フィル・コリンズさん引退 父親に専念

  • 2011.03.09 Wednesday
  • 11:52
 
「フィル・コリンズさん引退 父親に専念」
 
だそうな…。
 
そうですか…。
 
フィル・コリンズさんも60歳だそうで…。
 
ウクレレさんの青春時代はジェネシスまたは、フィル・コリンズさんの全盛時代で、
 
当時はレンタル屋さんでも洋楽も発売と同時にレンタルされてたのでたくさん聞いてましたね〜。
 
今みたいにネットなんてないですから、CDを買うか、借りるか、ラジオで流れた曲を録音するか、
 
今みたいに「いつでもどこでも聞ける」ということではありませんでしたので、
 
一生懸命、楽曲を求めてましたね〜。
 
「No Jacket Required」(1985年)は日本でも大ヒットし、「One More Night」はCMソングなどで
 
ヘビーローテーションでした。
 
ジェネシスとしても、数々の作品を世に出しました。
 
「Invisible Touch」(1986年)は何回聞いたかわかりません…。
 
特にウクレレさんの好きな楽曲は「Tonight, Tonight, Tonight」です。
 

 
かこっこいいんですよね〜。緊迫感というか…。ライブでやったら鉄板ですよ…。
 
あと、「Land Of Confusion」
 
これもたまりません…。
 

  
それから、スプリームスの「You Can't Hurry Love」のカバーはなんだか可愛くてスキですね〜。
 


シンガーとしてもライターとしても魅力的な人でした…。  
 
昔、フィル・コリンズさんの東京ドームのライブに行ったときにウクレレさんの後輩が
 
大手コンビニに入社したばかりで、新人研修とかで、巨大な器機を肩からかけてやってきたので
 
「お前なんやねん…」とちょっとひいたな〜という思い出があります…。
 
フィル・コリンズさんと関係ありませんが…。
 
 
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM