【上溝】 西見坂 【相模原市】

  • 2011.08.11 Thursday
  • 22:57
西見坂
 
久々に坂レポ。 相模原市上溝の西見坂。
 
つーか、偶然たどり着いた坂です。
 
坂上が住宅以外になっていて、坂に入ると、突然、九十九折の立派な坂になります。
 
全く予想してなかったので少し驚きました。 
 
どこかの観光地にでもきた雰囲気です。
 
「七曲り」と呼ばれています。
 
西見坂
 
坂の標柱がりますが、もはや読み取れません…。
 
何せ…
 
西見坂
 
明治30年って彫ってあります…。
 
すごい…。
 
西見坂
 
妙見参四顔
 
自転車をおりて押しゆく落葉坂 七曲りすれば 故郷の見ゆ
 
上溝 小形重雄 作 
 
と彫ってあります。
 
「押しゆく」ですから、登っているんでしょうね〜。
 
ってことは、坂から見える風景が小形さんの故郷の風景ということなんでしょうか…。
 
坂の名前も西見坂ってことですからね。
 
なるほどね〜。 
 
ググッたら、宮内庁のHPに昭和38年歌会始お題「草原」として、小形重雄さんと全く同じ名前が…
 
同一人物なんだろうか…。
 
だとしたら、歌会始に出席するような方ということなんですね〜。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM