【海老名】 古坂(お待ちゃれ坂) 【大谷南】

  • 2010.09.25 Saturday
  • 17:42
古坂
 
大谷観音堂の裏手にある坂道です。
 
「古坂」というそうなのですが、なんせ、昔話から飛び出てきたような道で、標柱もありません。
 
近くで植木の手入れをしてたおじさんに
 
「この辺に古坂っていう坂、ありませんか?」
 
って聞いてみたら、
  
「古坂? う〜ん…」
 
という感じでした…。
 
ただ、
 
「この坂を上がると大谷中学校に出るよ」
 
というアドバイス。
 
場所は正解なんだけど、地元の人も特に「古坂」という名前は認識してない様子…。
 
バス停「大谷宿」
 
この「大谷宿」というバス停近くから入っていきます。
 
古坂を坂上から見た景色
 
今度は別の道で大谷中学校の方に回り、古坂を坂上から見た景色です。
 
舗装も何もされていないので本当に田舎の坂道です。
 
雨の日は怖くて通れそうにありません。
 
この坂道も「お待ちゃれ坂の狐退治」という言い伝えが残っています。
 
この坂道を提灯で足元を照らしながら上ると、
 
「お待ちゃれ、お待ちゃれ」
 
と呼ぶ女の声がするそうな…。
 
えびなむかしばなし 「お待ちゃれ坂の狐退治」
 
 
でもね… 確かに昼間でも1人だとおっかね〜感じですよ。
 
これが夜なら、今でもなんか出そうな感じです…。
 
でも、この「おまちゃれ」と呼び止める言い伝えは座間の「梨の木坂」にもあったそうな…。
 
この辺は似たような話が散見されます…。
 
この坂道の途中にかつて「清眼寺」というお寺があり、このお寺にも言い伝えが残っています。
 
えびなむかしばなし 「のぞき小僧」
  
今はこのお寺はありませんが。
 
しかし、この近所の大谷観音堂といい、古坂といい、なんてエピソードの豊富なスポットなのでしょう…。
 
これからも、この雰囲気を維持していって欲しいですね…。
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅
  



 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM