クルックー隊長、急展開!

  • 2007.02.28 Wednesday
  • 10:41
今朝、ベランダに出て、クルックー隊長の雛に巣立ちを促すと…

ついに…

飛び発ちました!


雛を発見してからちょうど1ヶ月…


ようやく、外へ飛び立ちました…


で…


公約通り、早速 大清掃 開始!


1時間の悪戦苦闘…

巣を撤去し、糞爆弾の跡を板でこそぎ落として、

デッキブラシを使い、お湯を流して磨きました…

しかし、こびりついた糞爆弾はお湯でやわらかくしても容易には取れず、

かなりしんどい作業…

それでも、まぁ、なんとか、片付けました…

クルックー隊長



掃除前・掃除後と比較した方がわかりやすいとも思うのですが、掃除前の写真は

とてもみせられません…

グロ画像になっちゃうので…



でもね… 掃除している傍らにも、雛たちが、 

「オイオイ!何してんねん!」


とばかりに少し距離をおいてじっとウクレレさんを見つめているわけです…



クルックー隊長



あんなに鳩に見つめられたのは生まれて初めて…


なんだか、写真でよく見ると、 目が三角 になっているような(苦笑)


ということで、今後も、確実に戻ってくる気配なので、戦いはここからだと思われわけです…


あ、それから、


ツバメの巣は高級食材になりますが、鳩の巣は何になるのでしょうか…


どなたか教えてください…
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM