「ゲシャゲイシャ」ってナンダヨ…

「ゲシャゲイシャ」ってナンダヨ…

 

ローソンで… 「ゲシャゲイシャ」ってナンダヨ…

 

ゲシャゲイシャ

  

優美な酸味と香り。 300円。 フツーのブレンドよりも倍ぐらい高い。

 

ゲシャゲイシャ

 

ゲシャゲイシャを買ってみた。

 

ゲシャゲイシャ

 
世界中の産地から厳選したシングルオリジナルシリーズ 第6弾

なわけだ。

 

2004年当時、パナマの国際品評会にて史上最高価格で落札された

ゲイシャ種。その起源はエチオピア西部・ゲシャ村。豊かな自然に育まれた

完熟豆だけを使い、特別な一杯に仕上げました。

 

IMG_7792.jpg

 
ほのかな香りにフルーティーな酸味とコク

生産地 エチオピア ゲシャ村

グレード GRADE-2

加工方式 水洗式

焙煎 バイロースト

 

確かに酸味がはっきりとしたテイスト。

でも… 個人的にはフツーのブレンドの方が好きだな…。

 

JUGEMテーマ:コンビニ


YOSHINORI ASAMI ドーナツショコラ/Toshi Yoroizuka エクアドルキュイ(フランボワーズ)

YOSHINORI ASAMI ドーナツショコラ

 

YOSHINORI ASAMI ドーナツショコラ
製造者:株式会社YOSHINORI ASAMI(東京都豊島区巣鴨3-23-3 ハウス桃李)
浅見 欣則氏/元「パティスリー キュブレー」シェフ・パティシエ
2013年にフランスから凱旋帰国し日本を拠点に活動。
権威ある国際大会での優勝経験、M.O.F.グラシエ部門日本人初のファイナリスト
としても知られている。(サロン・デュ・ショコラ日本公式サイトHPより引用)

 

Toshi Yoroizuka エクアドルキュイ(フランボワーズ)

 

Toshi Yoroizuka エクアドルキュイ(フランボワーズ)
製造者:株式会社1016(埼玉県八潮市緑町2-2-1)
販売者:Toshi Yoroizuka 株式会社サンセリーテ(東京都杉並区上高井戸1-8-3)

鎧塚俊彦さんのサイン入りです!

 

YOSHINORI ASAMI ドーナツショコラ/Toshi Yoroizuka エクアドルキュイ(フランボワーズ)

 

ご近所様が国際フォーラムで開催された「サロン・デュ・ショコラ」に

行って買ってきてくれました!

 

どちらも美味しかった! ありがとうございます…

 

YOSHINORI ASAMI ドーナツショコラ/Toshi Yoroizuka エクアドルキュイ(フランボワーズ)

  

深いコクがあって、大人の味…

 

シアワセだな…

 

JUGEMテーマ:チョコレート


横浜中華街 青海星(チンハイシン) 海老そば 炒飯 点心

横浜中華街 青海星(チンハイシン)

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)に来ました。

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)

 

1階は満杯で2階に通されました。

この日は雨降りでしたが、中華街は人でいっぱい。

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)のラーメン

 

同行人はラーメンをオーダー。

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)の海老そば

 

ウクレレさんは海老そば。

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)の海老そば

 

プリップリ大きな海老がいっぱい入ってるし、麺も美味しいし。

やっぱり中華街に来てよかった!

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)の海老そば

 

半ライスに海老をオンザライス!

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)の点心

 

点心もついてます!

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)の炒飯

 

こちらは、ラーメンセットについてた炒飯。

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)のザーサイ

 

ザーサイもついてます!

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)の杏仁豆腐

 

デザートは杏仁豆腐。

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)

 

青い海の星と書いて、「チンハイシン」なんて…

なんて夢のある店名なんだろうか…

 

美味しい上に安い! また来よう!

 

 

横浜中華街 青海星(チンハイシン)

神奈川県横浜市中区山下町190-1

 

JUGEMテーマ:横浜


血液検査の結果(2017年1月18日)

2016年12月20日に行った血液検査結果が出ました。

 

 ■ 尿素窒素→腎機能の検査

 

2011年10月15日(体重90kg)の尿素窒素 15mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の尿素窒素 13mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の尿素窒素 12mg/dL
(基準値は男性8〜22mg/dL)
※今回無し。


■ クレアチニン→腎機能の検査

 

2011年10月15日(体重90kg)のクレアチニン 0.80mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)のクレアチニン 0.68mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)のクレアチニン 0.71mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)のクレアチニン 0.74mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)のクレアチニン 0.67mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)のクレアチニン 0.69mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)のクレアチニン 0.67mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)のクレアチニン 0.64mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)のクレアチニン 0.61mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)のクレアチニン 0.64mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)のクレアチニン 0.70mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)のクレアチニン 0.76mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)のクレアチニン 0.73mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)のクレアチニン 0.65mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)のクレアチニン 0.73mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)のクレアチニン 0.74mg/dL
(基準値は男性0.61〜1.04mg/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)のクレアチニン 0.70mg/dL
(基準値は男性0.61〜1.04mg/dL)

 

基準値です。


■ 尿酸→まぁ〜通風のあれですね…

 

2011年10月15日(体重90kg)の尿酸 8.4mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)の尿酸 6.9mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)の尿酸 6.3mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)の尿酸 5.6mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)の尿酸 4.7mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)の尿酸 5.8mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)の尿酸 6.5mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)の尿酸 4.7mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)の尿酸 4.5mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の尿酸 5.6mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の尿酸 4.4mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)の尿酸 5.8mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)の尿酸 6.6mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)の尿酸 5.7mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)の尿酸 5.7mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)の尿酸 6.5mg/dL
(基準値は男性3.7〜7.0mg/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)の尿酸 5.4mg/dL
(基準値は男性3.7〜7.0mg/dL)

前回より下がった。 基準値内。薬が効いてるのかな。
「ガッテン」で牛乳を飲むといいって言ってたな(笑)

 

■ LDLコレステロール→いわゆる悪玉コレステロール

 

2011年10月15日(体重90kg)のLDLコレステロール 194mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)のLDLコレステロール 48mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)のLDLコレステロール 83mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)のLDLコレステロール 94mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)のLDLコレステロール 115mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)のLDLコレステロール 124mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)のLDLコレステロール 103mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)のLDLコレステロール 102mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)のLDLコレステロール 99mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)のLDLコレステロール 105mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)のLDLコレステロール 140mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)のLDLコレステロール 109mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)のLDLコレステロール 154mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)のLDLコレステロール 150mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)のLDLコレステロール 91mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)のLDLコレステロール 88mg/dL
(基準値は男性70〜139g/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)のLDLコレステロール 80mg/dL
(基準値は男性70〜139g/dL)

ちょっと減った。
1粒で2度美味しい的な薬、
ガデュエット配合錠3番(アムロジピン・アトルバスタチン)が
効いてるね。
降圧効果とコレステロールを下げる効果のある薬だそうです。

 

■ HDLコレステロール→善玉コレステロール


2011年10月15日(体重90kg)のHDLコレステロール 47mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)のHDLコレステロール 45mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)のHDLコレステロール 53mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)のHDLコレステロール 58mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)のHDLコレステロール 69mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)のHDLコレステロール 71mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)のHDLコレステロール 68mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)のHDLコレステロール 62mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)のHDLコレステロール 73mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)のHDLコレステロール 60mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)のHDLコレステロール 66mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)のHDLコレステロール 58mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)のHDLコレステロール 53mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)のHDLコレステロール 59mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)のHDLコレステロール 61mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)のHDLコレステロール 48mg/dL
(基準値は男性40〜86g/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)のHDLコレステロール 46mg/dL
(基準値は男性40〜86g/dL)


ちょっと減った。

 

■ 中性脂肪

 

2011年10月15日(体重90kg)の中性脂肪 264mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)の中性脂肪 85mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)の中性脂肪 99mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)の中性脂肪 113mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)の中性脂肪 68mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)の中性脂肪 73mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)の中性脂肪 47mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)の中性脂肪 99mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)の中性脂肪 57mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の中性脂肪 100mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の中性脂肪 90mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)の中性脂肪 124mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)の中性脂肪 67mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)の中性脂肪 80mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)の中性脂肪 84mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)の中性脂肪 94mg/dL
(基準値は男性35〜149g/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)の中性脂肪 205mg/dL
(基準値は男性35〜149g/dL)

 

やべぇぇぇぇ〜!!!!!
 

ついに出た! 200越え!!

 

マジで体重増加の影響がモロに出たな…。
今年は相当しめていかないと、あんときに逆戻りダヨ…。
あんときの猪木…。冗談言ってる場合じゃないわ…。

それと言い訳すると、前日の夜、遅い時間(23時ごろ)に
食べたからかもね…。全くの空腹ではなかったから。

 

■ AST(GOT)→肝臓の検査

 

2011年10月15日(体重90kg)のAST(GOT) 39U/L

2011年12月27日(体重80kg)のAST(GOT) 25U/L

2012年2月21日(体重70kg)のAST(GOT) 17U/L

2012年7月11日(体重65.3kg)のAST(GOT) 16U/L

2012年12月1日(体重64.3kg)のAST(GOT) 13U/L

2013年2月12日(体重62.7kg)のAST(GOT) 15U/L

2013年3月11日(体重64.2kg)のAST(GOT) 16U/L

2013年6月21日(体重66.4kg)のAST(GOT) 20U/L

2013年9月13日(体重68.2kg)のAST(GOT) 15U/L

2014年2月4日(体重70.4kg)のAST(GOT) 15U/L

2014年10月20日(体重73.2kg)のAST(GOT) 24U/L

2015年2月9日(体重76.1kg)のAST(GOT) 16U/L

2015年8月7日(体重76.6kg)のAST(GOT) 14U/L

2015年11月2日(体重78.0kg)のAST(GOT) 19U/L

2016年2月5日(体重77.6kg)のAST(GOT) 18U/L

2016年6月13日(体重78.4kg)のAST(GOT) 15U/L
(基準値は男性10〜40U/L)

2016年12月20日(体重81.9kg)のAST(GOT) 17U/L
(基準値は男性10〜40U/L)


■ ALT(GPT)→肝臓の検査

 

2011年10月15日(体重90kg)のALT(GPT) 59U/L

2011年12月27日(体重80kg)のALT(GPT) 31U/L

2012年2月21日(体重70kg)のALT(GPT) 17U/L

2012年7月11日(体重65.3kg)のALT(GPT) 15U/L

2012年12月1日(体重64.3kg)のALT(GPT) 12U/L

2013年2月12日(体重62.7kg)のALT(GPT) 12U/L

2013年3月11日(体重64.2kg)のALT(GPT) 22U/L

2013年6月21日(体重66.4kg)のALT(GPT) 22U/L

2013年9月13日(体重68.2kg)のALT(GPT) 12U/L

2014年2月4日(体重70.4kg)のALT(GPT) 11U/L

2014年10月20日(体重73.2kg)のALT(GPT) 11U/L

2015年2月9日(体重76.1kg)のALT(GPT) 15U/L

2015年8月7日(体重76.6kg)のALT(GPT) 11U/L

2015年11月2日(体重78.0kg)のALT(GPT) 16U/L

2016年2月5日(体重77.6kg)のALT(GPT) 19U/L

2016年6月13日(体重78.4kg)のALT(GPT) 15U/L
(基準値は男性5〜45U/L)

2016年12月20日(体重81.9kg)のALT(GPT) 18U/L
(基準値は男性5〜45U/L)


■ γ-GT(γ-GTP) こちらも肝臓の数値。

 

2011年10月15日(体重90kg)のγ-GT 54U/L

2011年12月27日(体重80kg)のγ-GT 23U/L

2012年2月21日(体重70kg)のγ-GT 17U/L

2012年7月11日(体重65.3kg)のγ-GT 15U/L

2012年12月1日(体重64.3kg)のγ-GT 24U/L

2013年2月12日(体重62.7kg)のγ-GT 22U/L

2013年3月11日(体重64.2kg)のγ-GT 30U/L

2013年6月21日(体重66.4kg)のγ-GT 46U/L

2013年9月13日(体重68.2kg)のγ-GT 24U/L

2014年2月4日(体重70.4kg)のγ-GT 19U/L

2014年10月20日(体重73.2kg)のγ-GT 21U/L

2015年2月9日(体重76.1kg)のγ-GT 18U/L

2015年8月7日(体重76.6kg)のγ-GT 19U/L

2015年11月2日(体重78.0kg)のγ-GT 20U/L

2016年2月5日(体重77.6kg)のγ-GT 21U/L

2016年6月13日(体重78.4kg)のγ-GT 18U/L
(基準値は男性75以下)

2016年12月20日(体重81.9kg)のγ-GT 22U/L
(基準値は男性75以下)

 

■ CK(クレアチン・キナーゼ)


→神経や筋疾患、心疾患を疑うときや、
その経過観察として計測する項目

2013年6月21日(体重66.4kg)のCK 75U/L

2016年2月5日(体重77.6kg)のCK 97U/L

2016年6月13日(体重78.4kg)のCK 84U/L
(基準値は50〜250)

2016年12月20日(体重81.9kg)のCK 83U/L
(基準値は50〜250)

コレステロール値をさげる薬を処方したので、
副作用が出てないかのチェックだそうで、
副作用は出てなかったそうです。

 

■ 電解質成分(Fe)

 

2012年2月21日(体重70kg)のFe 85μg/dl

2012年7月11日(体重65.3kg)のFe 62μg/dl

2012年12月1日(体重64.3kg)のFe 62μg/dl

2013年2月12日(体重62.7kg)のFe 62μg/dl

2013年3月11日(体重64.2kg)のFe 68μg/dl

2013年9月13日(体重68.2kg)のFe 52μg/dl

2015年2月9日(体重76.1kg)のFe 88μg/dl
(基準値は45〜200)

※今回無し。

 

■ 血糖


2012年12月1日(体重64.3kg)の血糖 88mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)の血糖 85mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)の血糖 76mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)の血糖 86mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)の血糖 125mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の血糖 91mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の血糖 91mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)の血糖 98mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)の血糖 78mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)の血糖 87mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)の血糖 90mg/dL

2016年6月14日(体重78.4kg)の血糖 97mg/dL
(基準値は空腹時70〜109)

2016年12月20日(体重81.9kg)の血糖 107mg/dL
(基準値は空腹時70〜109)

今回も基準値。だが…数値は上がってるね…。
前日の夜、遅い時間(23時ごろ)に食べたからかもね…。
全くの空腹ではなかったから。
 

■ HbA1c(NGSP) 糖尿病に関する数値

「HbA1c」は血液検査をすると、その日から1〜2ヶ月前の
血糖の状態を推定できることになります。
正常値は、4.3〜5.8%で、6.1%以上であればほぼ糖尿病型と
判断して良いことになっています。

 
2012年12月1日(体重64.3kg)のHbA1c(NGSP) 4.9%

2013年3月11日(体重64.2kg)のHbA1c(NGSP) 5.0%

2013年6月21日(体重66.4kg)のHbA1c(NGSP) 5.0%

2013年9月13日(体重68.2kg)のHbA1c(NGSP) 5.2%

2014年2月4日(体重70.4kg)のHbA1c(NGSP) 5.1%

2014年10月20日(体重73.2kg)のHbA1c(NGSP) 4.9%

2015年2月9日(体重76.1kg)のHbA1c(NGSP) 4.9%

2015年8月7日(体重76.6kg)のHbA1c(NGSP) 5.1%

2015年11月2日(体重78.0kg)のHbA1c(NGSP) 5.4%

2016年2月5日(体重77.6kg)のHbA1c(NGSP) 5.1%

2016年6月13日(体重78.4kg)のHbA1c(NGSP) 5.3%
(基準値は4.6〜6.2)

2016年12月20日(体重81.9kg)のHbA1c(NGSP) 5.1%
(基準値は4.6〜6.2)

ほぼ変化なし。基準値内でした。
 

 

■ HbA1c(JDS) 糖尿病に関する数値


2012年7月11日(体重65.3kg)のHbA1c(JDS) 4.6%

2012年12月1日(体重64.3kg)のHbA1c(JDS) 4.6%

2013年3月11日(体重64.2kg)のHbA1c(JDS) 4.7%
(基準値 4.3〜5.8)

※今回無し。

 

■ フェリチン→鉄貯蔵・鉄代謝の指標


2012年7月11日(体重65.3kg)のフェリチン 104ng/mL

2012年12月1日(体重64.3kg)のフェリチン 80ng/mL

2013年9月13日(体重68.2kg)のフェリチン 53ng/mL

2015年2月9日(体重76.1kg)のフェリチン 57ng/mL
(基準値 13〜277)

※今回無し。

 

■ 白血球数

 

2011年12月27日(体重80kg)の白血球数 5200μL

2012年2月21日(体重70kg)の白血球数 4700μL

2012年7月11日(体重65.3kg)の白血球数 3800μL

2012年12月1日(体重64.3kg)の白血球数 6400μL

2013年2月12日(体重62.7kg)の白血球数 6400μL

2013年3月11日(体重64.2kg)の白血球数 5100μL

2013年9月13日(体重68.2kg)の白血球数 8200μL

2014年2月4日(体重70.4kg)の白血球数 5400μL

2014年10月20日(体重73.2kg)の白血球数 6900μL

2015年2月9日(体重76.1kg)の白血球数 6100μL

2016年2月5日(体重77.6kg)の白血球数 6600μL

2016年6月13日(体重78.4kg)の白血球数 6900μL
(基準値は3900〜9800)

2016年12月20日(体重81.9kg)の白血球数 5800μL
(基準値は3900〜9800)

ちょっと減ったな…。


■ 赤血球数

 

2011年12月27日(体重80kg)の赤血球数 429万/μL

2012年2月21日(体重70kg)の赤血球数 415万/μL

2012年7月11日(体重65.3kg)の赤血球数 402万/μL

2012年12月1日(体重64.3kg)の赤血球数 461万/μL

2013年2月12日(体重62.7kg)の赤血球数 461万/μL

2013年3月11日(体重64.2kg)の赤血球数 418万/μL

2013年9月13日(体重68.2kg)の赤血球数 446万/μL

2014年2月4日(体重70.4kg)の赤血球数 457万/μL

2014年10月20日(体重73.2kg)の赤血球数 476万/μL

2015年2月9日(体重76.1kg)の赤血球数 464万/μL

2016年2月5日(体重77.6kg)の赤血球数 486万/μL

2016年6月13日(体重78.4kg)の赤血球数 442万/μL
(基準値は427〜570)

2016年12月20日(体重81.9kg)の赤血球数 480万/μL
(基準値は427〜570)

 

■ 血色素量

 

2011年12月27日(体重80kg)の血色素量 12.8g/dL

2012年2月21日(体重70kg)の血色素量 12.8g/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)の血色素量 12.3g/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)の血色素量 13.9g/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)の血色素量 13.5g/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)の血色素量 12.6g/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)の血色素量 13.1g/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の血色素量 13.8g/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の血色素量 14.5g/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)の血色素量 13.7g/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)の血色素量 14.4g/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)の血色素量 13.2g/dL
(基準値は男性13.5〜17.6)

2016年12月20日(体重81.9kg)の血色素量 14.2g/dL
(基準値は男性13.5〜17.6)

基準値に戻った。良かった。

 

■ ヘマトクリット値
血液中に占める血球の体積の割合を示す数値。
 

2011年12月27日(体重80kg)のヘマトクリット値 38.8%

2012年2月21日(体重70kg)のヘマトクリット値 38.2%

2012年7月11日(体重65.3kg)のヘマトクリット値 37.4%

2012年12月1日(体重64.3kg)のヘマトクリット値 41.3%

2013年2月12日(体重62.7kg)のヘマトクリット値 41.5%

2013年3月11日(体重64.2kg)のヘマトクリット値 38.5%

2013年9月13日(体重68.2kg)のヘマトクリット値 40.9%

2014年2月4日(体重70.4kg)のヘマトクリット値 40.8%

2014年10月20日(体重73.2kg)のヘマトクリット値 43.3%

2015年2月9日(体重76.1kg)のヘマトクリット値 41.6%

2016年2月5日(体重77.6kg)のヘマトクリット値 44.4%

2016年6月13日(体重78.4kg)のヘマトクリット値 40.3%
(基準値は男性39.8〜51.8)

2016年12月20日(体重81.9kg)のヘマトクリット値 44.3%
(基準値は男性39.8〜51.8)

 

■ MCV(平均赤血球容積)

 

2011年12月27日(体重80kg)のMCV 90fl

2012年2月21日(体重70kg)のMCV 92fl

2012年7月11日(体重65.3kg)のMCV 93fl

2012年12月1日(体重64.3kg)のMCV 90fl

2013年2月12日(体重62.7kg)のMCV 90fl

2013年3月11日(体重64.2kg)のMCV 92fl

2013年9月13日(体重68.2kg)のMCV 92fl

2014年2月4日(体重70.4kg)のMCV 89fl

2014年10月20日(体重73.2kg)のMCV 91fl

2015年2月9日(体重76.1kg)のMCV 90fl

2016年2月5日(体重77.6kg)のMCV 91fl

2016年6月13日(体重78.4kg)のMCV 91fl
(基準値は男性83〜102)

2016年12月20日(体重81.9kg)のMCV 92fl
(基準値は男性83〜102)

 

■ MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)

 

2011年12月27日(体重80kg)のMCH 29.8pg

2012年2月21日(体重70kg)のMCH 30.8pg

2012年7月11日(体重65.3kg)のMCH 30.6pg

2012年12月1日(体重64.3kg)のMCH 30.2pg

2013年2月12日(体重62.7kg)のMCH 29.3pg

2013年3月11日(体重64.2kg)のMCH 30.1pg

2013年9月13日(体重68.2kg)のMCH 29.4pg

2014年2月4日(体重70.4kg)のMCH 30.2pg

2014年10月20日(体重73.2kg)のMCH 30.5pg

2015年2月9日(体重76.1kg)のMCH 32.9pg

2016年2月5日(体重77.6kg)のMCH 29.6pg

2016年6月13日(体重78.4kg)のMCH 29.9pg
(基準値は男性28.0〜34.6)

2016年12月20日(体重81.9kg)のMCH 29.6pg
(基準値は男性28.0〜34.6)

 

■ MCHC(平均赤血球血色素濃度)

 

2011年12月27日(体重80kg)のMCHC 33.0%

2012年2月21日(体重70kg)のMCHC 33.5%

2012年7月11日(体重65.3kg)のMCHC 32.9%

2012年12月1日(体重64.3kg)のMCHC 33.7%

2013年2月12日(体重62.7kg)のMCHC 32.5%

2013年3月11日(体重64.2kg)のMCHC 32.7%

2013年9月13日(体重68.2kg)のMCHC 32.0%

2014年2月4日(体重70.4kg)のMCHC 33.8%

2014年10月20日(体重73.2kg)のMCHC 33.5%

2015年2月9日(体重76.1kg)のMCHC 32.9%

2016年2月5日(体重77.6kg)のMCHC 32.4%

2016年6月13日(体重78.4kg)のMCHC 32.8%
(基準値は男性31.6〜36.6)

2016年12月20日(体重81.9kg)のMCHC 32.1%
(基準値は男性31.6〜36.6)


■ 血小板数

2011年12月27日(体重80kg)の血小板数 20.4万個/μl

2012年2月21日(体重70kg)の血小板数 21.0万個/μl

2012年7月11日(体重65.3kg)の血小板数 16.4万個/μl

2012年12月1日(体重64.3kg)の血小板数 20.8万個/μl

2013年2月12日(体重62.7kg)の血小板数 20.8万個/μl

2013年3月11日(体重64.2kg)の血小板数 20.0万個/μl

2013年9月13日(体重68.2kg)の血小板数 19.0万個/μl

2014年2月4日(体重70.4kg)の血小板数 16.6万個/μl

2014年10月20日(体重73.2kg)の血小板数 19.4万個/μl

2015年2月9日(体重76.1kg)の血小板数 19.5万個/μl

2016年2月5日(体重77.6kg)の血小板数 18.7万個/μl

2016年6月13日(体重78.4kg)の血小板数 18.4万個/μl
(基準値は男性13.0〜36.9)

2016年12月20日(体重81.9kg)の血小板数 16.6万個/μl
(基準値は男性13.0〜36.9)

 

中性脂肪以外は全て基準値内…。

とにかく、体重増加の流れを防がねば…

体重を減らしていくことがもはや「治療」だと思って、

ダイエットに取り組んでいきたい…。

あんときの「悪夢」はもう嫌だ…

 

JUGEMテーマ:健康


ふるさと祭り東京2017

ふるさと祭り東京

 

ふるさと祭り東京に来ました。 @東京ドーム

 

ふるさと祭り東京2017

 

圧倒的な規模! こんな祭典があったとは知らなんだ… orz

 

ふるさと祭り東京2017

 

ところせましと各地の名産が!

 

青森県八戸市八戸三社大祭のディスプレイがどど〜んと。

 

青森県八戸市八戸三社大祭のディスプレイがどど〜んと。

 

ふるさと祭り東京

 

まずはどんぶり選手権エリアに行きまして、どんぶりチケットを購入!

 

三河一色産鰻まぶし丼(愛知県)

 

お目当ては…

三河一色産鰻まぶし丼(愛知県)

 

志布志発 かごしま黒豚三昧(鹿児島県)

 

志布志発 かごしま黒豚三昧(鹿児島県)

 

八戸銀サバトロづけ丼(青森県)

 

八戸銀サバトロづけ丼(青森県)

 

IMG_6920.jpg

 

早速、3つのお目当てのどんぶりをゲット!!

 

三河一色産鰻まぶし丼(愛知県)

 

まずは、三河一色産鰻まぶし丼(愛知県)
うなぎが香ばしくて美味しかった。

 

志布志発 かごしま黒豚三昧(鹿児島県)

 

志布志発 かごしま黒豚三昧(鹿児島県)
やっぱこれが一番インパクトあったかな〜。もちろん美味しかった。
お肉がやらかい。

 

八戸銀サバトロづけ丼(青森県)

 

八戸銀サバトロづけ丼(青森県)
これも、なかなか。 「トロ」っていうだけあって、口の中でとろけました…。

 

群馬県の名産、「ひもかわうどん」で有名な花山うどん。

 

つぎに…
群馬県の名産、「ひもかわうどん」で有名な花山うどん。

 

群馬県の名産、「ひもかわうどん」で有名な花山うどん。

 

鬼ひもかわ
お箸あげ写真を撮り忘れた…

 

群馬県の名産、「ひもかわうどん」で有名な花山うどん。

 

仕方がないので、お店の看板写真を参考に。
まさに、「ひもかわ」。変わり種うどんです。

 

こちらは米沢牛の串焼き。

 

こちらは米沢牛の串焼き。

 

午後に入り、お客さんもあふれんばかり!

 

午後に入り、お客さんもあふれんばかり!

 

話題の「すなば珈琲」 鳥取県。

 

話題の「すなば珈琲」 鳥取県。
鳥取県・平井伸治知事が「鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある」
と発言したことでTVでも取り上げられてた。
我々関東人が飲む機会はないので、これ幸いとばかりに2杯も頂きました。
とても美味しかった。

 

「South&North」のお豆腐ジェラート。

 

沖縄エリアで「South&North」のお豆腐ジェラート。
ちゃんと豆腐の風味がして、甘さ控えめで美味しかった!
お店の所在地:沖縄県那覇市銘苅3-13-26
伝統製法を引き継いで作られた島豆腐。
牛乳と豆腐のバランスを重視してヘルシーな一品に仕上げました。
お口の中で大豆の味が広がります。
「South&North」のHPより引用

 

たっこにんにくのお店の前では「たっこ王子」がパフォーマンス。

 

たっこにんにくのお店の前では「たっこ王子」がパフォーマンス。
青森の最南端に位置し、豊かな自然に囲まれた田子町(たっこまち)の
にんにくです。

 

札幌市にあるソフトクリーム北氷菓(きたのひょうか)の「悪魔ソフト」。

 

札幌市にあるソフトクリーム北氷菓(きたのひょうか)の「悪魔ソフト」。
見た目は真っ黒ですが、テイストはチョコフレーバー。
相当めぐり歩いたので、ほぼ見て回ったと思いますが、とても一日では
回りきれない規模で、そんなさなか、お祭りのサウンドが鳴り響き、
雰囲気が素晴らしいイベントでした!

 

桔梗信玄餅揚げパン

 

おみやげ…
桔梗信玄餅揚げパン

 

桔梗信玄餅揚げパン

 

桔梗信玄餅揚げパン

 

桔梗信玄餅揚げパン

 

中身はちゃんと信玄餅ときなこが!

 

ちちぶ餅

 

あの「ちちぶ餅」も出店してた!! なんだかすごくうれしかった。

 

JUGEMテーマ:イベント情報


横浜薬科大学 図書館棟からの眺望 2017年(平成29年)正月3日の夕陽と富士山

IMG_6650.jpg

 

正月3日、横浜薬科大学は三が日は一般開放しているとのことで、行ってみました。

彼方に見えるは、ウクレレさんにとっては、大学施設としてではなく、

横浜ドリームランドの思い出が…。

 

IMG_6655.jpg

 
ホテルエンパイア (英称:Hotel Empire) は、かつて横浜市戸塚区で日本ドリーム観光が

経営した日本のホテルである。遊園地の横浜ドリームランドに併設される形で1965年

(昭和40年)3月28日に開業し、ちょうど30年後の1995年(平成7年:月日不明)に閉鎖

された。1965年(昭和40年)5月15日に、外貨両替業務の取扱いを開始し、1981年(昭

和56年)12月25日に、国際観光ホテルとなった。開業当初は周辺にホテルが少なかった

ため、松竹大船撮影所の全盛期に、俳優が本ホテルに泊まり込んだという逸話もある。

1968年(昭和43年)当時の宿泊料金は一人あたり4,000円 - 10,000円(ツインルーム)

だった。隣接するホテルドリームランドが一人あたり700円 - 1,500円(同)だったこと

から、本ホテルを高く位置づけていたことがわかる。大林組により1965年(昭和40年)に

竣工した。完成当時は地下2階地上21階、高さは建物部の高さが68m、尖塔と避雷針を含

めて93mであり、工事期間は僅か1年という突貫工事だった。最上階の21階は回転する構造

になっており、回転展望レストランとして使用された。21階という階数は、来るべき21世紀

を象徴したもので、ホテルでありながら五重塔をモチーフとした和風建築とし、内装について

“桃山時代の文化の復元”を標榜したのは、「日本にしかない、日本でしかできないホテルを目

指すべき」という意図による。五重塔を伸ばして二十段にしたような独特の形状で、高台の上

に建っており近くに高い建物や大きな山が存在しないことから、多少離れた場所からでも目立

つ建造物で、周辺が田畑ばかりだった完成当初は、ひときわ異彩を放つ存在であった。その後

開発によって周辺の宅地化が進んでも、ホテルエンパイアの建物は横浜ドリームランドの観覧

車とともに周辺一帯(戸塚区南西部および藤沢市北部)のランドマークとして長年親しまれた。
1995年(平成7年)に廃業・閉鎖されてから2005年(平成17年)に至るまでの10年間は、誰

も手をつけることなく廃墟同然となり、一時期は地元の暴走族等の溜り場となりかけたが、後に

警備会社による厳重なオートセキュリティー管理がなされた。横浜ドリームランドが2002年

(平成14年)2月17日に閉園して以降、モノレール(ドリーム開発ドリームランド線)の軌道、

観覧車・潜水艦等の遊戯施設など、ドリームランドに関連する多くの施設、建造物が次々に解体

撤去される中、往時を偲ぶことのできる数少ない建物の一つとなっていた。その後、紆余曲折を

経てドリームランド跡地を買収した都築第一学園が、2005年(平成17年)に改装工事に着手し、

同学園が2006年(平成18年)に開校した横浜薬科大学の図書館棟になった(1〜8階が図書館、

9〜20階は学長室・研究室など、21階は展望ラウンジとして使用)。この工事により、屋根先

端の相輪を模した避雷針や中間階の屋根状の装飾が撤去された。外壁材も明るい色のパネルに

交換されたため、五重塔のようだった外観は大きく変貌し、最上階の屋根だけがかつての面影を

残している。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  

IMG_6651.jpg

 

現在は、キャンパスとして新しく活躍しています。

 

IMG_66500.jpg

 

前庭には、素晴らしい噴水のある池も。 キャンパスっぽい。

 

IMG_6658.jpg

 

さて… 最上階(21階)の展望ラウンジに到着です。

wikiにもありましたが、「21階建て」というのも、21世紀を意図していたんですね…。

知らなかった…。 子供のころなんて、みんなが「ごじゅうのとう」って言って

たので50階建てかと思ってた…。あんまり「エンパイア」って呼ぶ人、いなかったよな〜。

たしかにドリームランドの「ごじゅうのとう」って言ってた。

 

まぁ、それはそれとして…

 

IMG_6659.jpg

 

子供のころから知っている「ごじゅうのとう」も中に入ったのは初めて…。

 

こんな景色だったんですね〜。 自分の郷土がこんな感じで見れるとは…

しばし感動しましたよ…

 

それにしても、向こうに見えるには… あれれ?

 

IMG_6660.jpg

 

江の島やんけ! おおお〜!! 江の島がみえ〜て来た〜♪ 俺のいえ〜もち〜かい♪

 

マジで、意外と近いんだな〜。 江の島。 歩いて行けそうなぐらい。

実際は直線距離で10kmだけどね。キョリ測で道路を辿ったら、12kmほどで

行けることが判明。 全く無理ってほどでもないか。

帰りのことを考えなければ。 帰りも歩けって言われたら無理だけど。

 

IMG_6673.jpg

 

ラウンジ内はこんな感じ。かつてはここがレストランでしかも、回転してたって

いうんだから、すごいね。1965年(昭和40年)に完成したんだから、今から

51年前だからね! 当時としてはまさに未来の世界の建物だったろうね〜。

 

IMG_6664.jpg

 

お正月ってこともあり、鏡餅が鎮座しておりました。

 

IMG_6665.jpg

 

今年も良い年でありますように…。 (○ `人´ ○) タノンマスー!

 

IMG_6687.jpg

 

この日は、曇りがちで富士山はどこにあるのかよくわかりませんでしたが、

ねばりにねばってようやく、うっすらと富士山のシルエットを撮影できました。

 

IMG_6690.jpg

 

夕陽も撮れました!

 

IMG_6678.jpg

 

逆側の横浜方面、ランドマークタワーが夕陽に照らされ、光ってましたよ!

 

JUGEMテーマ:横浜


コーヒーの常識が変る。 KIRIN FIRE 挽き立て微糖 突き抜けた香ばしさ

IMG_4486.jpg

 

すっごい宣伝してて、「コーヒーの常識が変る」って言うからさ〜。

 

「限界を超えた先にエクストリームなうまさと香り」って…

 

IMG_4484.jpg

 

って、なんだか、革命的に変わったみたいなこと言うからさ〜。

TVCMでも、お試ししたお客さんが「これ、全然ちがう〜!」とか

言うからさ〜。

 

 

全く違いがわからない男…

 

 

フツーだ… 今までとなんら変わらないと思うぞ… orz

「突き抜けた香ばしさ」

「限界を超えた先にエクストリームなうまさと香り」

どこにそんなお伽の国があるといのだろうか…

 

JUGEMテーマ:缶コーヒ


サンクスでファミマプレミアム肉まん売ってる不思議さよ…

 

わかっちゃいるけど…

 

サンクスでファミマプレミアム肉まん売ってる不思議さよ…

 

もはや、肉まんだけではなく、ファミマ製品がどんどん店内に

 

おしよせてるもんね…。

 

となると、ウチの近所は、2つのコンビニがあるけど、

 

どっちもファミマになるな〜。

 

消費者的には選択肢が減るわけで…。

 

なんとも言えないね…。

 

JUGEMテーマ:コンビニ


すみだ水族館 お江戸の金魚ワンダーランド

IMG_4200.jpg

 

ついにやって参りました! 「お江戸の金魚ワンダーランド」

 

IMG_4184.jpg

 

可愛らしい金魚の張り子がお出迎え。

 

IMG_4176.jpg

 

美しい…

 

IMG_4189.jpg

 

世界に誇る文化だな…

 

IMG_4196.jpg

 

圧倒的な金魚の競演…

 

IMG_4212.jpg

 

演出も良かったな〜。

 

 

ぽんぽん金魚(金魚ふうせん)を作ろう!のコーナーもやってみました!

 

 

30分ほどかけてあーだのこーだのやりながらようやく完成…

 

 

ブサイク… 

 

でも、まぁ、いい時間が流れましたよ…。

 

JUGEMテーマ:水族館


すみだ水族館

IMG_4117.jpg

 

今回の目的はこれ。

「お江戸の金魚ワンダーランド」

 

IMG_4118.jpg

 

わくわくするね。

 

IMG_4131.jpg

 

いざいかん。

 

IMG_4136.jpg

 

まずは、たくさんのクラゲが迎えてくれました…

 

 

これ、可愛らしかったわ〜。 もこもこしてて。

 

IMG_4153.jpg

 

そして… ちんあなごですよ!

 

IMG_4156.jpg

 

いや〜、すっかり見慣れて、今では可愛い…

はじめて見たときはなんじゃこりゃ!!って思ったけど…。

 

IMG_4158.jpg

 

きれいなイソギンチャク…

 

IMG_4159.jpg

 

いよいよメインステージへ…

 

JUGEMテーマ:水族館



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:1984 最後に更新した日:2017/06/27

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM