上田城 東虎口櫓門 真田石

上田城 東虎口櫓門

 

上田城 東虎口櫓門に来ました。

 

上田城 東虎口櫓門

 

昨年の「真田丸」の時はおそらく人でごったがえしてるのでは…との憶測で

訪問を我慢しておりました。

今回はもう、独り占め状態…

 

上田城 東虎口櫓門

 

真田三代の書割もありました♪

 

さて… 上田城 東虎口櫓門と言えば…

 

上田城 東虎口櫓門 真田石

 

そう! 真田石! 確かに存在感ありますね〜♪

 

伝承では、「真田信之が松代に移封になったときに真田石を持って行こうとしたが
微動だにしなかった。」とのことですが…

実際は、この石垣は、江戸時代に仙石忠政が造ったものだそうなので真田氏の

時代には真田石はなかったってことなのかな…

 

でも、まぁ、伝承のようなことがあったら面白いよね…

 

JUGEMテーマ:長野県の情報


上田城 尼ヶ淵

上田城 尼ヶ淵

 

ついに信州・上田城に来ました! いつか行ってみたかった… 念願叶いました!

 

上田城 尼ヶ淵

 

ここは「尼ヶ淵」といって、上田城が要害・堅固であることがよくわかる場所です。

ブラタモリでもやってましたね♪

 

上田城 尼ヶ淵

 

素晴らしい石垣… 尼ヶ淵っていうぐらいなので、川が流れてたのですが、

現在は埋め立てられています。

 

実際に川が流れていれば、より近づきがたい城になりますよね。まさに天然の堀。

 

上田城 尼ヶ淵

 

しかし… 川の水はしばしば大水となり、崖を侵食してしまい、領主から

すればいたしかゆし…といったところだったようで。

この場所は、ブラタモリでもやってましたが、地層がよくわかります。

 

上田城 尼ヶ淵

 

タモリさんでなくても、興味がそそられますね…

 

上田城 尼ヶ淵

 

さて… いよいよお城へ向かいます。 現代では階段が整備されています。

 

上田城 尼ヶ淵

 

結構な階段。

 

IMG_2986.jpg

 

上から見ると、結構な勾配だったことがわかります…。

 

JUGEMテーマ:長野県の情報


上信越自動車道 横川SA(下り)

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

横川SA(下り)に来ました。 初訪問! 高崎弁当が全面に出てますね〜。

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

とても瀟洒な造りです。

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

充実した店内。

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

すごい! 壁にもだるまがあしらわれている!

 

上信越自動車道 横川SA(下り) 

 

なんだこりゃ! なんて可愛らしいんだ…

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

こちらはお弁当販売。

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

すっごいだるま押し! 

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

なんかゴージャスな柱だな〜。

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

横川特選市

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

スイートコッペ 伊香保でも見かけたな〜。

 

上信越自動車道 横川SA(下り)

 

ありました! ありました! 峠のかまめし!!

 

しっかりと購入。 宿で食べましょう〜♪

 

 

 

 


上里SA(下り) コールドストーン アイスキャンディ

上里SA(下り)

 

上里SA(下り)に来ました。

 

ダイドーブレンドコーヒーとのコラボソフトクリーム

 
色んなソフトクリームがありますね〜♪
ダイドーブレンドコーヒーとのコラボソフトクリーム。
500円ですって!! 最近、プレミアムソフトがちらほら出てますね〜。

 

クレミア

 
こちらは、クレミア。 最近、各地で見かけますね〜。

 

20170710_1339982.jpg

 
コールドストーン アイスキャンディの巨大な看板…
これに押されて…

 

20170710_1339976.jpg

 
結果、コールドストーン アイスキャンディになりました♪
グレープフルーツライチベリー 280円
カフェナッツミルク 380円
 
フツーに美味しいね。

 

JUGEMテーマ:アイス


狭山PA(外回り) 銘菓ぽんぽこおやじ

狭山PA(外回り)に来ました。

 

狭山PA(外回り)に来ました。

 

狭山PA(外回り)

 

おみやげコーナーを見ていると…

 

東京みやげ ぽんぽこおやじ

 

あれ? ぽんぽこ売ってる!!

 

たしか… ぽんぽこを売ってた「ロバ製菓」って倒産したんじゃなかったっけか…

 

 

1951年創業。菓子製造業としては規模は小さかったものの、1963年、ひよ子にヒントを得た進物用

菓子「名菓 ぽんぽこ」があたり、急成長した。1970年代から80年代にかけて、天地総子の歌う明

るい歌に合わせて2頭身のたぬきが踊るスポットCMを大量に流して知名度を上げた。

首都圏の駅ビルや百貨店などを中心に販売網を展開し、最盛期の昭和50年代には国鉄上野駅の売店

だけで月4,000万円を売り上げ、500名を超す従業員がいた。「ぽんぽこ」の他にも生菓子、

サブレ、最中などを製造・販売し、社長が東京青年会議所の理事長を務めるなど地元の名士であった。しかし、アズキ相場や不動産への投資が失敗したことを主因として、1995年3月22日に2回目の手形不渡りを出して倒産した。
その後
「ぽんぽこ」の売上げが鈍っていたわけではないことから、1996年、同社の元専務が型を元に饅頭

を生産。「ぽんぽこおやじ」の名で羽田空港・成田空港や東京駅地下街などで販売している。
また、本社があった渋谷区幡ヶ谷の本社ビルは同社倒産後も長らく売却されず、2000年代に入ってからも首都高速4号新宿線から「ぽんぽこ」の看板が確認できた。現在はマンションに建て替えられている。
『出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

なるほど… ロバ製菓が1995年に倒産して、1996年に生産を復活してるので、

結構すぐに復活してたんだね…

 

横浜の銘菓「ありあけのハーバー」も一端倒産して復活してるもんね。

 

IMG_2941.jpg

 

よく見ると、「ぽんぽこおやじ」ってなってるね。

製造者は株式会社東京ぽんぽこ本舗となっています。

所在地は東京都台東区浅草橋4-19-10ですね。

 

JUGEMテーマ:お菓子


血液検査の結果(2017年7月5日)

2017年6月9日に行った血液検査結果が出ました。
 
 ■ 尿素窒素→腎機能の検査
 
2011年10月15日(体重90kg)の尿素窒素 15mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の尿素窒素 13mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の尿素窒素 12mg/dL
(基準値は男性8〜22mg/dL)
※今回無し。

 

■ クレアチニン→腎機能の検査
 
2011年10月15日(体重90kg)のクレアチニン 0.80mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)のクレアチニン 0.68mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)のクレアチニン 0.71mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)のクレアチニン 0.74mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)のクレアチニン 0.67mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)のクレアチニン 0.69mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)のクレアチニン 0.67mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)のクレアチニン 0.64mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)のクレアチニン 0.61mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)のクレアチニン 0.64mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)のクレアチニン 0.70mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)のクレアチニン 0.76mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)のクレアチニン 0.73mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)のクレアチニン 0.65mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)のクレアチニン 0.73mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)のクレアチニン 0.74mg/dL
(基準値は男性0.61〜1.04mg/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)のクレアチニン 0.70mg/dL
(基準値は男性0.61〜1.04mg/dL)

2017年6月9日(体重83.1kg)のクレアチニン 0.71mg/dL
(基準値は男性0.61〜1.04mg/dL)

基準値です。

 

■ 尿酸→まぁ〜通風のあれですね…
 
2011年10月15日(体重90kg)の尿酸 8.4mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)の尿酸 6.9mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)の尿酸 6.3mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)の尿酸 5.6mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)の尿酸 4.7mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)の尿酸 5.8mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)の尿酸 6.5mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)の尿酸 4.7mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)の尿酸 4.5mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の尿酸 5.6mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の尿酸 4.4mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)の尿酸 5.8mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)の尿酸 6.6mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)の尿酸 5.7mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)の尿酸 5.7mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)の尿酸 6.5mg/dL
(基準値は男性3.7〜7.0mg/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)の尿酸 5.4mg/dL
(基準値は男性3.7〜7.0mg/dL)

2017年6月9日(体重83.1kg)の尿酸 6.2mg/dL
(基準値は男性3.7〜7.0mg/dL)

前回より上がってしまったが、基準値内。

 
■ LDLコレステロール→いわゆる悪玉コレステロール
 
2011年10月15日(体重90kg)のLDLコレステロール 194mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)のLDLコレステロール 48mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)のLDLコレステロール 83mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)のLDLコレステロール 94mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)のLDLコレステロール 115mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)のLDLコレステロール 124mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)のLDLコレステロール 103mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)のLDLコレステロール 102mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)のLDLコレステロール 99mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)のLDLコレステロール 105mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)のLDLコレステロール 140mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)のLDLコレステロール 109mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)のLDLコレステロール 154mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)のLDLコレステロール 150mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)のLDLコレステロール 91mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)のLDLコレステロール 88mg/dL
(基準値は男性70〜139g/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)のLDLコレステロール 80mg/dL
(基準値は男性70〜139g/dL)

2017年6月9日(体重83.1kg)のLDLコレステロール 75mg/dL
(基準値は男性70〜139g/dL)

さらにちょっと減った。

 
■ HDLコレステロール→善玉コレステロール

2011年10月15日(体重90kg)のHDLコレステロール 47mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)のHDLコレステロール 45mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)のHDLコレステロール 53mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)のHDLコレステロール 58mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)のHDLコレステロール 69mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)のHDLコレステロール 71mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)のHDLコレステロール 68mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)のHDLコレステロール 62mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)のHDLコレステロール 73mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)のHDLコレステロール 60mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)のHDLコレステロール 66mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)のHDLコレステロール 58mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)のHDLコレステロール 53mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)のHDLコレステロール 59mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)のHDLコレステロール 61mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)のHDLコレステロール 48mg/dL
(基準値は男性40〜86g/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)のHDLコレステロール 46mg/dL
(基準値は男性40〜86g/dL)

2017年6月9日(体重83.1kg)のHDLコレステロール 48mg/dL
(基準値は男性40〜86g/dL)


ほぼ変化なし。
 
■ 中性脂肪
 
2011年10月15日(体重90kg)の中性脂肪 264mg/dL

2011年12月27日(体重80kg)の中性脂肪 85mg/dL

2012年2月21日(体重70kg)の中性脂肪 99mg/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)の中性脂肪 113mg/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)の中性脂肪 68mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)の中性脂肪 73mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)の中性脂肪 47mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)の中性脂肪 99mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)の中性脂肪 57mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の中性脂肪 100mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の中性脂肪 90mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)の中性脂肪 124mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)の中性脂肪 67mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)の中性脂肪 80mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)の中性脂肪 84mg/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)の中性脂肪 94mg/dL
(基準値は男性35〜149g/dL)

2016年12月20日(体重81.9kg)の中性脂肪 205mg/dL
(基準値は男性35〜149g/dL)

2017年6月9日(体重83.1kg)の中性脂肪 55mg/dL
(基準値は男性35〜149g/dL)

 
前回あせったが、基準値に戻せた。つーか、だいぶ下がったな…。
あんまり上がり下がりにとらわれない方がいいのかね。
「上りっぱなし」とかに気を付けないといけないんだろうね。
 
■ AST(GOT)→肝臓の検査
 
2011年10月15日(体重90kg)のAST(GOT) 39U/L

2011年12月27日(体重80kg)のAST(GOT) 25U/L

2012年2月21日(体重70kg)のAST(GOT) 17U/L

2012年7月11日(体重65.3kg)のAST(GOT) 16U/L

2012年12月1日(体重64.3kg)のAST(GOT) 13U/L

2013年2月12日(体重62.7kg)のAST(GOT) 15U/L

2013年3月11日(体重64.2kg)のAST(GOT) 16U/L

2013年6月21日(体重66.4kg)のAST(GOT) 20U/L

2013年9月13日(体重68.2kg)のAST(GOT) 15U/L

2014年2月4日(体重70.4kg)のAST(GOT) 15U/L

2014年10月20日(体重73.2kg)のAST(GOT) 24U/L

2015年2月9日(体重76.1kg)のAST(GOT) 16U/L

2015年8月7日(体重76.6kg)のAST(GOT) 14U/L

2015年11月2日(体重78.0kg)のAST(GOT) 19U/L

2016年2月5日(体重77.6kg)のAST(GOT) 18U/L

2016年6月13日(体重78.4kg)のAST(GOT) 15U/L
(基準値は男性10〜40U/L)

2016年12月20日(体重81.9kg)のAST(GOT) 17U/L
(基準値は男性10〜40U/L)

2017年6月9日(体重83.1kg)のAST(GOT) 20U/L
(基準値は男性10〜40U/L)

 

■ ALT(GPT)→肝臓の検査
 
2011年10月15日(体重90kg)のALT(GPT) 59U/L

2011年12月27日(体重80kg)のALT(GPT) 31U/L

2012年2月21日(体重70kg)のALT(GPT) 17U/L

2012年7月11日(体重65.3kg)のALT(GPT) 15U/L

2012年12月1日(体重64.3kg)のALT(GPT) 12U/L

2013年2月12日(体重62.7kg)のALT(GPT) 12U/L

2013年3月11日(体重64.2kg)のALT(GPT) 22U/L

2013年6月21日(体重66.4kg)のALT(GPT) 22U/L

2013年9月13日(体重68.2kg)のALT(GPT) 12U/L

2014年2月4日(体重70.4kg)のALT(GPT) 11U/L

2014年10月20日(体重73.2kg)のALT(GPT) 11U/L

2015年2月9日(体重76.1kg)のALT(GPT) 15U/L

2015年8月7日(体重76.6kg)のALT(GPT) 11U/L

2015年11月2日(体重78.0kg)のALT(GPT) 16U/L

2016年2月5日(体重77.6kg)のALT(GPT) 19U/L

2016年6月13日(体重78.4kg)のALT(GPT) 15U/L
(基準値は男性5〜45U/L)

2016年12月20日(体重81.9kg)のALT(GPT) 18U/L
(基準値は男性5〜45U/L)

2017年6月9日(体重83.1kg)のALT(GPT) 18U/L
(基準値は男性5〜45U/L)

 

■ γ-GT(γ-GTP) こちらも肝臓の数値。
 
2011年10月15日(体重90kg)のγ-GT 54U/L

2011年12月27日(体重80kg)のγ-GT 23U/L

2012年2月21日(体重70kg)のγ-GT 17U/L

2012年7月11日(体重65.3kg)のγ-GT 15U/L

2012年12月1日(体重64.3kg)のγ-GT 24U/L

2013年2月12日(体重62.7kg)のγ-GT 22U/L

2013年3月11日(体重64.2kg)のγ-GT 30U/L

2013年6月21日(体重66.4kg)のγ-GT 46U/L

2013年9月13日(体重68.2kg)のγ-GT 24U/L

2014年2月4日(体重70.4kg)のγ-GT 19U/L

2014年10月20日(体重73.2kg)のγ-GT 21U/L

2015年2月9日(体重76.1kg)のγ-GT 18U/L

2015年8月7日(体重76.6kg)のγ-GT 19U/L

2015年11月2日(体重78.0kg)のγ-GT 20U/L

2016年2月5日(体重77.6kg)のγ-GT 21U/L

2016年6月13日(体重78.4kg)のγ-GT 18U/L
(基準値は男性75以下)

2016年12月20日(体重81.9kg)のγ-GT 22U/L
(基準値は男性75以下)

2017年6月9日(体重83.1kg)のγ-GT 21U/L
(基準値は男性75以下)

 
■ CK(クレアチン・キナーゼ)

→神経や筋疾患、心疾患を疑うときや、
その経過観察として計測する項目
2013年6月21日(体重66.4kg)のCK 75U/L

2016年2月5日(体重77.6kg)のCK 97U/L

2016年6月13日(体重78.4kg)のCK 84U/L
(基準値は50〜250)

2016年12月20日(体重81.9kg)のCK 83U/L
(基準値は50〜250)

2017年6月9日(体重83.1kg)のCK 101U/L
(基準値は50〜250)

■ 電解質成分(Fe)
 
2012年2月21日(体重70kg)のFe 85μg/dl

2012年7月11日(体重65.3kg)のFe 62μg/dl

2012年12月1日(体重64.3kg)のFe 62μg/dl

2013年2月12日(体重62.7kg)のFe 62μg/dl

2013年3月11日(体重64.2kg)のFe 68μg/dl

2013年9月13日(体重68.2kg)のFe 52μg/dl

2015年2月9日(体重76.1kg)のFe 88μg/dl
(基準値は45〜200)
※今回無し。
 
■ 血糖

2012年12月1日(体重64.3kg)の血糖 88mg/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)の血糖 85mg/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)の血糖 76mg/dL

2013年6月21日(体重66.4kg)の血糖 86mg/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)の血糖 125mg/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の血糖 91mg/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の血糖 91mg/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)の血糖 98mg/dL

2015年8月7日(体重76.6kg)の血糖 78mg/dL

2015年11月2日(体重78.0kg)の血糖 87mg/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)の血糖 90mg/dL

2016年6月14日(体重78.4kg)の血糖 97mg/dL
(基準値は空腹時70〜109)

2016年12月20日(体重81.9kg)の血糖 107mg/dL
(基準値は空腹時70〜109)

2017年6月9日(体重83.1kg)の血糖 116mg/dL
(基準値は空腹時70〜109)

やべぇ…ちょっと越えちまった…
しかし、先生曰く、HbA1c(NGSP) の結果と
合わせてみれば問題ないそうです。

 
■ HbA1c(NGSP) 糖尿病に関する数値
「HbA1c」は血液検査をすると、その日から1〜2ヶ月前の
血糖の状態を推定できることになります。
正常値は、4.3〜5.8%で、6.1%以上であればほぼ糖尿病型と
判断して良いことになっています。
 
2012年12月1日(体重64.3kg)のHbA1c(NGSP) 4.9%

2013年3月11日(体重64.2kg)のHbA1c(NGSP) 5.0%

2013年6月21日(体重66.4kg)のHbA1c(NGSP) 5.0%

2013年9月13日(体重68.2kg)のHbA1c(NGSP) 5.2%

2014年2月4日(体重70.4kg)のHbA1c(NGSP) 5.1%

2014年10月20日(体重73.2kg)のHbA1c(NGSP) 4.9%

2015年2月9日(体重76.1kg)のHbA1c(NGSP) 4.9%

2015年8月7日(体重76.6kg)のHbA1c(NGSP) 5.1%

2015年11月2日(体重78.0kg)のHbA1c(NGSP) 5.4%

2016年2月5日(体重77.6kg)のHbA1c(NGSP) 5.1%

2016年6月13日(体重78.4kg)のHbA1c(NGSP) 5.3%
(基準値は4.6〜6.2)

2016年12月20日(体重81.9kg)のHbA1c(NGSP) 5.1%
(基準値は4.6〜6.2)

2017年6月9日(体重83.1kg)のHbA1c(NGSP) 5.3%
(基準値は4.6〜6.2)

ほぼ変化なし。基準値内でした。
 
 
■ HbA1c(JDS) 糖尿病に関する数値

2012年7月11日(体重65.3kg)のHbA1c(JDS) 4.6%

2012年12月1日(体重64.3kg)のHbA1c(JDS) 4.6%

2013年3月11日(体重64.2kg)のHbA1c(JDS) 4.7%
(基準値 4.3〜5.8)
※今回無し。
 
■ フェリチン→鉄貯蔵・鉄代謝の指標

2012年7月11日(体重65.3kg)のフェリチン 104ng/mL

2012年12月1日(体重64.3kg)のフェリチン 80ng/mL

2013年9月13日(体重68.2kg)のフェリチン 53ng/mL

2015年2月9日(体重76.1kg)のフェリチン 57ng/mL
(基準値 13〜277)
※今回無し。
 
■ 白血球数
 
2011年12月27日(体重80kg)の白血球数 5200μL

2012年2月21日(体重70kg)の白血球数 4700μL

2012年7月11日(体重65.3kg)の白血球数 3800μL

2012年12月1日(体重64.3kg)の白血球数 6400μL

2013年2月12日(体重62.7kg)の白血球数 6400μL

2013年3月11日(体重64.2kg)の白血球数 5100μL

2013年9月13日(体重68.2kg)の白血球数 8200μL

2014年2月4日(体重70.4kg)の白血球数 5400μL

2014年10月20日(体重73.2kg)の白血球数 6900μL

2015年2月9日(体重76.1kg)の白血球数 6100μL

2016年2月5日(体重77.6kg)の白血球数 6600μL

2016年6月13日(体重78.4kg)の白血球数 6900μL
(基準値は3900〜9800)

2016年12月20日(体重81.9kg)の白血球数 5800μL
(基準値は3900〜9800)

2017年6月9日(体重83.1kg)の白血球数 6200μL
(基準値は3900〜9800)


■ 赤血球数
 
2011年12月27日(体重80kg)の赤血球数 429万/μL

2012年2月21日(体重70kg)の赤血球数 415万/μL

2012年7月11日(体重65.3kg)の赤血球数 402万/μL

2012年12月1日(体重64.3kg)の赤血球数 461万/μL

2013年2月12日(体重62.7kg)の赤血球数 461万/μL

2013年3月11日(体重64.2kg)の赤血球数 418万/μL

2013年9月13日(体重68.2kg)の赤血球数 446万/μL

2014年2月4日(体重70.4kg)の赤血球数 457万/μL

2014年10月20日(体重73.2kg)の赤血球数 476万/μL

2015年2月9日(体重76.1kg)の赤血球数 464万/μL

2016年2月5日(体重77.6kg)の赤血球数 486万/μL

2016年6月13日(体重78.4kg)の赤血球数 442万/μL
(基準値は427〜570)

2016年12月20日(体重81.9kg)の赤血球数 480万/μL
(基準値は427〜570)

2017年6月9日(体重83.1kg)の赤血球数 459万/μL
(基準値は427〜570)

 
■ 血色素量
 
2011年12月27日(体重80kg)の血色素量 12.8g/dL

2012年2月21日(体重70kg)の血色素量 12.8g/dL

2012年7月11日(体重65.3kg)の血色素量 12.3g/dL

2012年12月1日(体重64.3kg)の血色素量 13.9g/dL

2013年2月12日(体重62.7kg)の血色素量 13.5g/dL

2013年3月11日(体重64.2kg)の血色素量 12.6g/dL

2013年9月13日(体重68.2kg)の血色素量 13.1g/dL

2014年2月4日(体重70.4kg)の血色素量 13.8g/dL

2014年10月20日(体重73.2kg)の血色素量 14.5g/dL

2015年2月9日(体重76.1kg)の血色素量 13.7g/dL

2016年2月5日(体重77.6kg)の血色素量 14.4g/dL

2016年6月13日(体重78.4kg)の血色素量 13.2g/dL
(基準値は男性13.5〜17.6)

2016年12月20日(体重81.9kg)の血色素量 14.2g/dL
(基準値は男性13.5〜17.6)

2017年6月9日(体重83.1kg)の血色素量 13.8g/dL
(基準値は男性13.5〜17.6)

 
■ ヘマトクリット値
血液中に占める血球の体積の割合を示す数値。
 
2011年12月27日(体重80kg)のヘマトクリット値 38.8%

2012年2月21日(体重70kg)のヘマトクリット値 38.2%

2012年7月11日(体重65.3kg)のヘマトクリット値 37.4%

2012年12月1日(体重64.3kg)のヘマトクリット値 41.3%

2013年2月12日(体重62.7kg)のヘマトクリット値 41.5%

2013年3月11日(体重64.2kg)のヘマトクリット値 38.5%

2013年9月13日(体重68.2kg)のヘマトクリット値 40.9%

2014年2月4日(体重70.4kg)のヘマトクリット値 40.8%

2014年10月20日(体重73.2kg)のヘマトクリット値 43.3%

2015年2月9日(体重76.1kg)のヘマトクリット値 41.6%

2016年2月5日(体重77.6kg)のヘマトクリット値 44.4%

2016年6月13日(体重78.4kg)のヘマトクリット値 40.3%
(基準値は男性39.8〜51.8)

2016年12月20日(体重81.9kg)のヘマトクリット値 44.3%
(基準値は男性39.8〜51.8)

2017年6月9日(体重83.1kg)のヘマトクリット値 41.8%
(基準値は男性39.8〜51.8)

 
■ MCV(平均赤血球容積)
 
2011年12月27日(体重80kg)のMCV 90fl

2012年2月21日(体重70kg)のMCV 92fl

2012年7月11日(体重65.3kg)のMCV 93fl

2012年12月1日(体重64.3kg)のMCV 90fl

2013年2月12日(体重62.7kg)のMCV 90fl

2013年3月11日(体重64.2kg)のMCV 92fl

2013年9月13日(体重68.2kg)のMCV 92fl

2014年2月4日(体重70.4kg)のMCV 89fl

2014年10月20日(体重73.2kg)のMCV 91fl

2015年2月9日(体重76.1kg)のMCV 90fl

2016年2月5日(体重77.6kg)のMCV 91fl

2016年6月13日(体重78.4kg)のMCV 91fl
(基準値は男性83〜102)

2016年12月20日(体重81.9kg)のMCV 92fl
(基準値は男性83〜102)

2017年6月9日(体重83.1kg)のMCV 91fl
(基準値は男性83〜102)

 
■ MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)
 
2011年12月27日(体重80kg)のMCH 29.8pg

2012年2月21日(体重70kg)のMCH 30.8pg

2012年7月11日(体重65.3kg)のMCH 30.6pg

2012年12月1日(体重64.3kg)のMCH 30.2pg

2013年2月12日(体重62.7kg)のMCH 29.3pg

2013年3月11日(体重64.2kg)のMCH 30.1pg

2013年9月13日(体重68.2kg)のMCH 29.4pg

2014年2月4日(体重70.4kg)のMCH 30.2pg

2014年10月20日(体重73.2kg)のMCH 30.5pg

2015年2月9日(体重76.1kg)のMCH 32.9pg

2016年2月5日(体重77.6kg)のMCH 29.6pg

2016年6月13日(体重78.4kg)のMCH 29.9pg
(基準値は男性28.0〜34.6)

2016年12月20日(体重81.9kg)のMCH 29.6pg
(基準値は男性28.0〜34.6)

2017年6月9日(体重83.1kg)のMCH 30.1pg
(基準値は男性28.0〜34.6)

 
■ MCHC(平均赤血球血色素濃度)
 
2011年12月27日(体重80kg)のMCHC 33.0%

2012年2月21日(体重70kg)のMCHC 33.5%

2012年7月11日(体重65.3kg)のMCHC 32.9%

2012年12月1日(体重64.3kg)のMCHC 33.7%

2013年2月12日(体重62.7kg)のMCHC 32.5%

2013年3月11日(体重64.2kg)のMCHC 32.7%

2013年9月13日(体重68.2kg)のMCHC 32.0%

2014年2月4日(体重70.4kg)のMCHC 33.8%

2014年10月20日(体重73.2kg)のMCHC 33.5%

2015年2月9日(体重76.1kg)のMCHC 32.9%

2016年2月5日(体重77.6kg)のMCHC 32.4%

2016年6月13日(体重78.4kg)のMCHC 32.8%
(基準値は男性31.6〜36.6)

2016年12月20日(体重81.9kg)のMCHC 32.1%
(基準値は男性31.6〜36.6)

2017年6月9日(体重83.1kg)のMCHC 33.0%
(基準値は男性31.6〜36.6)

 

■ 血小板数
2011年12月27日(体重80kg)の血小板数 20.4万個/μl

2012年2月21日(体重70kg)の血小板数 21.0万個/μl

2012年7月11日(体重65.3kg)の血小板数 16.4万個/μl

2012年12月1日(体重64.3kg)の血小板数 20.8万個/μl

2013年2月12日(体重62.7kg)の血小板数 20.8万個/μl

2013年3月11日(体重64.2kg)の血小板数 20.0万個/μl

2013年9月13日(体重68.2kg)の血小板数 19.0万個/μl

2014年2月4日(体重70.4kg)の血小板数 16.6万個/μl

2014年10月20日(体重73.2kg)の血小板数 19.4万個/μl

2015年2月9日(体重76.1kg)の血小板数 19.5万個/μl

2016年2月5日(体重77.6kg)の血小板数 18.7万個/μl

2016年6月13日(体重78.4kg)の血小板数 18.4万個/μl
(基準値は男性13.0〜36.9)

2016年12月20日(体重81.9kg)の血小板数 16.6万個/μl
(基準値は男性13.0〜36.9)

2017年6月9日(体重83.1kg)の血小板数 18.9万個/μl
(基準値は男性13.0〜36.9)

 

と、まぁ、今回もほぼ問題なし。

だが… ただただ体重だけが順調に増えてきてしまっている…

とにかく、そこが万病のもとなんだから、マジで頑張らないと…

 

JUGEMテーマ:健康


『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』

『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』

 

買ってきました!!

『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection

-30th Anniversary BOX-』

デビュー・シングル「ヒバリのこころ」から2016年の最新作「みなと」までの

全シングルを網羅し、さらに今年レコーディングされた新曲3曲を加えた

全45曲収録、3枚組CDのBOXセット。(3,900円)

 

『進学のために上京した4人が集まり1987年に結成。新宿ロフト、新宿JAM、

渋谷ラ・ママ、下北沢屋根裏など都内のライブハウスを中心に活動し、

1991年にポリドールよりメジャーデビュー。」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

結成30周年なんだね…。

1987年って… ウクレレさんは高校生でしたよ…

スピッツは「ロビンソン」で始めて知ったので、1995年なんだね…。

ウクレレさんのスピッツ歴は22年ってことか…。

25歳の春…何してたっけかな〜。 塾講師やってた頃だな〜。

懐かしいな〜。青春だったな〜。 みんなでカラオケ行って歌ったな〜。

スピッツもミスチルもサザンもチューブも…

 

ちょっとロングドライブするので、何かいい音源ないかな〜って

考えてたら、おあつらえ向きのがあるじゃない!!ってことで、

買ってきましたよ! 音楽を聞くと、そのときのいろんな出来事を

思い出しますよね〜。

これで、ドライブも素晴らしいものになるでしょう…。

 

『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』

 

すごい… ディスクに団地が映ってる… 団地とスピッツ。

 

 

ウクレレさんのお気に入り…

● 冷たい頬(1998年3月18日)
● 楓(1998年7月7日)
● 正夢(2004年11月10日)
● 春の歌(2005年4月20日)
● ルキンフォー(2007年4月18日)
● 若葉(2008年11月5日)

 

一番聴いてた頃ってこともあるけど、スピッツのメロディーは、

なぜだか涙が出て来るんだよね…。 もうホント大好き。

コンサートも行ったことないし、ファンクラブも入ってないけど、

いつ聴いてもあの頃を思い出すな〜。

 

JUGEMテーマ:スピッツ


下部温泉・湯元ホテル 朝食

下部温泉・湯元ホテル 朝食

 

下部温泉・湯元ホテルにて朝食です。

 

下部温泉・湯元ホテル 朝食

 

朝食と言えば… 鮭… いいよね〜♪

 

下部温泉・湯元ホテル 朝食

 

玉子焼きも美味しかった。

 

JUGEMテーマ:温泉に行こう

 

 


下部温泉・湯元ホテル 夕飯

下部温泉・湯元ホテル

 

下部温泉に来ました。

 

下部温泉・湯元ホテル

 

すごい川床。

 

下部温泉・湯元ホテル

 

なんだか、デーハーな橋を渡ります。

ここ、湯元ホテルは、下部温泉の中でも、「元湯」というだけあって、

源泉かけ流しの良質な湯が24時間いつでも堪能できる宿なのです…。

 

大きな特徴としては、もうほとんど水だなっ…という温度の冷泉と

ちょうどいい適温の湯と、交互にはいることですんばらしい極上のひとときを

体験できます。

 

まだまだ日本にはすんばらしい温泉があるんですね〜♪

(私の経験が不足しているだけか…)

 

下部温泉 湯元ホテルにて夕飯です。

 

下部温泉 湯元ホテルにて夕飯です。

 

下部温泉 湯元ホテルにて夕飯です。

 

山懐の宿の定番… 岩魚の塩焼き

 

下部温泉 湯元ホテルにて夕飯です。

 

湯葉刺し… こりゃ、嬉しいっす♪

 

下部温泉 湯元ホテルにて夕飯です。

 

山梨県の郷土料理 ほうとうも堪能!

 

料理も温泉もすんばらしい宿で幸せいっぱいの夕飯でしたよ…

 

JUGEMテーマ:温泉に行こう


山梨県富士川クラフトパーク 道の駅みのぶ

山梨県富士川クラフトパーク

 

山梨県富士川クラフトパークに来ました。

あることを知ってて来たわけではなく、車で通りがかって看板を見て来たので

なんだここは! と、思わず圧倒されました♪

 

山梨県富士川クラフトパーク 道の駅みのぶ

 

なんの事前情報もなく、後でわかったのですが…

レストランなどは15時に閉まっちゃうんですよね…

昼食時間を過ぎてどこかにいいとこないかな〜って探してて、

「おお! 道の駅あんじゃんか!」って発見して思わずやってきたら…

15時に終わりって…ちっと早くねぇ〜っすか…

役所だって17時まではやってるでしょ〜に…

 

しかも水曜日定休日って…道の駅に定休日って…

 

カジュアルフレンチレストラン スヴニール 〜SOUVENIR〜 シェフのお手製のカレーライス

 

まぁ、それでも、なんとか駆け込みセーフで、カジュアルフレンチレストラン

スヴニール 〜SOUVENIR〜 のテイクアウトコーナーにてシェフのお手製の

カレーライスを堪能。

 

カジュアルフレンチレストラン スヴニール 〜SOUVENIR〜 シェフのお手製のカレーライス

 

ホワイトカレーですね。 なかなかのスパイシーで本格的。
さすが! シェフ!

 

カジュアルフレンチレストラン スヴニール 〜SOUVENIR〜 ソフトクリーム

 

ソフトクリームも堪能。

 

山梨県富士川クラフトパーク 道の駅みのぶ「フレグランスガーデン」

 

何よりもここに驚かされたのは、バラがものすごいことになっているということです!

 

「フレグランスガーデン」

 

山梨県富士川クラフトパーク 道の駅みのぶ「フレグランスガーデン」

 

バラが山のように咲いております!!

 

山梨県富士川クラフトパーク 道の駅みのぶ「フレグランスガーデン」

 

思わぬ光景になんとも得をしたな〜という心地でいっぱいです。

 

山梨県富士川クラフトパーク 道の駅みのぶ

 

おお! 彼方にはあの人気遊具「ふわふわドーム」が!

 

山梨県富士川クラフトパーク 道の駅みのぶ

 

これ、小さな子供はションテンががりあーになるんだよね…

 

空いてたからやってみたかったけど…年齢制限4〜12歳って書いてあったので

やめました…

  

山梨県富士川クラフトパーク 道の駅みのぶ

山梨県南巨摩郡身延町下山1597

 

JUGEMテーマ:山梨県



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2033 最後に更新した日:2017/08/20

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM