白糸の滝

白糸の滝

静岡県の富士宮市にある「白糸の滝」に行ってきました。

上の写真は、「白糸の滝」の駐車場からすぐのところにある

「音止めの滝」

この日は天気もよく、絶好の滝日和。

滝壷付近には  も見えます。


「曽我兄弟が父の仇である工藤祐経を討とうとした、その密議をしていたが
滝の轟音で話が聞き取れない、そこで神に念じたところ、たちどころに
滝の音が止んだ」

(出典: フリー百科事典「ウィキペディア」)



ということです…。

それで、「音止め」なんですね…。

つーか、なんで滝のそばで話し合いするんかな〜。

しかも、普通だったら、「ここ、ウッセーから他で話すべ」という発想に

なると思うのですが、「滝の音を消す」と着想するとは…



武士ってすごいね…



「音止めの滝」を過ぎて、奥へ向かうと、なんだか、昔ながらの

お店屋さんが。

白糸の滝

いいですね〜。 「昭和遺産」 ですね〜。ナイスです。


その先に、いよいよ、「白糸の滝」へむかう小道が整備されております…



「滝まで徒歩2分」



「2分か… でも、スゲー下ってるな…」


というつぶやきと同時に脳内計算機が「カシャ、カシャ、カシャ…」と

動き出す。


 

「まぁ、ここまででいいや!」




八王子城につづき、極めて冷静な判断を下す…

で、お土産やさん街から白糸の滝を撮影。

白糸の滝




         小さっ…




その後、滝元屋さんというお食事処でお食事。

白糸の滝

なんでも、本当のかまどで釜飯が食べられるとのふれこみ…

白糸の滝

にもかかわらず、「きのこ冷やしうどん」を食す!

白糸の滝



何か問題でも?



JUGEMテーマ:旅写真


八王子城

八王子城

行ってみたいと思っていた八王子城に到着。

しかし、入念に準備してということではなく、ぶらり途中下車という

感じだったので、行けるところまで行くか…

というぐらいのテンション。

入り口付近に駐車場があり、ノボリがたっていた。


「日本100名城 国史跡 八王子城」


「へぇ〜」と、軽く「10へぇ」ほど叩き出す。

八王子城

入り口は、ちょっとした公園のようになっていて、管理棟などがある。

説明板やパンフなどが置いてある。

「八王子城は山全体にいくつかの地区にまたがる遺構で、

一ヶ所にドンとあるものではない。」

ということは、ネットや小説などで知って

いたが、実際に行くのと、知識でおさえてあるのとでは随分違うもんだ…。

八王子城

全山を練り歩く自信も装備もさらさらなかったが、まぁ、せっかっく来たんだ

から行けるところまで行こうと、歩き出す。


すると、 「曳橋」 という文字が目に入る。


これは、八王子城の本格的調査が始まってから、橋の遺構だけが残って

たところに、戦国当時の様子はこんな感じだろうと現代の技術で復興させた

橋だそうな…。

地図を見ると、1kmはない感じなので、「じゃ、ここまで行ってみるか。」と

目標が決まった。

森の中を少し歩くと、ちょっとした公園のような広場に出る。

木もまばらで、日の光が入り、なんだか落ち着くところだ。

八王子城

しかし、曳橋までのびる道の先をみると、山道がぐわっと昇り坂に

なっている…

八王子城



「あ、あ〜あ〜」

という意味のないつぶやきと同時に脳内計算機が「カシャ、カシャ、カシャ…」と

動き出す。



「まぁ、ここまででいいや!」



「英断である… このまま行くと、遭難するかもしれない… 

ナイス、ジャッジ!」



と自分に言い聞かせ、帰ってきた。





「何か問題でも!?」



JUGEMテーマ:地域/ローカル


菜の花の洪水

菜の花の洪水

ウクレレさんのヒーリングスポットです…

ここは、横浜市瀬谷区にある「追分市民の森」。

この季節は、菜の花が洪水のように咲き誇っています…

菜の花の洪水

場所によっては桜も満開で、菜の花はそろそろ終わろうとしていますが、

はなもちがいいので、長期間楽しめます。

菜の花の洪水

桜と菜の花のコラボレーション…

ようやく、春爛漫となりましたね…



JUGEMテーマ:花のある暮らし


全日空ゲートタワーホテル

全日空ゲートタワーホテル

友人の結婚式で関西国際空港そばのりんくうタウンにある

全日空ゲートタワーホテルに宿泊しました。

りんくうタウン自体はこれから整備されていく地域のようで空き地が

たくさんあり、このホテルだけがきわだって目立ちます。

全日空ゲートタワーホテル

下から見上げていました。


全日空ゲートタワーホテル

36階からの眺望です。

いわゆる泉州ですね。泉佐野市内の様子です。



関西国際空港の写真です。

全日空ゲートタワーホテル



JUGEMテーマ:大阪


横浜ベイクォーター BAY QUARTER YOKOHAMA

横浜ベイクォーター BAY QUARTER YOKOHAMA

夜景のはえる「横浜ベイクォーター BAY QUARTER YOKOHAMA」

水面にチラチラと華やかな照明が映されて、とても綺麗です。

通りすがりに、ふと、綺麗だな〜と思って撮影しました。

今度は実際に利用してみたいです…

横浜ベイクォーター BAY QUARTER YOKOHAMA

2階にはシーバスが発着しています。まさに近未来の風景ですかね…




JUGEMテーマ:横浜


伊豆・下田 白浜と金谷旅館

伊豆・下田 白浜と金谷旅館

伊豆・下田 白浜と金谷旅館

ウクレレさん的ヒーリングスポットである

「伊豆下田・河内(こうち)温泉 金谷(かなや)旅館」

へ行きました。

ここは、群馬県の法師温泉を彷彿とさせる、「日本一の総檜大浴場」が

ウリで、泉質も弱アルカリ性で無色透明、とても上品なものです。

風呂が巨大なこともさることながら、浴槽が1mほどのところがあり、

泳ぐこともできます。

(あんまり泳いでる人はいませんが…)

ウクレレさん的には、泳ぐスペースよりもむしろ、入り口近くにある

小さな浴槽がオススメ!

ここは湯温がぬるく、知らないで入ると「ぬるッ!」と思いますが、

なんとも言えない絶妙な温度で、

延々と入っていられるのです…。

檜の香りと湯の香り… 

これで癒されない人はいないでしょう…

自信をもってオススメいたします…

さて、下田には、素敵な浜辺があります。

伊豆・下田 白浜と金谷旅館

「白浜」といいます。

読んで字の如し、日本とは思えないようなキレイな砂浜が広がっています。

伊豆・下田 白浜と金谷旅館

サーファーの方々もいらっしゃいました。

ここを眺めていると、時がたつのも忘れますね…



JUGEMテーマ:天然温泉


伊豆稲取温泉 稲取東海ホテル 湯苑

伊豆稲取温泉 稲取東海ホテル 湯苑

再びやって参りました…

「伊豆稲取温泉・稲取東海ホテル 湯苑」 さんへ


どうしても 「金目鯛の煮付け」 を食べたくて…


予想を上回る、大きくて、おいしい「煮付け」を堪能しました…

ウクレレさんは「庶民ども」なので、煮付けもさることながら、

煮付けのタレをホカホカご飯にかけて食べてたら、ウマイのなんの!

お酒がすすみましたよ〜

お酒といえば、さすが、稲取、鮮魚第一!

伊豆稲取温泉 稲取東海ホテル 湯苑

コリコリ、モッチリ、色んな歯ごたえと旨味をあわせ持つおさかなたち…


大自然よ、ありがとう…(泣)


伊豆稲取温泉 稲取東海ホテル 湯苑


そして、圧巻だったのが、「あわびの踊り焼き」


人間ってホントに残酷ですよね…

でもね…、でもね… 



スンゲーおいしかった(泣)



アワビのやらかいことこの上なし! キモも磯風味満載で、酒がすすむ!

伊豆稲取温泉 稲取東海ホテル 湯苑

もう住もうかな… ここに…

(お金が続けばね…)



JUGEMテーマ:天然温泉


天国への階段

天国への階段


大室山 に登りました。


大室山、見たことありますか?

ウクレレさんは何も知らないで伊豆高原に行って、林の中を走る道路を

快適に進んで行くと、



突然、ポッカリと 緑色の巨大なドーム が現れて以来、



すっかり ウクレレさん的聖地 となっております…


初めて見た衝撃は大きく、「なんじゃ、こりゃ!」 と松田優作バリに

叫んだほどです。

自然物にしては、あまりにも端正な緑一色でつつまれた山は、まるで、

日本昔ばなしに出てきそう。

かと言って、人工的に作るにはデカすぎる…

見れば見るほど不思議な山… 

もうこれは登ってみるしかない!

最初に遭遇したときは、まさに衝動的に登りましたね…

しかし、登ると言っても、リフトが整備されているので、遊園地気分です。

大室山は火山で、火口のまわりを一周できます。

歩いて10分ぐらいでしょうか…

リフト乗り場から時計回りに歩いていくと、ちょうど対面が山頂になり、


今回はきれいに夕日が差し、まるで、 「天国への階段」 のような趣に

なりました。


天国への階段

山のはじの方に行くとちょっとコワヒです…

転げ落ちたら、絶対とまらないでしょう…

火口周回道にはお地蔵さんが並んでいます。

かなり昔のものなので、かついで登ったんでしょうね〜

天国への階段

山頂からは伊豆高原の様子がよくわかります。

森の中に建物がうずまっているように見え、

自然と人工がうまく調和している風景です。

天国への階段

あ、リフトは、上りよりも下りの方が楽しめますよ。





湯の街のオブジェ

伊東の街中で見つけたオブジェたち…

かわいい七福神のオブジェからお湯が湧き出ています…

愛嬌満点ですね…

湯の街のオブジェ

恵比須さんです。

湯の街のオブジェ

布袋さんとお猿さんを模したもの

湯の街のオブジェ

アーティスティックなものまで…


こんなものも!

湯の街のオブジェ

思わず、口に手を入れたくなります…



お湯は出てませんでした(笑)



JUGEMテーマ:ぶらり旅


胡麻饅頭

同じく、伊東駅前にある「おっぺけ屋」の名物・胡麻饅頭を購入。

おっぺけ屋って… 伊東恐るべし!

胡麻饅頭

蒸気があふれる大きめのせいろが店頭に並び、ふかしたてのお饅頭を

いただく。

胡麻の風味がいきてて、とても美味です。

このお饅頭は冷たくしてもいける!

というよりは、冷蔵庫で冷やした方がおいしいかも…

胡麻饅頭


で… 断面ショーです…


胡麻饅頭

真っ黒です… 

ブラッキーです! 

どこからがあんこでどこからがかわかりません(笑)



冷やしたら、また和洋折衷な感じで、極上のデザートに変身しますよ…



JUGEMテーマ:お菓子



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2040 最後に更新した日:2017/12/09

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM