多少離れた場所からでも目立

つ建造物で、周辺が田畑ばかりだった完成当初は、ひときわ異彩を放つ存在であった。その後

開発によって周辺の宅地化が進んでも、ホテルエンパイアの建物は横浜ドリームランドの観覧

車とともに周辺一帯(戸塚区南西部および藤沢市北部)のランドマークとして長年親しまれた。
1995年(平成7年)に廃業・閉鎖されてから2005年(平成17年)に至るまでの10年間は、誰

も手をつけることなく廃墟同然となり、一時期は地元の暴走族等の溜り場となりかけたが、後に

警備会社による厳重なオートセキュリティー管理がなされた。横浜ドリームランドが2002年

(平成14年)2月17日に閉園して以降、モノレール(ドリーム開発ドリームランド線)の軌道、

観覧車・潜水艦等の遊戯施設など、ドリームランドに関連する多くの施設、建造物が次々に解体

撤去される中、往時を偲ぶことのできる数少ない建物の一つとなっていた。その後、紆余曲折を

経てドリームランド跡地を買収した都築第一学園が、2005年(平成17年)に改装工事に着手し、

同学園が2006年(平成18年)に開校した横浜薬科大学の図書館棟になった(1〜8階が図書館、

9〜20階は学長室・研究室など、21階は展望ラウンジとして使用)。この工事により、屋根先

端の相輪を模した避雷針や中間階の屋根状の装飾が撤去された。外壁材も明るい色のパネルに

交換されたため、五重塔のようだった外観は大きく変貌し、最上階の屋根だけがかつての面影を

残している。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  

IMG_6651.jpg

 

現在は、キャンパスとして新しく活躍しています。

 

IMG_66500.jpg

 

前庭には、素晴らしい噴水のある池も。 キャンパスっぽい。

 

IMG_6658.jpg

 

さて… 最上階(21階)の展望ラウンジに到着です。

wikiにもありましたが、「21階建て」というのも、21世紀を意図していたんですね…。

知らなかった…。 子供のころなんて、みんなが「ごじゅうのとう」って言って

たので50階建てかと思ってた…。あんまり「エンパイア」って呼ぶ人、いなかったよな〜。

たしかにドリームランドの「ごじゅうのとう」って言ってた。

 

まぁ、それはそれとして…

 

IMG_6659.jpg

 

子供のころから知っている「ごじゅうのとう」も中に入ったのは初めて…。

 

こんな景色だったんですね〜。 自分の郷土がこんな感じで見れるとは…

しばし感動しましたよ…

 

それにしても、向こうに見えるには… あれれ?

 

IMG_6660.jpg

 

江の島やんけ! おおお〜!! 江の島がみえ〜て来た〜♪ 俺のいえ〜もち〜かい♪

 

マジで、意外と近いんだな〜。 江の島。 歩いて行けそうなぐらい。

実際は直線距離で10kmだけどね。キョリ測で道路を辿ったら、12kmほどで

行けることが判明。 全く無理ってほどでもないか。

帰りのことを考えなければ。 帰りも歩けって言われたら無理だけど。

 

IMG_6673.jpg

 

ラウンジ内はこんな感じ。かつてはここがレストランでしかも、回転してたって

いうんだから、すごいね。1965年(昭和40年)に完成したんだから、今から

51年前だからね! 当時としてはまさに未来の世界の建物だったろうね〜。

 

IMG_6664.jpg

 

お正月ってこともあり、鏡餅が鎮座しておりました。

 

IMG_6665.jpg

 

今年も良い年でありますように…。 (○ `人´ ○) タノンマスー!

 

IMG_6687.jpg

 

この日は、曇りがちで富士山はどこにあるのかよくわかりませんでしたが、

ねばりにねばってようやく、うっすらと富士山のシルエットを撮影できました。

 

IMG_6690.jpg

 

夕陽も撮れました!

 

IMG_6678.jpg

 

逆側の横浜方面、ランドマークタワーが夕陽に照らされ、光ってましたよ!

 

JUGEMテーマ:横浜

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM