【海老名】 驢庵(ろあん)坂 【杉久保】

  • 2010.09.14 Tuesday
  • 23:25
画像 016.jpg
 
海老名のなんじゃもんじゃの木を左手に見ながら、徒歩で300mほど行きます。
 
ちょっと車は入れません。
 
画像 017.jpg
 
振り返ると、やっぱり車は入れない感じがわかります。
 
しばらくすると、森の中に入ります。
 
画像 027.jpg
 
坂上からの写真です。
 
この森を抜けると…
 
画像 019.jpg
 
立て札に出会います。
 
ここは森を切って何かを始めようとしているようですね…。
 
画像 024.jpg 
振り返ると… 坂下からの写真です。
  
画像 021.jpg
 
なんじゃもんじゃの木からこの辺一帯が半井驢庵(なからい・ろあん)
 
下屋敷があったそうで、それが名前の由来だそうです。
 
この「驢庵さん」は江戸時代、三代将軍家光の御殿医だそうで、この辺にいくつかの伝承が
 
残されています。
 
武士に化けた狐を、それと知りながら診療した話とか…
 
歴史的にも結構、有名な人のようですね。
 
長い時代にまたがって登場しているので何代も名前が受け継がれているようです。
 
こういうの好きですね〜。
 
今は単なる坂なのに、そこから話がどんどんふくらんでいきます…。
 
坂探訪の醍醐味です…。
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅
  

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM