POKKA プリンシェイク

プリンシェイク

ホントにプリン味がする。つーか、プリンでしょ。

「5回ふってね!」という但し書き、どんな方程式を

使って算出したのだろうか?植木算あたりだろうか…。

ググったら、ファンサイトもある!熱烈ファンがいるらしい。

そのサイトにも書いてあるが、如何せん、販売されている場所が

ほとんど無い。これは相対的に希少価値が高くなり、

自由主義経済においては価格が上がるものなのだが、

120円。税込。今後、仕入先を確保しておかねばなるまい。


JUGEMテーマ:グルメ


滝で…

滝で…


かながわの景勝50選のうちの1つである「洒水(しゃすい)の滝」を見に行くと、


非日常的な光景に出くわした。


滝で…


「滝に打たれる」のはテレビ的にはバラエティー番組のネタなどでたまにみかける

が、彼らはマジメにやっていた。


決して罰ゲームではない様子だった。


しかも、伝統的な行事らしい…。


見たところ、若い人ばかりだ。 しかも、ふんどし。 そして白。

滝で…


さすが、「かながわの景勝50選」だけのことはある眺め。




JUGEMテーマ:ぶらり旅








ボンタンアメ

ボンタンアメ

スーパーでボンタンアメを見つけた。

何十年ぶりかに買って食べてみた。

一瞬にして過去の記憶がよみがえる。

スゴイ…。

スゴイお菓子だ。

あのオブラートの、パリッとした食感。

その直後のふんわりと口の中に充満する柑橘系の風味。

そして、いかにも駄菓子っぽい甘味。

1箱100円で販売されているが、ウクレレさんの子供の時分には

いくらで売っていたであろうか…。

調べてみると、このお菓子、なんと!大正15年生まれ。

「はは〜っ」とヒカエテしまいそうなほど、ネンキが入っている。

つーか、ボンタンを食したことがねーっつー話なんだけどね。


JUGEMテーマ:お菓子


赤ヘル地蔵

赤ヘル地蔵

最近出現した赤ヘル地蔵。 現代的なお地蔵さんである。

しかも赤い。

ある民話で「私の顔が赤くなったら、島が沈むであろう…」とお告げして、

イタズラでお地蔵さんの顔を赤く塗ったら、一晩のうちに島が沈んでしまった…

というものがあったたが…

 このお地蔵さんは何を告げようとしているのだろうか。


赤ヘル地蔵

裏に写っているのがバイク屋さんというところに答えがありそうだが…







草津よいとこ…

草津温泉


温泉の横綱・草津


地球の不思議というか、なんというか。


ものすごいエネルギーだ。


なんとかならんのか。あの湯畑の湯。


湯の花として再利用しているものの、湯そのものは川へ流れていく。


しかも、酸性度が強いので、そのまま川へ流さず、


中和プラントで中和して川へ返すという。


ま、温泉としてはどこも熱い湯ばかりで、私的には


harder でした…  


JUGEMテーマ:天然温泉


みなとみらい万葉の湯

みなとみらい万葉の湯

最近、スーパー銭湯などの癒し空間がたくさん出来ている。

その中でもみなとみらい万葉の湯は別格だと思う。


みなとみらい万葉の湯みなとみらい万葉の湯


みなとみらい万葉の湯屋上からの眺め。 湯は湯河原や熱海から

タンクローリーで直送で、それだけでも すげーって感じだが、

風呂もさることながら、館内が全て 「癒される」ために設けられた施設

であるということに驚く。

風呂上りの生ビールが異様に旨かったという記憶が 鮮明に

残っていますなぁ〜。


JUGEMテーマ:天然温泉


不思議な夕日

不思議な夕日

不思議な夕日。2004年10月16日のもの。


川岸を歩いていて、遭遇。すかさず携帯で撮影。


地震雲だのなんだの言う人もいるが、


単純に、不思議な美しさを感じた一瞬。



ボビー

からくりのボビー語録はおもしろいが、あれは天然なのだろうか?

それともスタッフが言わせてるのだろうか?

今日は「牛丼あせだく」がヒットした。

言わせてないのだとしたら彼とアドゴニーは天才だと思う。

宇宙の果て

「果てしない宇宙」と言うが、「果て」はある。

しかも急速なスピードで「果て」が膨張しているという。

誰も確かめようがないのであくまでも理論上でしかないが。

しかし、この推論に立てば、「果て」の外にもスペースが

存在することになる。「宇宙の果て」の外側は一体、何が

あるのだろうか?白いのか、黒いのか、熱いのか、寒いのか。





そこまで考えたところで、オーダーしていたすき家の

牛丼特盛(550円)がやってきた。

変わるものと変わらないもの

 今日ふと思ったこと。

世の中には変わるものと変わらないものがある。

ウクレレさんが幼少の頃、21世紀の未来像は…

クリスタル・チューブが縦横無尽に走り、

その中を空飛ぶ自動車が滑走する都市…

もはや土が露出する地面は皆無で

無機質なコンクリートと金属が充満する都市…


しかし、実際は…

自動車はいまだにゴム製のタイヤ、ワイパーも昔と同じ。

テレビもラジオもそのまま。

田園風景も雑木林も激減したとはいえ、各地に散在している。

私の近所では水田が広がり、30年前と全く変わらない営みが

なされている。

では、全く何も変わっていないのかというと、変化する分野は

どんどん変化している。まずはインターネット。

そして携帯電話。ハイテク関連事業。医療。コンビニエンストア。


変化はおしなべて起こるのではなく、起こるところに起こる。

起こらないところには起こらない。




JUGEMテーマ:つぶやき。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2040 最後に更新した日:2017/12/09

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM