その後の「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」

  • 2011.06.22 Wednesday
  • 22:44
桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油
 
スーパーでみかけた風景。
 
あれ?
 
これって人気がありすぎてどこにも置いてないんじゃなかったっけか?
 
桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油
 
「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」
 
大量に置いてありますね…
 
 
母さん、僕の麦藁帽子どこにいってしまったんでしょうね…
 
 
なんてぐらいに普通に大量に置いてありましたね。
 
一体、あの騒動はなんだったんだろうか…。
 
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM