【海老名】 吾妻坂(泣き別れの坂) 【中河内】

  • 2010.09.15 Wednesday
  • 17:32
  画像 032.jpg
 
海老名の坂 吾妻坂 です。 有馬小学校の西側に隣接しています。
 
ここは別名「泣き別れの坂」なんて呼ばれているそうで…
 
ハイ、ハイ、ハイ… いいですね〜 そういういわくありげなネーミング…。
 
好物です。
 
なんだか、ネット上にも心霊スポットだなんて出てます…。
 
確証はありませんが…。
 
おそらく、坂の中腹にいわくありげなお地蔵様の雰囲気も影響してるんじゃなかろうか…。
 
画像 033.jpg
 
このお地蔵様にもいくつかの言い伝えが残されています。
 

 
村人が飢えに耐え切れず、畑のいもを盗もうとしたところ、村人を諭したとか…。
 
画像 034.jpg
 
吾妻の名前はこの辺一帯の山号からきているそうです。
 
画像 035.jpg
 
罪人と家族が離れ離れになるのになき別れた坂だそうで…。
 
悲しい歴史があったのは本当のようですね…。
 
心霊云々はわかりませんが…。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 
 
 

【海老名】 かぶき場の坂 【杉久保】

  • 2010.09.15 Wednesday
  • 17:12
 
画像 030.jpg
 
海老名の坂 かぶき場の坂です。
 
農大(かながわ農業アカデミー)の校舎に隣接ししています。
 
由来は「かぶく」=傾く から来ているそうで、「土地が大きく傾斜している耕作地へ上る坂」という
 
意味だそうです。
 
画像 031.jpg
 
辺りは静かな耕作地が広がり、のどかな場所でした。
 
 
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 
 
 

 

【海老名】 驢庵(ろあん)坂 【杉久保】

  • 2010.09.14 Tuesday
  • 23:25
画像 016.jpg
 
海老名のなんじゃもんじゃの木を左手に見ながら、徒歩で300mほど行きます。
 
ちょっと車は入れません。
 
画像 017.jpg
 
振り返ると、やっぱり車は入れない感じがわかります。
 
しばらくすると、森の中に入ります。
 
画像 027.jpg
 
坂上からの写真です。
 
この森を抜けると…
 
画像 019.jpg
 
立て札に出会います。
 
ここは森を切って何かを始めようとしているようですね…。
 
画像 024.jpg 
振り返ると… 坂下からの写真です。
  
画像 021.jpg
 
なんじゃもんじゃの木からこの辺一帯が半井驢庵(なからい・ろあん)
 
下屋敷があったそうで、それが名前の由来だそうです。
 
この「驢庵さん」は江戸時代、三代将軍家光の御殿医だそうで、この辺にいくつかの伝承が
 
残されています。
 
武士に化けた狐を、それと知りながら診療した話とか…
 
歴史的にも結構、有名な人のようですね。
 
長い時代にまたがって登場しているので何代も名前が受け継がれているようです。
 
こういうの好きですね〜。
 
今は単なる坂なのに、そこから話がどんどんふくらんでいきます…。
 
坂探訪の醍醐味です…。
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅
  

 

【海老名】 井戸坂 【上今泉】

  • 2010.06.06 Sunday
  • 15:15
画像 060.jpg
 
海老名の井戸坂に来ました。
 
ここも今泉館にまつわる伝承があります。
 
画像 059.jpg
 
文字がかすれて読みにくいですが…
 
説明文によると、坂下に茶の湯の水を汲む井戸があったそうな。
 
画像 063.jpg
 
坂下は相模線が走っています。
 
画像 062.jpg
 
単線マニアにはたまりませんね。
 
画像 056.jpg
 
線路に平行して水路が勢いよく流れています。
 
画像 055.jpg
 
そろそ田植えですね〜。
 
 
 

JUGEMテーマ:ぶらり旅

【海老名】 かいな坂 【上今泉】

  • 2010.06.05 Saturday
  • 22:52
画像 067.jpg
 
海老名のかいな坂に来ました。
 
ここも伝説の坂です…。
 
今は車も通れない上星小学校へぬける坂となっています。
  
画像 068.jpg
 
室町時代、一色伊予守六郎の妻の護王姫にまつわる言い伝えが残ります。
 
幕府の追っ手に追われ、上今泉館から逃げた護王姫がこのあたりで捕まり、供のものがことごとく
 
討たれたので「守る甲斐がなかった」ことからかいがない坂、「かいな坂」となったそうな…。
 
今では、小学校の通学路で子どもたちの元気な声が響きます。
 
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅

【座間】 おしな坂 【入谷】

  • 2010.06.04 Friday
  • 15:37
画像 049.jpg
 
久々の「坂」レポ。
 
秋葉山古墳群に行った折に近くにいくつかの石碑のある坂を発見しました。
 
このおしな坂は「石名坂」ともいい、地元では「おしな」さんという娘さんが相模川の氾濫の
 
人柱になった伝説にちなんでつけられた坂名だと言われています。
 
この辺りには、他にも「お松」さんの人柱伝説などもあり、類似の伝説があります。
 
画像 050.jpg
 
現在は、樹木の生い茂る静かな坂道です。
 
ここらは夜は真っ暗でしょうね〜。
 
なんか出てきそうです…。
 
 
JUGEMテーマ:ぶらり旅

【厚木】小谷戸坂【上古沢】

  • 2009.09.27 Sunday
  • 15:10
小谷戸坂

小谷戸坂( こ や と ざか)  厚木市上古沢787-2

「昭和(しょうわ)40年代(ねんだい)前半、農免道路(のうめんどうろ)が開通(かいつう)するまでの長期間(ちょうきかん)、上古沢(かみふるさわ)とを結(むす)ぶ重要(じゅうよう)な道路(どうろ)(坂道(さかみち))だった。」

とあります。

小谷戸坂

広くて走りやすいですが、それほど車の通りが多くない坂です。

小谷戸坂


かつては重要な通りだったようです。



JUGEMテーマ:おでかけ・散歩


【大和】銀行坂

  • 2009.07.10 Friday
  • 00:55
銀行坂

銀行坂。

なんだか、景気がいい坂ですね〜。

銀行坂

明治時代に養蚕がさかんだったという時代背景の中で、

「瀬谷銀行」 が設立されたそうです。

その瀬谷銀行が中心となって道や橋が整備されたので「銀行坂」と

命名されました。

銀行坂

銀行坂

この「銀行坂」を下り、境川にかかる橋も当時は「銀行橋」と

呼ばれていたそうです。(現在は中島橋。)

その橋を渡った先に、「瀬谷銀行跡」があります。

銀行坂

銀行坂

瀬谷銀行はやがて鎌倉銀行に合併され、

最終的には「横浜銀行」に合併されました。


…ということは…

そのDNAは現在も受け継がれていたんですね〜。



JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

【座間】どんぶり坂

  • 2008.11.22 Saturday
  • 15:31
どんぶり坂

全国各地にいろいろな名前や由来のある「坂」があります。

坂道を専門にフィーチャーしているサイトもあるほどです。

そんなことで、今回は地図を見ていてふと目にとまったのがこの坂…


「どんぶり坂」


です。


「どんぶり」って…


もうたまらなく見に行きたくなり、現地調査を敢行。


どんぶり坂
 
行ってみると、この辺りがくぼ地のようになっており、

鍋底のような地形。

ということで、「どんぶり」のような地形であることから命名されたようです。

【座間】どんぶり坂

石碑に彫ってある説明書きを読むと、


「這うようにしなければ登れないような坂」


だったそうで…


スゲーな…


それじゃ、坂っていうか、壁じゃんか…

【座間】どんぶり坂

この写真の方が坂のあらましがわかるかもしれません。


ここは神奈川県座間市なのですが、座間市には他にも名前のついた坂が

多数あります。

なんでそういう名前なのかを調べると結構楽しいです。

「へぇ〜」と思わず納得するものから、「なんでやねん!」と

突っ込みたくなるものまで…



 

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 

【横浜市中区】ハロー坂

  • 2006.09.06 Wednesday
  • 23:00
ハロー坂


ハロー坂…


なんてピースフルな名前なんだろうか…


来るものすべてを受け入れてくれそうな、人なつっこそうな名前…


地図上で見つけた途端に行かずにはいられなくなった。


現場に着くと…


ハロー坂



ゆるっ!

ハロー坂



そして、



みじかっ!


こんなんで「坂」の名前を冠することができるなら、ウチの裏通りも


命名したっていいぢゃないか!と思うほどの坂だ…


しかもなんで「ハロー」なんて陽気な名前が付いたんだ?


つーか、「haro」はローマ字でしょ…


「hello」でしょ…正しくは…


中1の英語でこれやったら、確実に×でしょ…


それとも、ガンダムの「ハロー」から取ってるのか?実は。


んなわけねーしな…


誰か教えてください。




JUGEMテーマ:散歩

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM