【海老名】 椿地蔵 【杉久保南】

  • 2010.09.26 Sunday
  • 15:47
椿地蔵
 
海老名の「椿地蔵」を訪れました。
 
椿地蔵
 
ここは [なんじゃもんじゃの木] で有名な [半井驢庵(なからい・ろあん)] に関連するスポットです。
 
300年ほど前に半井驢庵に病気をみてもらおうと江戸から杉久保の半井驢庵の屋敷に向っていた
 
親子がいたのだが、この辺りで娘の病状が悪化し、半井驢庵に診てもらう前に命を落としたそうな…。
 
そこで、地蔵堂を建て、椿を植えたそうな。
 
椿地蔵
 
この椿が花を咲かさずにつぼみのまま落ちてしまうので「玉椿」と呼ばれています。
 
このことから、若くしてなくなった娘の命がやどったのだろうと言われたそうです。
 
椿地蔵
 
バス停の名前にもなっています。
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM