Happyプッチンプリン

  • 2006.11.03 Friday
  • 23:12
すごい逸品に巡り会った…


その名も…


「happyプッチンプリン」


     …。 happyって…。



「幸せってなんだ〜っけ、なんだ〜っけ」と、歌いたくなるようなネーミング…


それが、これだ…!


ワン、


ツー、


スリー、


Happyプッチンプリン


一見、普通のプッチンプリンだが、さにあらず!


平行に見るとよくわかるはず!

Happyプッチンプリン

いかがでしょうか…

かねてから存在した「Bigプッチンプリン」でさえ、内容量176g…

しかし、この「Happyプッチンプリン」は、なんと… 400g!!

やるな…グリコ…



「大佐! あのようなプッチンプリンは

        見たことがありません!」




「食べなければ、どうということはない!」



普通サイズと比べると、もっとよくわかるかも。


Happyプッチンプリン


グリコ乳業のサイトにも記載がないので裏メニューかと思いきや、


期間限定ということで、某大手スーパーで368円。


いや〜テンション上がるわ…


子供の素朴な欲望を満たすにはもってこいのアイテムですな。



「ヤクルトのドラム缶サイズを飲みたい!」とか、「蛇口からジュースが



出てきたらどんなに嬉しいだろう…」
とか、



そういった子供の純粋な煩悩をお手軽に満たしてくれ


ると思いますよ。





JUGEMテーマ:今日のおやつ

カラオケルーム ジャインアン

  • 2006.10.12 Thursday
  • 23:58

カラオケルーム ジャインアン


伊豆の稲取温泉に実際にある看板。


うん?


よ〜く見ると…


カラオケルーム ジャインアン


うわぁぁぁ…


入りたくねぇ〜。


ボェ〜って感じですね…





キャッツ愛

  • 2005.11.28 Monday
  • 00:40
キャッツ愛

キャッツ愛


『CAT'S EYE』 (キャッツアイ) は、週刊少年ジャンプに連載された北条司の漫画作品。1983年にテレビアニメ化、その後、実写版が映画化された。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



近所にあったなんて…知らなかったよ!

今度、行ってみよ!



ひとみさん、いるかな…



JUGEMテーマ:つぶやき。

でかっ…

  • 2005.10.27 Thursday
  • 01:50
でかっ… でかっ…


ハロウィンの季節である…。

しかし、ウクレレさんはクリスマス以上にハロウィンに

関しては何のエピソードも無い。

ハロウィン…?はろうぃん…?

そういう名前のハードロックバンドがいた(いる?)のは

知っているが…。



そもそもウクレレさんの子供の時分には

今ほどハロウィンだなんて騒いでなかった気がするよ…。

言ってみれば、アメリカ人が「なまはげ」をコピーして

「ナマケモノはいないか!(Is not there a sloth?)」と

言って奇声をあげて家々を練り歩いたら、オカシイなぁ…と

思うのですよ。それぞれの国にそれぞれの文化があるので、

ムリに真似しなくともね〜。多分に企業が仕掛けている

イベント(クリスマス然り、バレンタイン然り)にまんまと

のっかっちゃったってところですかね〜。



しかし、でかいかぼちゃだな…。


JUGEMテーマ:びっくり小話

滝で…

  • 2005.10.18 Tuesday
  • 01:56
滝で…


かながわの景勝50選のうちの1つである「洒水(しゃすい)の滝」を見に行くと、


非日常的な光景に出くわした。


滝で…


「滝に打たれる」のはテレビ的にはバラエティー番組のネタなどでたまにみかける

が、彼らはマジメにやっていた。


決して罰ゲームではない様子だった。


しかも、伝統的な行事らしい…。


見たところ、若い人ばかりだ。 しかも、ふんどし。 そして白。

滝で…


さすが、「かながわの景勝50選」だけのことはある眺め。




JUGEMテーマ:ぶらり旅







赤ヘル地蔵

  • 2005.10.15 Saturday
  • 17:18
赤ヘル地蔵

最近出現した赤ヘル地蔵。 現代的なお地蔵さんである。

しかも赤い。

ある民話で「私の顔が赤くなったら、島が沈むであろう…」とお告げして、

イタズラでお地蔵さんの顔を赤く塗ったら、一晩のうちに島が沈んでしまった…

というものがあったたが…

 このお地蔵さんは何を告げようとしているのだろうか。


赤ヘル地蔵

裏に写っているのがバイク屋さんというところに答えがありそうだが…






calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM