どこ吹く風…

  • 2007.03.01 Thursday
  • 11:58
クルックー隊長



やはり… orz



今朝、起きると、ベランダに戻っていた…



しかし、昨晩の時点では戻ってこなかった。



ここ数日の彼らの動きを見ると、夜間は動き回らないので、とにかく、夜間に居着かせ



ないことが肝要かと思われる。



だけど… この表情… マッタク、どこ吹く風って感じだな…



帰巣本能について考えるのだが…



自分の居場所を忘れないという素晴らしい「記憶力」を持ちながら、なぜ、



「もうその場所に戻ると危険だ」という記憶はできないのだろうか…



誰か教えてください…
コメント
こんばんは。
再びお邪魔します(笑
まず「鳩の巣」ですけど、キケンです。
病気になっちゃいます。
そして、戻れない(戻らない)ようにする方法ですが、ウチの例を…。
↓100円ショップなどで手に入ります。
http://www.uminekoya.co.jp/rainbowspring.html
レインボースプリングというのを、ベランダの手すりに沿ってくくりつけます。
コレ、鳩の足の長さより長い直径です。
とまりづらい場所にすると寄り付きにくいという記憶に変わるのだと思います。
それからオーソドックスですが、CDを釣り糸で上からぶら下げる方法。CDの下縁がスレスレの高さが良いです。
追い払うときは、カラスのように黒いもので追い払うと良いです。
100%ではないですが、ウチではかなり減りました。
(たま〜に来ての脱糞はチョ〜むかつきデス!)
検討を祈ります…。
コメント、ありがとうございます!
鳩の巣はマスクして口の中に入らないように撤去しました…
とにかく、夜間だけでも居着かないようにと思い、定期的に鳩チェックしています(笑)すると、日が沈んだ後は彼らは動かないようなので、日没ごろが勝負だとわかりました。

レインボースプリングっていうんですね。
昭和な感じの玩具ですね(笑)

参考します!
  • ウクレレさん
  • 2007/03/01 11:24 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM