M:I:

  • 2006.11.17 Friday
  • 23:08


「M:i:掘廚鮓る。

 相変わらず最後まで裏切り者がわからないという感じだな…。

 1作目とかぶってるのか?

 でも、ジョン・ウーのときみたいに は飛ばなかったが(笑)

 ケーブルでつるされて、地面すれすれで止るっていうやつは思いっきり

1作目のセルフパロディー だろうか?

感電死して、また生き返るという離れ業は、ちょっとドリフのコントに

近いテイストだな(笑)

感電死状態になってから、敵が攻めてくるので、早く介抱してやんねーと

本当に間に合わなくなるので あせるという設定は、まるで、後ろに幽霊が

いるのに気がつかない志村に

「し〜む〜ら〜う〜し〜ろ〜! う〜し〜ろ〜!」

と叫びたくなる心境に近いものがあったやに思う。


JUGEMテーマ:映画

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM