【ニュータッチ】 冬の塩らーめん 濃厚背脂塩味 【凄麺】

  • 2010.12.12 Sunday
  • 02:07
冬の塩らーめん
 
ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん を頂きました。
  
「おかげさまで8年目の冬」
 
「石の上にも3年」という諺がありますが、8年も改良に改良を加えれば、それはもう作品と言えますね。
 
今回は「香ばしい炙り風味のスープ」というのが売りのようです。
 
冬の塩らーめん
 
麺に関しては「凄麺」なので、申し分なしの食感です。
 
問題はスープ。
 
基本になるスープは「(株)青い海製造沖縄の塩シママースを使用」とあり、澄んだスープは
 
さっぱりしているが、コクもあり、なかなかの味です。
 
けれども…
 
「ウリ」であるはずのレトルトの入った「炙りチャーシュー」が、レトルトをあけてカップの中に入れた
 
瞬間、ちょっと不自然な香りがしました…。
 
それがいわゆる「香ばしい炙り風味」ということだと思うのですが、
 
ウクレレさん的には、ちょっと、敬遠してしまいました…。
 
スープそのものが美味しかっただけに残念です…。
 
ただ、全体的には素晴らしい出来栄えだと思いました。
 
 
JUGEMテーマ:インスタント食品
 
 


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM