【海老名】 沖の坂 【大谷南】

  • 2010.09.26 Sunday
  • 14:49
【海老名】 沖の坂 【大谷南】
 
海老名の沖の坂に来ました。
 
昔、海老名の辺りは入海でこの辺りから遠く、沖のほうまで見えたことからその名が残っているそうです。
 
【海老名】 沖の坂 【大谷南】
 
でもですね…。
 
昔って100年200年という昔ではないでしょう…。
 
だって、こんな海老名の辺りまで海だったなんて…。
 
今でこそ、地質学などの科学的な知識からここは数万年前は海だったとか、なんだとか、わかるよう
 
になっていますが、そんな大昔からある坂ということなんですかね〜。
 
しかも、よくぞそのことを伝えてきたな〜と素朴に感心しますわ…。
 
海老名の昔話「尼の泣き水」には「海老名の辺りは入海だった」とありますので、少なくとも、
 
国分寺などが機能してた奈良時代は海がせまってたんですかね…。
 
とすると、今年は平城遷都1300年…。
 
想像すれば想像するほど興味深いですね…。
 
だって、記録メディアも何もない時代から、「ここは海だった」という1つの情報を代々語り伝えてきた
 
わけなので…。
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM