江戸東京博物館 2017

江戸東京博物館に来ました!

 

江戸東京博物館に来ました! 前から行きたかった!

 

坂本龍馬没後150年とのことで、現在は特別展示が開催中(6月18日まで)

 

坂本龍馬没後150年とのことで、現在は特別展示が開催中(6月18日まで)

 

江戸東京博物館

 

大変ユニークなエスカレーター。

 

江戸東京博物館

 

なんだか、かっちょいい!!

 

江戸東京博物館

 

坂本さんの像がど〜んとありまあすよ! いや、あるぜよ!

 

IMG_0585.jpg

 

常設展の、まずは…

初めのインパクトが肝心とばかり、日本橋が再現されています!

 

江戸東京博物館

 

「日本橋の規模は全長28間(約51m)、幅4間2尺(約8m)であるが、
ここでは、北側半分の14間(約25m)を復元した」そうです。

 

この日本橋を渡り、様々な展示にふれていきます。

 

江戸東京博物館 日本橋 擬宝珠

 

日本橋の擬宝珠(ぎぼし)です。

江戸東京博物館公式キャラクター ギボちゃん の元になったものですね。

 

江戸東京博物館

 

橋を渡って、すぐのところに、「寛永の町人地」という展示があります。
江戸初期、日本橋北詰付近の町人地だそうです。

 

江戸東京博物館

 

まるで時代劇版「東武ワールドスクエア」

 

江戸東京博物館 日常の膳

 

こちらは、「日常の膳」ということで、目刺し鰯、八杯豆腐、白飯、沢庵漬

というラインナップ。
「八杯豆腐」とは…

薄く細長く切った豆腐を、水4杯・醤油2杯・酒2杯の割合の汁で煮て、

葛(くず)を加えた料理だそうです。

 

江戸東京博物館 日常の膳

 

まぁ、「粗食」とは言いますが、実はこういう食事が最も体にいいんだよね〜。

実際に、美味しそうだし。 今でも食べられているような内容ですよね。

 

江戸東京博物館

 

こちらは、鮨の屋台。

 

江戸東京博物館

 

現代の寿司と違って、デカイ! 少し前にNHKの番組でやってたが、

レプリカとは言え、実物大を見ると、確かに大きい…。

 

江戸東京博物館

 

2個ぐらい食べたら、結構お腹いっぱいになりそう…

赤酢を使用しているのでお米が赤っぽくなっています。
ネタは江戸前の魚が多く、酢に浸したものを主に使用。

 

江戸東京博物館

 

コハダ、旨そうだ…

この頃の寿司は、まぁ、働くおじさんたちの元気の供給源みたいなもんだった

から、パッと食べれて、すぐにお腹もふくらむといった社会の要請に答える

感じで登場したんだろうな…。

今みたいに、日常とは少し違った、気取った感じのおももちで寿司を食べにいく

という感じではなかったようですね。

 

江戸東京博物館

 

二八蕎麦の屋台も! 時代劇で見たことがある!

 

江戸東京博物館

 

だいぶ展示内容を飛ばしましたが…(全部ここに掲載してたら、キリがない!!) 

こちらは、現代の東京… 「団地」の展示です!

 

江戸東京博物館

 

なんだか、キュンとなります…

新時代の新生活の夢がたくさん詰まってた時代…

これから、日本の生活がどんどんよくなるってみんなが思ってた時代…

 

江戸東京博物館

 

建物の一部ですが、外側から丸ごと再現しているんだから、すごいよね!!

残念ながら、部屋の中には入れません…

  

松戸市立博物館にも「都市へのあゆみ」という展示で、見事な「団地」が

再現されていて、こちらは、部屋の中まで入れるのです!!

 

ということで… 気が付くと入館してから3時間近くたってました…

あっという間… それでも、サラッと見た感じでした。

さらに1つ1つじっくり見ていったら、丸一日かけても間に合わない気がする…

 

江戸東京博物館

 

おみやげコーナーも大変充実!!

 

江戸東京博物館 赤絵みみずく

 

こちらは、可愛らしい、「赤絵みみずく」というキャラクター。

江戸時代、赤は幼い子供を災いから守る強い力を持つ色と信じられていました。

赤い泥絵具で描かれたみみずく人形は、当館所蔵の歌川国芳の版画

《赤絵みみずく》を玩具にしたものです。

だそうです。

 

それにしても、規模デカ過ぎ!! 次に来るときは、もっと腰をすえて

1日まるまるかけるぞ!という決意で行ってみたい!

 

という熱意と裏腹に…

なんと、2017年10月1日から2018年3月31日の半年間、

「ホール等改修工事に伴う全館休館」になるとのこと…

 

次来るのは、その前か、後か…

 

JUGEMテーマ:東京のアレ


鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

久しぶりに鳴沢氷穴に来ました。 2015年9月以来、2年8ヶ月ぶり。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

天然記念物 鳴沢氷穴 ICE CAVE

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

GWの真っただ中、大勢の方々が訪れていました。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

さ… 参りましょう。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017 

 

スタッフのお手製の洞窟案内図。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

素晴らしい!! 立体的!

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

ヒールで来てしまった方などのために、ブーツの貸し出しも!

これはありがたい。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

出発前に、スタッフの方の説明を聞きます。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

いよいよ、洞窟の入り口へ! ヘルメットはマスト! 貸し出してくれます。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

説明版もあります。 天然記念物の指定は昭和4年12月だそうで。

ここで先日のモヤさまのように、「はい、要約して!」という遊びをやりました。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

只今の洞窟内0℃  マジでか!!

薄着の人は後悔してました…

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017 

 

いよいよ、下降です。 それにしても大行列…

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

洞窟内に入るまで20分ほどかかりました…

でも、この場所に来たら、体感で温度がグンと下がったのがわかりました!

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

見上げると、ポッカリと穴が… なんだか幻想的…

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

ここは最深部の氷柱があるところです。

 

洞窟内もずっと行列が続いたおかげでゆっくりと回れました。

かえって良かったかもね。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

帰りのおみやげコーナーで買ってきたマグネット。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

こちらは、「鳴沢氷穴」の名前と写真があるので、まぁ、良かったなと。

 

鳴沢氷穴 Ice Cave 2017

 

こっちは別に鳴沢氷穴と関係なかった… orz

 

まぁ、いいか。富士山だし。立体的で面白いし。

なんだか、「Japan」って書いてあるけど…。

 

JUGEMテーマ:山梨県


塔のへつり2016

IMG_3051.jpg

 

塔のへつりに来ました。 こちらも3年ぶり。

 

IMG_3052.jpg

 

こけしを売っているお店。 岪工房。

 

IMG_3053.jpg

 

こちらは、へつりガーデン… いいね〜ガーデンって…

 

IMG_3054.jpg

 

へつりガーデンのガーデンから撮影。

 

IMG_3057.jpg

 

ここからだと全貌がわかりやすい。

 

IMG_3059.jpg

 

さて… 参りますか。

 

IMG_3060.jpg

 

塔のへつり

 

IMG_3061.jpg

 

湯野上温泉と塔のへつり 新観光名所福島三十景 南会津郡下郷町

 

IMG_3063.jpg

 

階段降りたおみやげ屋にて。 うまそうな団子…

 

IMG_3064.jpg

 

段々降りてきました。 向こうに橋が見える。

 

IMG_3066.jpg

 

この橋、結構揺れます。

ぼぉーっとしてたら、マジで橋から落ちる危険性あり。

 

IMG_3071.jpg

 

奇岩がならびます。

 

IMG_3072.jpg

 

結構急な階段でゆっくり行かないと危ない。

 

IMG_3073.jpg

 

へつってるわ〜。

 

IMG_3074.jpg

 

ここ、結構危ない。 人一人しか通れない。ちょっと滑ると川へダイブ…。

 

IMG_3075.jpg

 

景色は最高ですね…。

 

IMG_3077.jpg

 

石が積んである…。

 

IMG_3079.jpg

 

あっちからやって来た。 

 

IMG_3080.jpg

 

さらに階段が… ここを登るのは初めて。

 

IMG_3081.jpg

 

上はこんなことになっていたのね…。 

 

IMG_3082.jpg

 

虚空蔵菩薩が祭られている。 高松宮殿下も訪れたらしい。

 

IMG_3083.jpg

 

急な階段は登るよりも降りるのが一苦労…

申し訳なさ程度に鎖の手すりがあるけど、大人には低すぎて頼りにならないし…

滑ったらおしまいだ… キッズも恐る恐る降りていく…。

まぁ、ここは古来から「修行の場」ということなんだろうね…。

 

IMG_3095.jpg

 

橋を渡り戻ってきました。 みやげ屋さん。

山に漢字の弗(ドル)で「岪(へつり)」と読みます。

なるほど…。 わかりやすい。

 

IMG_3099.jpg

 

おみやげ屋の五晃苑に来ました。 

 

IMG_3096.jpg

 

おおお! なんと! ここにもあった! このおみやげ! マジか…

 

IMG_3097.jpg

 

シェアはんぱねぇ〜な…。 各地で違った名前で売られているが、

中身は全く一緒。

 

ここでは「会津めぐり」として販売されていた…。

 

【参考】

「奥飛騨のささやき」

http://ukulele-san.jugem.jp/?eid=1935

 

「菓子詰合せ 伊豆銘菓撰 華の宴(はなのうたげ)」
http://ukulele-san.jugem.jp/?eid=1252

 

IMG_3100.jpg

 

飲食スペースにて休憩。 なんともいい雰囲気だね〜。

 

IMG_3101.jpg

 

かき氷をオーダー。

 

なかなかの「へつり」に取れ高満載でしたよ…。

 

JUGEMテーマ:福島県何でも情報


大内宿2016

IMG_3021.jpg

 

大内宿に来ました。 歴史情緒ある茅葺き屋根の民家群。

2013年以来、3年ぶり。 この日も大勢の人で賑わっていました。

伊達政宗が小田原参陣、豊臣秀吉が奥羽仕置きで、ここを通行した

記録があるんだってね〜。

 

IMG_3025.jpg

 

いつ来てもタイムスリップ感が良い。

 

IMG_3029.jpg

 

早速、大内宿の奥地、子安観音へ。

 

IMG_3031.jpg

 

相変わらずの角度…。 いいっすね〜。

 

IMG_3042.jpg

 

階段を登り、お堂の横に来ました。

お堂の屋根が緑色に…

 

IMG_3033.jpg

 

そして大内宿のビューポイントへ!

いや〜、やっぱいいやね〜。 この眺望。

 

IMG_3034.jpg

 

おお、今日も民草が嬉々として暮らしておるわい…

なんて、領主様気分になるね…。

 

IMG_3035.jpg

 

いつまでも残してほしいね…。

 

IMG_3044.jpg

 

それぞれのおみやげ屋さんを見て回りました。

キレイ…

 

IMG_3045.jpg

 

いろんな小物が… 可愛らしい…

 

IMG_3046.jpg

 

こちらにはススキが… お盆過ぎると… もう秋かね… 

 

IMG_3047.jpg

 

みよぅが… 産直品も置いてありました。

モヤさまによく出て来る感じ…

「ジュース」ではなく、「ジユス」みたいな…

発音の小さい文字の位置がオカシイシリーズ…。

 

IMG_3048.jpg

 

会津本郷焼

 

IMG_3049.jpg

 

みやげ屋さんって飽きないね〜。

 

IMG_3050.jpg

 

地酒もあるね。

 

JUGEMテーマ:福島県何でも情報


会津東山温泉 千代滝

IMG_3007.jpg

 

今年の夏は会津東山温泉 千代滝に宿泊しました。

 

IMG_3009.jpg

 

ロビーも清潔感があり、落ち着く雰囲気。

 

IMG_3011.jpg

 

浴衣も選び放題… 

 

IMG_3012.jpg

 

玄関横には、地酒バーが… これは魅力的…

 

IMG_3013.jpg

 

SAMURAI SPRITS また、會津へ。

蒲生氏郷

 

「SAMURAI」を前面に出したイメージポスターですね。

そう言えば、会津と言えば「什の掟」

 

什(じゅう)は会津藩における藩士の子弟を教育する組織。

同様の組織に薩摩藩の「郷中」がある。
町内の区域を「辺」という単位に分け、辺を細分して「什」という

藩士の子弟のグループに分けた。

什では「什長」というリーダーが選ばれ、什長は毎日、什の構成員の家の座敷を

輪番で借りて、什の構成員を集めて「什の掟」を訓示した。

什の掟は7ヶ条からなる。

 
一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
三、虚言を言ふ事はなりませぬ
四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

ならぬことはならぬものです

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

「什の掟」って… 10個あるんじゃなかったのね… orz

 

JUGEMテーマ:福島県何でも情報


三ノ倉高原ひまわり畑

IMG_2961.jpg

 

三ノ倉高原ひまわり畑に来ました。(訪問日:8月14日)

天気に恵まれ、気分は上々。

 

IMG_2962.jpg

 

かなり上まで上ってきましたので、眼下には会津盆地がよく見えます。

 

IMG_2965.jpg

 

三ノ倉スキー場のゲレンデなど約8ヘクタールを利用し、春には菜の花が、

夏には東北最大規模を誇るヒマワリが咲き誇るそうです。

 

IMG_2966.jpg

 

その名に聞こえるだけあって、山一面のひまわりが咲き誇ります。

 

IMG_2967.jpg

 

ただね… ちょうど太陽が後ろから照っているので、ひまわりの花を撮ろうと

すると逆光になるという…

ひまわりって日の光の方向をむくんじゃなかったのかい?

 

IMG_2970.jpg

 

こうやって、光の当たる方を撮ると… みんなそっぽ向いてるんだよね…。

 

IMG_2978.jpg

 

まるで… 片思いの恋愛のようだ…

 

こっちはこんなに思っているのに…あなたはこちらを向いてくれない…

 

IMG_2995.jpg

 

まぁ、それでも、十分すぎるほど堪能できましたわ〜♪

さすがにここまでのひまわりのシャワーを浴びた記憶がない…。 

 

IMG_3001.jpg 

 

山小屋くらら に来ました。

 

IMG_3002.jpg

 

中に入ると、涼しな風鈴がたくさん!

 

 

おみやげコーナーもありました。

 

 

山小屋からの眺めもなかなか。

 

 

ソフトクリームも食べました。

 

JUGEMテーマ:福島県何でも情報


道の駅ふれあいパーク喜多の郷

 

道の駅ふれあいパーク喜多の郷に来ました。

「三ノ倉高原ひまわり畑」に向かう途中でトイレ休憩に立ち寄りました。

喜多方の山の方までは来たことがなかったので、初訪問。

しかし… ホントにトイレに寄っただけ…

ここは温泉施設とかあったんですよね…。

時間に余裕があったら良かったのですが…。

 

道の駅ふれあいパーク喜多の郷

(喜多方市松山町鳥見山字三町歩5598-1)

 

JUGEMテーマ:道の駅


高尾599ミュージアム

IMG_2772.jpg

 

高尾山口駅を降りると… ナンダロウ… この看板…

前回(2012年5月)にはなかったと思うけど…

 

IMG_2805.jpg

 

2015年8月11日にオープンした高尾の新名所、「高尾599ミュージアム」

でした。

 

IMG_2808.jpg

 

高尾山の標高599mからきているのですね。

わかりやすいロゴマーク。

 

IMG_2806.jpg

 

登山客用に工夫された施設のようです。

 

IMG_2810.jpg

 

施設内にはカフェもあります。

 

IMG_2811.jpg

 

この日は「山の日」制定記念でフェスをやってました。

 

IMG_2812.jpg

 

これはすごい! ボルダリングのクライミングウォールも登場!

 

IMG_2813.jpg

 

なるほど… こんなんなってるんか…。 出張クライミングウォール。

 

IMG_2816.jpg

 

この日は大勢の人が集まっていました。

 

IMG_2831.jpg

 

山モリ! フェス  2016.8.11〜8.12

 

IMG_2830.jpg

 

8.11『山の日』 2016年から国民の祝日です!

【山と溪谷社からのご案内】

「山の日」応援キャラクター「ヤーマン」誕生。

全国「山の日」フォーラムでお披露目

 

ヤーマンっていうんだね…。

ヤーマンだよ。2016年から国民の祝日になる「山の日」を応援してるんだ。

とにかく山が好き。秋には紅葉、冬には雪景色に変身するかもね。

 

はい… わかりました〜

 


高尾山口駅 楓Kaede

IMG_2770.jpg

 

高尾山口駅の売店「楓Kaede」です。

 

IMG_2764.jpg

 

おいしそうな串焼団子… 1本300円。

 

IMG_2765.jpg

 

あああ… 食べたい… でも、今食べたら、お蕎麦が食べられなくなる…。

 

IMG_2767.jpg

 

ヘビ 売ってました…。

 


高尾山 8.11 山の日イベント

IMG_2752.jpg

 

高尾山口駅の駅前で、8.11山の日の記念イベントが行われていました。

 

IMG_2753.jpg

 

登山グッズ関連の企業がブースを出して様々な商品をアピール。

 

IMG_2758.jpg

 

それにしてもモダンな駅舎になりましたね〜。

 

 

2012年5月の写真。 だいぶ変わりましたね〜。

 

大きなせせりだす屋根がないもんね。

  



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2040 最後に更新した日:2017/12/09

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM