Marcus Miller at BLUE NOTE

  • 2007.03.12 Monday
  • 13:19
BLUE NOTE



2007年3月10日のマーカスミラーの公演に臨む。


今回、二度目ましてになります。


さすがに、1時過ぎには列ができはじめ、2時過ぎには長蛇の列となりました。



BLUE NOTE


3時に整理券をもらうと、青山界隈をブラブラ…


青山界隈


やっぱりたまには東京に来た方がいいな…


少し来ないだけで、かなり変わってしまう街の様子…


小腹が減ったということで、表参道そばのまい泉でとんかつ定食を食べる。旨し。


表参道ヒルズの前を通るかかると、結婚式の披露宴が開催中だった…。


待ちゆく人も足をとめ、花嫁を見ていた。


またブルーノートに戻り、しばし歓談。


19時に開演。


チケットを手配してくれた友人のおかげで、まん前に陣取る事ができ、スゴイ迫力!


人間業ではない怪演ぶり!


あっという間の1時間半。


ベースだけではなく、吹奏楽器も披露したり、オーディエンスに対するサービス精神


が溢れていた。


ウクレレさんも頑張らなきゃな〜と元気をもらった…。




JUGEMテーマ:音楽



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM