アバター@エクスワイジー・シネマズ蘇我

  • 2010.03.04 Thursday
  • 13:26
エクスワイジー・シネマズ蘇我
 
エクスワイジー・シネマズ蘇我に映画を見に来ました。
 
この日は津波警報が全国的に出されていて、この映画館は海のそばにあるので、ちょっと、
 
おどおどしながらの鑑賞でした。
 
見た映画は大ヒットの「アバター」。
 
3D初体験です。
 
ホールにはドラえもんも来ていました。
 
思わず触りたくなりますね〜。
 
映画は3時間ほどの大作で、CG技術の結晶のような作品でしたね〜。
 
さすが、3D、爆弾が飛んでくるシーンで思わずビクっとよけてしまいましたよ。
 
ストーリー的には…
 
一緒に見た友人とも同意見だったんですが、
 
もののけ姫とナウシカとマトリックスを足して3で割ったような…
 
そんな感じがしましたね〜。
 
映像は圧倒的に素晴らしいのですが、逆に、すべてCGか…と思うと、なんだか、
 
冷めてしまうというか…
 
ウクレレさん的にはやっぱり「釣りバカ日誌」とかがツボですね〜。
 
「そんな輩が映画を語るんじゃない」と突っ込まれそうですが…。
 
 
 
JUGEMテーマ:映画

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM