修善寺頼家祭り 2017

修善寺頼家祭り 2017

 

さくださんでそば食べて、修禅寺に戻って来たら… なんだか人だかりが…

 

IMG_3704 (2).jpg

 

後でわかったのですが、この日(7/17)は「修善寺頼家祭り」だったそうで。

 

修善寺で暗殺された鎌倉二代将軍源頼家とその家臣である十三士の霊を慰めるイベントです。

仮装行列が修禅寺を出発して、十三士の墓、頼家の墓を詣で供養を行い、桂橋から修禅寺へ

戻ります。(伊豆市観光協会HPより引用)

 

北条政子が頼朝の冥福を祈って建立した指月殿

 

北条政子が頼朝の冥福を祈って建立した指月殿

 

頼朝暗殺の後に決起した家臣13名のお墓。

 

頼朝暗殺の後に決起した家臣13名のお墓。

「主を亡くしたこの上は…」ってことになったのだろうね…。

 

源頼朝 家臣 十三士の墓

 

源頼朝 家臣 十三士の墓の案内板。

この案内板には13名の家臣らが金窪太郎行親に成敗されたという事柄と、単に全国的にある

十三塚の1つとみる説が併記してある。「家臣13名の名前はわかっていない。」とあること

から、もしかすると、十三塚に後付けされたのかもしれないね…。

今となっては確認のしようがないけど。

吾妻鏡に「討たれた家臣は13人だった」って書いてあるのかな…。ならば関連性が高いけど。

調べたら、吾妻鏡には「13人」とは書いてないね…。

「頼家の家臣が謀反を起こしたから金窪太郎行親を遣わしてあっという間に討取った。」

としか書いてない。

でも、まぁ、「家臣の墓」とした方が歴史的なロマンが広がるよね。 

 

 

JUGEMテーマ:伊豆でしょ!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2040 最後に更新した日:2017/12/09

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM