道の駅・土湯

道の駅・土湯



岳温泉を後にし、道の駅土湯に来ました。



ここからは土湯へも行けるし、野地温泉へも行けるという、分岐点のような場所です。



道の駅・土湯



ちょうどお昼時で人も大勢いました。



道の駅・土湯



ウクレレさんも何たべますか…という気分です。



道の駅・土湯



お得なカレー・そばセットにしました…



道の駅・土湯

 

おいしそうでしょ?



だって、おいしかったもん。

 

  
JUGEMテーマ:道の駅


出世の石段@愛宕山

愛宕山



テクテクと東京散歩を堪能していると…



あれ? スゲー階段だな…



調べてみると、ここは「愛宕山」。 山頂には愛宕神社があります。



近づいてみると…



愛宕山



かなりの勾配です。



江戸時代から「出世の石段」と呼ばれているそうです。



「一段、一段に神様への感謝の気持ちをこめて登る」のだそうです。



へ〜。



ちょうど昼時で、確かに結構な人数のサラリーマンの皆様が、わざわざ階段を上ってました。



「頑張ってください…」 と念じつつ、通り過ぎると…



愛宕山



おお〜!! 文明の利器!

 

江戸時代の人に聞かせたら、「おいおい、そりゃ、ね〜だろ〜」



と突っ込まれそうですが… 迷わず乗りこみました… 「愛宕山エレベーター」。



愛宕山



あっという間に山頂です…。 文明ってすごい…。



山頂に着くと、なるほど、NHK放送博物館の前庭があり、ここでおにぎりやサンドイッチを



食べているサラリーマンやOLの方々がいらっしゃいました。



そういえば、ここも モヤさまのロケやってたな…



で…



山頂から「出世の石段」を眺めると…



愛宕山



かなりの迫力です…



ここから転げ落ちたら確実に遠いところに逝ってしまうでしょう…

 

愛宕山エレベーターで山頂に行ったウクレレさんは出世できますかね…?



ちなみに、ここ愛宕山は西郷隆盛と勝海舟、会談の地だそうです。



愛宕山



  

JUGEMテーマ:散歩


 

 

ナポリタン@東京タワー

ナポリタン@東京タワー



なんの写真だかわかりますか?



そうです…



東京タワーです。



ナポリタン@東京タワー



実は、ウクレレさんは初東京タワーでした…



「東京タワーなんていつでも行けるよね〜」



などといい続けてウン十年…



ふと思うと、「いつ」でもの「いつ」って… いつなんだろうか…

 

霞ヶ関に用事があって出かけると、そこから東京タワーが見えました。



「あれ?意外と近いな… 歩いて行けるんじゃないの?」



ということでテクテク東京散歩となりました…



それでも、近いっちゃ、近いのですが、距離にして1.7kmです。



ゆっくり歩いて20分ほどで到着…



ナポリタン@東京タワー



ノッポン兄弟がお出迎え…

 

ナポリタン@東京タワー



閉鎖中ですが…  ノッポン兄の絆創膏の傷が気になります…



中に入り、すぐに目に付いたのがなんだか懐かしい感じのレストラン。



ナポリタン@東京タワー



メニューも定番のものが多いです。



ナポリタン@東京タワー



で…



ナポリタンです…



ナポリタン@東京タワー

 

定番中の定番ですよね…



器も「アルマイト皿」です。



テーブルには、当然のごとく、粉チーズと、タバスコが鎮座ましました。



平日ということもあり、無駄に広い店内でしたが…



ナポリタン@東京タワー



修学旅行の団体様などが怒涛の如く押し寄せてきたときは大活躍なのでしょうね〜。

 

そのときは中学生にぜひ「ナポリタン」食べて欲しいですね…

 
JUGEMテーマ:グルメ


いろんな六本木ヒルズシリーズ

いろんな六本木ヒルズシリーズ?

六本木ヒルズの中を通り越してレジデンスの方へ歩くと…

子供たちの声がこだましてきました。

なんだ? 幼稚園でもあるのかな?

すると、巨大な遊具のある公園を発見。

あれ? どっかで見たことある風景だな…


あ!

 
モヤさまだ!


 

そう言えば、ここでロケしてはったわ…


でも… 六本木ヒルズは全然モヤってないんじゃなかろうか… 

いろんな六本木ヒルズシリーズ?

この公園内には「乃木大将の生誕の地」の碑がありました…。

六本木ヒルズには江戸時代には乃木大将の出身の「長府藩上屋敷」が

あったそうです。

 

 
JUGEMテーマ:六本木
 

いろんな六本木ヒルズシリーズ

いろんな六本木ヒルズシリーズ?


ママン…

今にも動き出しそうな…

実際に


「満月の夜中の2時に蠢きだすらしいよ…」


的な都市伝説ができそうな… 

 

巨大クモです。

 

JUGEMテーマ:六本木

いろんな六本木ヒルズシリーズ

いろんな六本木ヒルズシリーズ?

コンクリートジャングルを歩いているかと思うと、ちょっとした「涼」を味わえる

場所も…

ただし…

この日は真冬で、とても寒かったです…

(夏はいいかも…)



JUGEMテーマ:六本木


いろんな六本木ヒルズシリーズ

いろんな六本木ヒルズシリーズ?

用事で六本木に行ってきました。

何気なく歩いていると、六本木ヒルズの近くにも神社仏閣が多く、

無機質で巨大な建築物とは裏腹に素敵なコラボを奏でてました。

ちなみにこのお寺は「専称寺」といい、あの「沖田総司」のお墓があるそうです。

それから同じくテレビ朝日通りにある神社を発見。

ちょっとおもしろいと思って、この神社の鳥居からの六本木ヒルズを眺めて

みました。

いろんな六本木ヒルズシリーズ?

いにしえのものと最新のもののコラボです。

この鳥居は「櫻田神社」のもので、源頼朝が田畑を寄進したことに由来している

そうです。

元々はあの「霞ヶ関桜田門外」にあった社だそうです。

 

 

JUGEMテーマ:六本木
 

入水鍾乳洞

入水鍾乳洞

あぶくま洞の近くに「入水鍾乳洞」がある。

入水鍾乳洞

遠くの山肌が白く光っている。 石灰石の採掘場なのだろか。

入水鍾乳洞

入水鍾乳洞

『入水鍾乳洞』

成因などはあぶくま洞とほぼ同じである。

総延長は約900mで、名前のとおり洞内は水路が多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 

ここはあぶくま洞以上に本格的なケイビングが堪能できるということで、

ウクレレさんは遠慮させていただきました 悲しい


「水温10度の冷たい水に膝まで浸かり、懐中電灯やろうそくの灯りを頼りに、
鍾乳洞の隙間をくぐったり、よつんばいになりながら進みます。」

『福島県田村市のホームページ』より引用




ムリ、ムリ、ムリ、ムリ、ムリ〜!! 冷や汗


体力に自身のある方はいかがでしょうか…

しかし、入り口付近には釣堀があり、なんだかとっても楽しげでした。

入水鍾乳洞

 

JUGEMテーマ:旅写真
 

あぶくま洞

あぶくま洞

福島県の「あぶくま洞」に行ってきました。

幼い頃に行ったきりで、随分久しぶりに来たら、なんだか、はじめて来たかの

ような… 

こんな感じだったかな〜と 色々な施設が併設されております。

あぶくま洞

たくさんの家族連れや団体のお客さんが来てて、一大観光地といった感じ。

ウクレレさんの小さい頃に来たときは、もうちょっとマイナーで人もまばら

だったような気がしたのですが…

入り口で入場券を求め、階段を降りていきます。

あぶくま洞

ここからが、いよいよ本当の入り口です。

あぶくま洞

鍾乳洞内は15℃と肌寒いです。

ゆっくり歩けば、30〜40分はかかります。

Tシャツ1枚では寒くなるので、真夏でも1枚羽織るものを持っていくと

いいです。

あぶくま洞

ライティングされた鍾乳石は色々な名前が付けられて、楽しめます。

この日は、お客さんも多く、鍾乳洞内は大渋滞…

せっかくの雰囲気なのに… ちょっと興ざめしてしまいます…

まぁ〜仕方ないですけどね…

洞内は階段をかなり登ったり、下りたり…

かがまないと通れない箇所もかなりあり、それなりに、気合を入れないと、

結構疲れます…

膝に結構負担がかかりますし…

靴もサンダルではなく、ちゃんとしたスニーカーをオススメします。



以上、反省点を述べさせていただきました。

 

 

JUGEMテーマ:旅写真
 

ラビスパ裏磐梯

ラビスパ裏磐梯

ラビスパ裏磐梯

「ラビスパ裏磐梯」に行ってきました。

「ラビスパ裏磐梯」は、バーデプールを筆頭に温水を使ったアトラクション

によるマッサージ、サウナ、ジャグジーバスによるリラクゼーション、

25Mプール、歩行浴での健康作りそして温泉と、健康と癒しを提供してくれる

総合施設です。

レストランも充実していて、おいしい喜多方ラーメンもありました。

福島でプールと言えば、「スパリゾートハワイアンズ」が有名ですが、

人気スポットだけあって、ハイシーズンの混み様はハンパないので、

ウクレレさん的にはこの「ラビスパ裏磐梯」をオススメします。

施設も清潔感があるし、スタッフの方も、よく頑張っているような雰囲気を

感じる事が出来るし、なにせ、人が少ない。全長約 100mのウォーター・

スライダーも待たずにどんどん乗れます。



まさに 穴場的スポット



五色沼エリアとも近いし、喜多方にも抜けやすい。

ぜひオススメします。



裏磐梯天然温泉&プール 「ラビスパ裏磐梯」

福島県耶麻郡北塩原村大字大塩字桜峠8664-4-5
TEL 0241-33-2200 FAX:0241-33-2001


URL http://www.laviespa.com/





JUGEMテーマ:旅写真



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) (JUGEMレビュー »)
光瀬 龍,萩尾 望都
ウクレレさんが子供の時分に読んだ一書。原作は読んでないのでウクレレさんにとってはこれが原作のようなものです。広大な宇宙も実は宇宙外にある存在の実験台に過ぎないとしたら…。まぁ〜日常では全く考える必要のない事柄ですが、「SF」世界ではまさに傑作といえるでしょう…。

recommend

団地ともお 25 (ビッグコミックス)
団地ともお 25 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
小田 扉
なんだか昔懐かしい感じのする心温まる(?)良書。ともおの、いつまでも変わらない感じがいいですね。現役小学生が読んだら、なんて思うのかな…。

profile

書いた記事数:2074 最後に更新した日:2018/05/18

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM