不思議な夕日

不思議な夕日

不思議な夕日。2004年10月16日のもの。


川岸を歩いていて、遭遇。すかさず携帯で撮影。


地震雲だのなんだの言う人もいるが、


単純に、不思議な美しさを感じた一瞬。



ボビー

からくりのボビー語録はおもしろいが、あれは天然なのだろうか?

それともスタッフが言わせてるのだろうか?

今日は「牛丼あせだく」がヒットした。

言わせてないのだとしたら彼とアドゴニーは天才だと思う。

宇宙の果て

「果てしない宇宙」と言うが、「果て」はある。

しかも急速なスピードで「果て」が膨張しているという。

誰も確かめようがないのであくまでも理論上でしかないが。

しかし、この推論に立てば、「果て」の外にもスペースが

存在することになる。「宇宙の果て」の外側は一体、何が

あるのだろうか?白いのか、黒いのか、熱いのか、寒いのか。





そこまで考えたところで、オーダーしていたすき家の

牛丼特盛(550円)がやってきた。

変わるものと変わらないもの

 今日ふと思ったこと。

世の中には変わるものと変わらないものがある。

ウクレレさんが幼少の頃、21世紀の未来像は…

クリスタル・チューブが縦横無尽に走り、

その中を空飛ぶ自動車が滑走する都市…

もはや土が露出する地面は皆無で

無機質なコンクリートと金属が充満する都市…


しかし、実際は…

自動車はいまだにゴム製のタイヤ、ワイパーも昔と同じ。

テレビもラジオもそのまま。

田園風景も雑木林も激減したとはいえ、各地に散在している。

私の近所では水田が広がり、30年前と全く変わらない営みが

なされている。

では、全く何も変わっていないのかというと、変化する分野は

どんどん変化している。まずはインターネット。

そして携帯電話。ハイテク関連事業。医療。コンビニエンストア。


変化はおしなべて起こるのではなく、起こるところに起こる。

起こらないところには起こらない。




JUGEMテーマ:つぶやき。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2034 最後に更新した日:2017/09/30

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM