頑張っている森田を応援しようシリーズ!第1回・縄ばしごの森田商店

  • 2012.10.10 Wednesday
  • 21:30
頑張っている森田を応援しようシリーズ!第1回・縄ばしごの森田商店
 
タモリ倶楽部 2012年10月5日オンエアー
内容:頑張っている森田を応援しようシリーズ!第1回・縄ばしごの森田商店
出演:タモリ、安齋肇、おぎやはぎ

 
10月5日オンエアーだったタモリ倶楽部で紹介された縄バシゴ販売のお店、
 
森田商店さんです。巣鴨にあります。
 
あのですね… ここからは「信じるか信じないかはあなた次第」ですが…
 
ウクレレさん、5日放送のこの回のタモリ倶楽部を録画してて、見てなかったんですね。
 
で… 8日に用事で巣鴨に行ったついでにぶらぶらしてて、たまたま見つけたお店が
 
この森田商店さんだったんですよ。
 
タモリ倶楽部 縄ばしごの森田商店 10月5日
 
「ありゃ? なんだこのお店は? 縄バシゴが降りてるぞ?」
 
てな具合に、ちょっと面白いな〜と気になっていたんですよね…。
 
で… 10日に録画してたタモリ倶楽部を見てたら…
 
うわわわ!!!

これ、俺が行ったとこじゃん!!!
 
スゲー衝撃ですよ…w(*゚o゚*)w
 
ごろ寝してて飛び起きたほどですよ…w( ̄▽ ̄;)w
 
なんだ、このミラクル!!
 
放送を見てから行けばよかったな〜。
 
「知らない」ということは恐ろしいものだ…。
 
まぁ、自分が行ったところがテレビに出たっちゅーだけの
 
「チラシの裏にでも書いとけ!」
 
っつー話なんですけどね…(;´∀`)
 
JUGEMテーマ:テレビ全般

四国一周 ローカル路線バス 乗り継ぎ人情ふれあい旅 2011.12.3.OA

  • 2011.12.04 Sunday
  • 19:16
いや〜、今年は3回も放映がありましたね〜!!
 
嬉しいっす!!
 
今回は初の四国上陸… しかも放送第10回というメモリアル。
 
今回のマドンナは遠藤久美子さん。
 
なんだか、久々にテレビで拝見したので、懐かしいやら、大人になったな〜と感心するやら…。
 
もう33歳だそうな…。
 
若い人が来ると、蛭子さんも張り切るような気がするな(笑)
 
太川さんは相変わらず、リーダーとして冷静に分析し、行く先を決めていく…
 
それにしても、10回もやると、「路線バスの旅あるある」みたいなのが出てきますね〜。
 
県境はバスが途切れて、かなりの確立で徒歩になる…とか。
 
で、大体、峠になっていて、死にそうになりながら歩くという…。
 
今回も、序盤で結構苦戦したのが、響いたのかもしれませんね…。
 
最終日、琴平の辺りでサドンデス…
 
急に、バスがないことが確定し、達成失敗…
 
でも、3人とも、スゲー頑張ったと思います…
 
16kmも歩かされて…
 
気候も天候も良好な方だったんですけどね〜。
 
さて…
 
次回はどの路線バスに乗ることやら…。
 
沖縄なんて、まだ行ってないから、どうなんだろうか…。
 
でも、沖縄一周は3泊4日もかからないか…
 

あらびき団が… 終わってしまうなんて…

  • 2011.09.21 Wednesday
  • 00:29
  
あらびき団が終わってしまうなんて…
 
2007年から4年間もよくぞ続けてくれたと思いますが…
 
まさか終わりが来るなんて…
 
唐突すぎるぜ…
 
じゃ、一体、これから、とくこはどこで見ればいいんだよ…
 
みちゃこはどこで見ればいいんだよ…
 
ザコシショウはどこで見ればいいんだよ…
 
リー5世は最近見ないな…
 
失敗王子こと、風船太郎さんはどこで見ればいいんだよ…
 
あまりにも損失が大きい…
 
エンタの神様終わったときよりも、レッドカーペットが終わったときよりも、ショックが大きい…
 
もうネタ見せ番組はNHKしかないやんか…
 
笑・神・降・臨やオンエアバトルでなんて、絶対、しずもさんは出てこないだろうに…
 
ガリガリガリクソンだって、アイヒマンスタンダードだって、メグちゃんだって、くしゃみ屋だって、
 
Vacuumだって、葉月パルだって、安穂野香だって、りなんなんだって、飯田徳孝だって…
 
どんな形でもいいから、後継番組を…
 
セカンドシーズンを…
 
希望します…
 
モヤモヤさまぁ〜ずと、鶴瓶の家族に乾杯と、ブラタモリはずっと続けて欲しい…
 

ローカル路線バス乗り継ぎふれあい旅!! 第9弾 2011.07.30.OA

  • 2011.07.31 Sunday
  • 02:23
やって参りました!
 
この番組!
 
半年に1回ほどのスパンで放送されていますが…
 
ウクレレさん的にはもっと3ヶ月に1回とかやって欲しいのですが…
 
何せ、あまりにも過酷すぎる旅…
 
あまり回数を増やすと、太川さんと蛭子さんに多大な負担をかけてしまいますもんね…
 
毎回ハラハラしながら拝見させて頂いております…
 
今回のマドンナは芳本美代子さん。
 
明るくて元気いっぱいで、この旅にはもってこいの方でしたね〜。
 
それにしても、今回は出雲から鹿児島の枕崎までなんて…
 
電車で行ったって、しんどい距離なのに…
 
今回もありましたね…
 
徒歩での峠越え…。
 
今回もみなさん、頑張ってましたね〜。
 
早くも次回が楽しみです!
 
 

 

【綱島】 出没!アド街ック天国 綱島 【横浜】

  • 2011.04.16 Saturday
  • 22:26
出没!アド街ック天国 綱島
  
「出没!アド街ック天国 綱島」 放映されましたね〜。
 
2011年1月21日(金)放送のタモリ倶楽部といい、こんな短期間に綱島がフィーチャーされるなんて…。
  
タモリ倶楽部とかぶってたネタもありました。
 
まぁ、どっちもハウフルスですからね〜。
 
出没!アド街ック天国 綱島
 
キングチャイナ。
 
A定食(焼肉とオムレツ)、今度試してみたいですね〜。
 
出没!アド街ック天国 綱島
 
ラホールもお弁当博覧会として出てましたね〜。
 
出没!アド街ック天国 綱島
 
タモリ倶楽部でも取り上げてた、温泉井戸、足湯になるとは!
 
来年、楽しみですね〜。
 
出没!アド街ック天国 綱島
 
アッキーナや細田よしひこさんが言ってた綱島公園の坂。
 
確かに結構、勾配のある坂です。
 
アッキーナがちゃりんこを立ちこぎしたそうですね〜(笑)
 
綱島古墳自体はランクインしてなかったのが残念です…。
  
こうしてみると、綱島は結構、お店もバラエティに富んでいるし、なかなかどうしてステキな街ですね。
 
 
 

鬼平犯科帳スペシャル 「一寸の虫」

  • 2011.04.15 Friday
  • 22:56
久々の鬼平犯科帳を見ました…。
 
今回は(も?)切なかったな〜。
 
ほとんどの時代劇がギリギリのところで救われるのに、鬼平はだいたい死んじゃうよね…。
 
足を洗ったはずなのに、ふとした拍子から、また闇の世界に引きずり込まれていく…。
 
相変わらず人間心理を浮き彫りにしております…。
 
あ〜、思い切って腹わって、もう全部相談しちゃえばいいのにな〜っ!!
 
なんて、何度思うことか…。
 
せっかく、大滝の五郎蔵さんが出張って助け舟を出したものの…
  
寺脇さん… 時代劇もいいですね〜。
 
三國連太郎さんもウクレレさんの記憶では、鬼平でははじめてじゃないでしょうか…。
 
ステキなお頭でしたね〜。
 
またレギュラー化して欲しいですね〜。
 
 
 

京都〜出雲 ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 2011.03.26.OA

  • 2011.03.27 Sunday
  • 16:23
 
 「京都〜出雲 ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅」を見ました。
 
春先と秋の年に2回しか放送しない番組なので、いつも待ち遠しいですね〜。
 
それにしても相変わらず、楽しい番組です…。
 
今回は川上麻衣子さんがマドンナ。
 
蛭子能収さんも、相変わらずどんくさいのだが、段々慣れてきて自分の役割をきちんとこなしている。
 
今回も途中で10kmも歩く行程があったので過酷な旅でしたね…。

はじめは「4km歩くのか…まぁ、4kmならなんとか…」と歩き出し、目的地に着くと、バスがなく、
 
再び歩き出しすはめに…。さらに次の目的地に着くと、今度は違うところにバス亭があり、
 
さらに歩くはめに…。 といった具合に精神的にがっくりくるような感じで10kmも歩かされ…。
 
それにしても太川陽介さん、相変わらず素晴らしいリーダーシップの発揮ぶりでしたね〜。
 
前回は目的地まで行きつけなかったので今回は意気込みがすごかった…。
 
この番組のいいところは、見ている人も、ハラハラドキドキといっしょになって見入ってしまう点ですね。
 
普通の旅番組は予定調和で、ハプニングなんてありませんが、この番組は「目的が達成できない」
 
という、テレビ的にありえないことが普通に起きます。
 
また、ローカルバス路線なんて、途中、途中、つながっていないことなんてしょっちゅうあります。
 
そういうときは歩くしかない…。
 
それが1kmや2kmではなく、7km、8km、または10kmなんてこともありえる…。
 
アスリートでもなんでもない、若手芸人でもない、普通のタレントさんに、すごいことを求めるな〜と
 
感心しながら見ています。
 
毎回辛い旅なのに、8回も続いているのは、ひとえに「達成感」だそうです。
 
だから、目的にたどり着けなかったときのへこみ具合はハンパじゃありません…。
 
見ているほうも、なんだかライブ映像を見ているかのように錯覚し、応援したくなります。
 
太川さんも、蛭子さんも、体力が続く限り、頑張って番組を続けて欲しいものです…。
 
 

 

至急帰宅セヨ 白熱帰宅バトル『人レース』

  • 2010.12.29 Wednesday
  • 01:10
 
至急帰宅セヨ 白熱帰宅バトル『人レース』を見ました。
(2010年12月28日放送 23:30 - 1:00 テレビ東京)
 
いや〜斬新。
 
バカリズムさんの仕切りっていうのもいい。
 
海外は初めてという人間をどこだかわからない国に置いてけぼり…。 
 
日本の自宅に早く戻った方が勝ちという…。
 
大西ライオンさんはイタリアのポルドイ峠、アイドルの望月かおりさんはメキシコのホルボッシュ島…。
 
旅の始めは撮影スタッフもいるので、ゆるゆるな観光気分だったのが、段々、しゃれになってない事情に
 
気付き始め…
 
なんだか、男女の本質的な違いが見えたようで興味深かったですね〜。
 
大西さんは、地図を買い、時間や泊まるところなどを考慮しつつ、着実に目的地に向います。
 
望月さんは、いきあたりばったりで、到着時間も確認せず、本能のまま動いていく…
 
しかも、海外で若い女性1人でいるのに知らない男に車に乗せてくれという大胆な行動…
 
ゲストも心配していましたが、いかに海外が始めてとは言え、無防備すぎるだろ…
 
と、思わず、番組に引き込まれました。
 
ウクレレさんも、まんまと番組の作戦にかかりましたね〜。 
 
これはぜひレギュラー化して欲しいですね〜。
 
ただレギュラー化してしまうと、ネタバレするので、出演者にも予備知識ができてしまうというデメリットもあり
  
ますね。それでも、いきなり海外に連れて行かれて置いてけぼりにされたら、十分、サバイバル的な要素を
 
堪能できますが…。ただ、本当に、ヤバイことに巻き込まれて、放送できないということにもなりかねない
 
ですが…。まぁ、その辺のところは十分きをつけているとは思いますけどね。
  
 
 
 

龍馬伝 最終回(第48回) 「龍の魂」

  • 2010.11.28 Sunday
  • 22:24
終わってしまった…
 
龍馬伝と過したこの1年…。
 
物事が始まれば、必ず終わりがやってくる…。
 
分かってはいるが、ついにこのときが来た…。
 
亀治郎さんも良かったわ…。
 
福山さんも亀治郎さんがタマラジ・フリークということで、タマラジファミリーに切られるのは本望と
 
言ってました。
 
殺陣のときの表情は鬼平を連想するような凄みがありましたね…。
 
ちなみに、岩崎弥太郎役の香川照之さんとは従兄同士なんですね〜!
 
さて、最期のシーンですが…
  
表面的には京都見廻組に誅されたということなのですが、結局、龍馬暗殺の黒幕は明確には
 
分からないまま。
 
ウクレレさん的考察によると…
  
要するに武士の怨念の塊というか、旧体制を変革したときに生じた反動のエネルギーみたいなものに
 
殺られた…そんな感じなのかな〜と思いました。
 
中岡慎太郎役の上川隆也さんも完全に憑依してましたね…。
 
演技で涙しているのですが、あの涙は本物なのではなかろうか…と感じ入りました…。
 
ちなみに藤吉役の久保孝真さん(三拍子)は、登場機会が多く、台詞も結構ありましたね〜。
 
弥太郎をねじ伏せてたし(笑)
 
有名な「ほたえなー!」の台詞もありましたね。
 
ところで、京都見廻組が「十津川郷士」と名乗ったとか、名刺を渡してから斬ったとか、
 
色々言われていますが、今回のドラマは「中岡慎太郎の妻です」と女の声で戸を開けさせていましたね…。
 
市中で中岡と近藤の戦いを目撃してた京都見廻組が中岡の後をつけ、龍馬に至ったからだと思うのですが、
 
よく議論される、暗殺目的は龍馬では無く、中岡だったという説も連想されました。
 
真相は誰にもわかりません…。
 
ドラマは多くを語っていませんしね…。
 
後は視聴者の判断におまかせといった感じでしょうか…。
 
まぁ、それでも、一年間、心の支えとなってくれたドラマに感謝したいと思います。
 
 


岡村隆史 フェニックス奇跡生還!!

  • 2010.11.28 Sunday
  • 00:35
昨日のネットニュースで「岡村隆史が仕事再開を報告」を知りました…
 
しかし、数度のガセネタで、実際に本物を見るまでは素直に喜べない…。
 
そして、運命のときが…
 
えがちゃんとの共演と聞かされ、何の疑いもなくロケに臨んだメンバーが見たものは…
 
あの、今年の重大ニュースに必ずなるであろう、チリ鉱山落盤事故での奇跡の救出劇へのオマージュ…
 
さすがめちゃイケ…
 
まさかの演出…。
 
そして、あのフェニックスが登場…。
 
本当に喜んでいいんだな?
 
マジで復活したか!!
 
嬉しいな… 良かったな〜。
 
元気な岡村さんの姿を見ることができ、感無量…。
 
やっぱり、テレビにいなければならない人なんだな…。
 
とにかく、今後は無理をしないで、末永く、頑張って欲しい…。
 
「俺、おととし、2週間も入院したけど、そんとき何にもなかったでぇ…」
 
有野さんのぼやきで現場がなごんでた…。
 
まずは、12月2日のANNが楽しみで仕方がない…。
 
旅猿は楽しみ半分、過酷な旅が多いので、心配でもありますね…。
 
東野さんやディレクターのつっつんの無茶な要求もマイルドな方向でお願いしたいものです…。
 
いずれにせよ、嬉しいニュースでした…。
 
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM