太平記 淵辺伊賀守義博 「さる事あり。」 [4]

  • 2010.11.30 Tuesday
  • 16:04
縁切り榎と別れ橋
 
淵辺伊賀守義博の伝承を追い、「縁切り榎」と「別れ橋(中里橋)」に来ました。
 
縁切り榎と別れ橋
 
後ろでは橋の架け替え工事をやってますが、その榎は立っていました。
 
護良親王を殺害したと言われている淵辺伊賀守義博でしたが、伝承によると足利直義の主命に背き、
 
護良親王をひそかに守り、石巻に落ち延びたそうです。
 
それで、主命に背いたのだから、無事ではいられないので、この榎の前で妻子と縁を切り、石巻に
 
落ちていったそうです。
 
縁切り榎と別れ橋
 
庚申塔と立て札がありました。
 
縁切り榎と別れ橋
 
縁切り榎と別れ橋(中里橋) こちらの立て札は伝承にあるように、石巻に落ち延びたと書かれています。
 
縁切り榎と別れ橋
 
一方、こちらの立て札では太平記に沿った内容が書かれています。
 
「色々な説があるよ」と公平な立場でいるようですね。
 
縁切り榎と別れ橋
 
ところで、樹齢何年かわかりませんが、この榎、ウロがスゴイことになってますね…。
 
縁切り榎と別れ橋
 
葉っぱは秋の気配でステキな色合いです。
 
縁切り榎と別れ橋
 
どうでもいいですが、木のウロの中に、よく意味がわからない文章が書かれた札が置いてありました…
 
意図は不明です…。
 
歩いてすぐのところに妻子と別れたという「別れ橋(中里橋)」があります。
 
縁切り榎と別れ橋
 
すぐ近くに「新中里橋」があるので、車の通りはさほどありません。
 
縁切り榎と別れ橋
 
縁切り榎と別れ橋
 
今は何事もなかったように境川は穏やかに流れています。
 
 
 
〉〉太平記 淵辺伊賀守義博 「さる事あり。」 [5]
 
 
 
JUGEMテーマ:歴史
  
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM